2006年09月28日

.hack//Roots 第25話「Truth」第26話「Determination」最終回1時間SP

思えば「.hack//SIGN」はゲームの「.hack」同梱されたOVA「.hack//Liminality」が本当に上手くプロジェクトを盛り上げていたと。

今回はどうだったのだろうか?
やはり「.hack//Roots」の序盤はお世辞にも手放しで喜べる内容ではなかったんじゃないかと。これから盛り上がる盛り上がると思いつつ、個人的に何とか面白くなってきたと感じるようになったのは黄昏の旅団が解散し、新たなアニメ(オリジナル?)キャラや、ゲームに出てくるキャラたちが動き始めてからだったようにつくづく感じる。

しかし最終回を見てみれば、確かに全体を通せば今一つでもこの終わり方、締め方はゲーム本編を遊んでみたくなる引きだと感じられた。

さて未だゲームに手を出していないので、勘違いなんかもあるかも知れませんけど。もしかしてオーヴァンの左腕にあるものが引き金となってオーヴァン自身がトライエッジになってたんでしょうか?

フィロに語った事の詳細は分りませんけど、どうやらその様な考えに持っていこうとするカットを見せてましたし。しかしカイトモドキであるトライエッジだけでなく、オルカやバルムンクモドキまで出現したみたいですけど…… するとそれらもあの左腕にある…… 今回、八咫様が名付けたAIDA(エイダ)AIDSと一字違いの如何にもウイルスを連想させるような印象ですが。これも八咫の言った通りだとすれば人類を脅かすような脅威となってしまうような……

見た感じウイルスか細菌みたいなコア?が見受けられましたし。
で、更に気になったのが未帰還者に関して前作とはどう違うのかって事です。タビーの中の人が実際に志乃の中の女性がどうなっていたのかを見に行って、ああなってしまうみたいな事を述べていたんですけど。具体的に意識を失う以外にもあったのかどうか? ウイルスならば更に変異して症状が悪化してるとか? ネットから感染するウイルスってのもある種のホラーですけど、ネットでしか感染しないのならば治すのもネットワーク上。つまりこの「The World R:2」の中でしか無いからこその物語。

基本はシリーズを通して同じなんでしょうけど、自体は常に変化し、追いつけなければそこでお終い……

藤太もいよいよ留学という時にフィロがまた重過ぎる事を頼んでしまうんですが、まさか末期ガン患者で余命8ヶ月を宣告されていたとは…… トライエッジがフィロを消さなかったのは余命を理解した上でのこと? だとしたら死を選択して呼ぶ明確な意思(バグやAI、プログラムであってもそう称します)を持ったウイルス感染者? わかんないですが、奥さんかどうかは分りませんが家族の方でしょうか。代わりに藤太に伝えに来る辺りはちょっと来ましたよ。まさかオーヴァンに言った墓の中に持っていくを本当に近時でしてしまうとは……

藤太藤太で、ハセヲに伝えることは伝え、また、なんだか三郎に託しちゃうし。今回は見せ場多かったキャラが一杯でしたが、特に印象に残ったのが藤太三郎。そしてハセヲにちょいと寄り添う際の三郎のしな。全く男プレイヤーだってのに(ですよね?)三郎は萌えキャラですな(苦笑)

……で、忘れてはならない漢、銀漢の勇姿!?

アカウント消された腕伝での昴さまぁ〜〜〜、絶叫ロスト依頼の姿に。お前まだ遊んでたのかよ!! しかも何ハセヲに言い寄って!?(爆)

まさかテレビアニメ皆勤賞は銀漢さんになるとはね。スタッフ分ってるけど、それってヤバイって。

話しを戻して、タビーのプレイヤーも看護士を目指すと宣言して去り行き。それってある意味でハセヲのプレイヤーも含めて…… 助けたい人が居る。気になる人が居る。好きは仲間としての好き、異性としての好き。なかなか業の深い話しです。

クーンがこっそりガスパーシラバスハセヲが困った事になっているだろうから助けて欲しいと頼んでいたり。どこかひぐらしアニメの最終回に通ずる……

一人でやる。一人でもやる。一人では出来ないことは助け合って……

終わってはいないけど、予想以上にすっきりとした視聴後に充足感を持てたのはある意味で驚きでした。

ところでぇ〜〜、全く別番組のアニラジなんですけど。三郎役の伊藤静さん、俵屋、藤太役の三宅健太さんが出ているインターネットラジオがあるんですよ。何だか三郎と藤太の会話を聞いていて、妙にそのラジオの第1回を思い返してしまいました。お二人の地声や、素の姿をちらちら垣間見せるWebラジオとして、参考までに紹介しておきます。本日第2回に更新されましたので、第1回目を聴くには音泉組合に入る必要がございますが、とりあえず第2回目も三宅さんがゲストなので(伊藤さんがパーソナリティ)お試しに如何でしょうか? このお酒好きの二人、SとMの関係が大変によろしゅうございますよん♪

参考:音泉 木曜日 ラジオ パンプキン・シザーズ こちら陸情3課放送局!

テレビ東京・あにてれ .hack//Roots
.hack
Project GU  #ドットハックルーツ_25 #ドットハックルーツ_26
亡國覚醒カタルシス亡國覚醒カタルシス
ALI PROJECT 宝野アリカ 片倉三起也


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Amazon アニメDVD .hack// TOP10への個別リンク


posted by みやびあきら at 16:00| Comment(3) | TrackBack(1) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>全く男プレイヤーだってのに(ですよね?)
三郎は女だと思いますよ。
登場時に「三郎って名前だから男って決め付けるのは偏見」という台詞を何度も言っていましたし
男かもしれない要素は名前だけですから。
Posted by あすた at 2006年10月01日 10:32
えーっと自分GU買ってますんで、ネタバレされた気分ですf^_^;
正直アニメとしての出来はC級だったと思います。しかしゲームをやってる自分としては少し贔屓目。
見終わった後やはりこのアニメはゲームあってのモノだったんだなあと納得。
ガングレ程ではありませんがプレストーリーとしては動画と遅展開以外(笑)は中々良かったかと思います。
何か「続きはDVDで!」に似てますが(笑)ゲームの出来は良いので買って損は無いかと。
Posted by 通りすがり改めマーシー at 2006年10月01日 23:43
皆様、お返事が遅くなりまして申し訳ございませんでした。

>>あすたさんへ。
私も最初は女性プレイヤーだと思ってたんですが。
フィロのプレイヤーが亡くなって、代理の方がログインして話している時に。
その口調から女性だろうと判断しましたが、キャラのボイスはいつも通り。


で、三郎が最初に語ったのはPCキャラの性別が女性設定なのに名前が「三郎」ってことに関してであり。
本人がそこまで気にしてないのなら、実際のプレイヤーは男性なんじゃ?

まぁこんな事を気にしている時点で鼻で笑われそうですけど(^^:)

>>マーシーさんへ。

そうですか、プレイされてるんですね。
ネタバレされたと感じたって事は、アニメだけの情報や展開もあったんですね。

妹が一気に遊ぶなら全巻揃ってからじゃない?
とか言ってますので、最終的には遊びたいところです。
秘密、謎。そんな事が気になるタイプの人間なんで、ええ。
Posted by みやびあきら at 2006年10月05日 00:00

この記事へのトラックバック

.hack//Roots第25話「Truth」第26話「Determination」
Excerpt: うーん。こう来たか。真下信者の私でもこれは参りました。確かに真下の興味の対象である「青春群像劇」という点でいえば、ある一定の完結性は獲得している。しかも当初に危惧されたようなデッドエンドとはならず、各..
Weblog: 蜂列車待機所日記
Tracked: 2006-09-29 21:57