2006年10月11日

2006秋のアニメ新番組感想 その弐

その壱はコチラ

追いつく前に2話も放送されている番組も…… 気にしない気にしない……

D.Gray-man 第1話「アクマを狩る少年」第2話「黒の教団」
1話を見た段階では作画は安定しているが、特別掴みが強い印象は少なく、原作ファン向けかな? と感じました。
OPテーマも楽曲として良い悪いではなく、映像と合っているかで見れば互いのクオリティの高い分を融合しているとは感じられず、それぞれが個性を主張しているように感じられました。なので、小林沙苗さんの声を聞く為かなぁ、などと失礼な感想を持ってしまったり。

それを受けての第2話でしたが、登場人物も一気に増えて、更に説明回とも言えるような形でお話しが展開され。やっと物語の始まりとも言える様な内容で1話と併せての初回放送だったかも?

ちなみにキャスティングに関しては、同じなかのとおる音響監督作品であった「.hack//Roots」と被ってる印象。でも好きな声優さんが多いので初見では気になりはしましたが、今後はそれぞれの役柄に溶け込んで行くことでしょう。

ところで気になったのは教団内の空間表現だったりして。
原作者の星野桂先生は女性作家にしては稀な空間の広がり。分り易く言うと巨大な建造物内部などの空間を表現するのが上手い、そういった構図を入れてくるカットが見受けられて感心するのですが。所謂方向音痴が女性に多いと言ったことに現れる空間認識に関する曖昧さが下手な男性漫画家よりもあると感じています。

勝手な推測ですが、元スタジオジブリの方であることから空間の構図の取り方を鍛えられているんじゃないかとか、その空間の中でどう人間やモノが動くのかとか下地があると言いますか。

なのでアニメでも独特の広がりがもっと見られたら良かったかなぁ、などと。
アニメになった事で実際にキャラクターが動く訳ですから、その動きだけでなく、そのキャラクターが動いている空間がどれだけの広さだったり狭さだったり、浅い、深い、高い、低い。ええ、1話の感想では声優さんで見るとか言いましたが、その辺りに期待してまったりと見続けたいと思います。

ゴーストハント 第1話 FILE1「悪霊がいっぱい!?」#1 第2話 FILE1「悪霊がいっぱい!?」#2
小野不由美さんの原作なので、小野先生のファンである妹ならば率先して見るかと思いきや、特に興味の無いご様子。ふと調べてみると、なかよしで連載していた漫画が原作なのですね。ならば放送時間は夕方のほうが?

さてこのアニメで気になったのが音周り。心霊現象、特に騒霊現象関係の音の表現。
そんなに怖く無いと言うか、あまりに恐ろしくしちゃって視聴者離れを起こしても仕方が無いのでしょうけど、どうにも普通に騒がしい音として聞こえてしまって、心霊現象じゃないから?かも知れませんけど、勿体無いかなぁなどと。

こっからはとんでも話し。
私が東京に越してきた先の家が困った家でして、怪奇現象が普通に起こった家だったんですよ(爆)

まぁ超低周波あたりで説明可能なことも多いのは確かでしょうが、そうでないケースはなんともかんとも。
例えば越してきた翌日、荷物が届いて部屋で整理をしているとドアをノックする音が。で、ドアの方を見て「はぁ〜い、鍵掛かってないよ」と返事をすると確かに閉まっていたドアが開いた。で、ずっと見てても誰も入ってこないので立ち上がってドアを更に開けて…… 誰も居ないわけで。そもそも家族であんな丁寧なノックをする人間は居ない訳で、階段の途中にある部屋だったんですけど、階段を上り下りする音は聞いてなかったわけで……

ちなみに枯れ枝を折った様なパキパキピキピキなラップ音とか、トイレを流す音ととか、扉が勝手に開くとかベッドが大きく揺れるとか、階段から飛び降りたような大きな音とかを家族やお客さんも一緒に聞くとか。他にも様々な…… まぁあれですよ、発生条件は未成年者がいる、10代の子供が居るって辺りを疑って……

なので今回の原因は地盤沈下プラス名前忘れたけど、沢城みゆきさん声の少女の力だと疑ってみました。この感想のオチはありません。

ヤマトナデシコ七変化黒ハート 第1話「暗闇に射しこむ光」第2話「鉄のカーテンを攻略せよ!」
ワタナベシンイチ監督作品である訳ですよ。
ならば大実験して、暴走して、やりたい放題になるんだろうなぁとか予想してしまうわけですよ。

で、実際に見ると作画はヤバイけど、声優さん。特に主人公である中原スナコ演じるところの高口幸子さんが、凄いんです。ファンタジックチルドレンのソレトとは全く違うキャラなんですが、高口さんってこんなにスゲー女優さんだったのね。侮ってはおりませんでしたが、これはエエ役をゲットされたなぁ、とこっちまで嬉しくなりますね。

収録後の疲労は相当なものかと思いますが、応援してます!!

演じている人たちはかなり楽しいんじゃないかと妄想しつつ、今後ナベシンの出番と台詞は絶対に増える。原作なんて気にせずに出てくるだろうと予測。……なんちゅうか完全にネタアニメかも?

くじびき黒ハートアンバランス 第1話「みんな、がっこうでおどろく。7点」
…これはダメかもしれんねぇ……

前回のアニメの方が面白かったですよ。たった3話だけでしたけど、色んな意味で上回っていたと思います。

おお、ちびっこ部隊が3人もキャスティングされてるとか妙なところに反応はしましたが、これは受けない。予告であの二人が話していたのは面白かったけど、一番面白かったのがそこじゃダメだよな、俺。

八雲剣豪さんの絵の魅力がどっかイッチャッテルのもマイナスです。ちょっとは期待していただけにショック…… 思わずHDDから消しちゃった、ちゃんちゃん。

DEATH NOTE 第1話「新生」第2話「対決」
やっぱ2話だな。キラよりLだし、俺は。

さてほとんど問題ないほどの布陣。マッドハウスは本当にここのところ外れが無い凄さでアニメを制作し続けていますが、それを象徴するに相応しいアニメ。

この作品においての唯一のネックはとある一点にあると感じている自分としては、それさえなければもっと気持ちよく見られたのになぁ等と、微妙な裏事情に最初から若干萎え気味。リュークとかどうでもいいので(ヒドイ)Lが大好きだな、な層がいる事を……

原作読んでるので筋はしっているので、ここは何かとやってくれるシリーズ構成の井上敏樹さんに爆弾を。

……アニメーションは皆で作り上げていくものだから、自分が絶対だと思わないで欲しいよね。一人で作ってるんじゃないのだから……

銀色のオリンシス 第1話「水色の再生」
現在の東映アニメーションの悪いところがどっさり出てきたようなアニメ。
そのぉ…… これって誰に向けて作ってるんでしょうか?
作画クオリティがヤバイ以前に何だか、東宝の作品でしたけど「幻夢戦記レダ」を思い出してしまいました。つまるところ20年以上前の作品が頭に浮かんできたんですよ!!

作りが古いとか以前に、第1話がこれで良いのかとか……
これ以上書いても愚痴だらけになるので、止めておきます。次を見なくても後悔しないような出来にしょんぼり。

時間切れで続く。
#銀色のオリンシス_01 #D.Gray-man_01 #D.Gray-man_02 #ゴーストハント_01 #ゴーストハント_02 #くじびきアンバランス_01 #ヤマトナデシコ七変化_01 #ヤマトナデシコ七変化_02 #DEATH NOTE_01 #DEATH NOTE_02

posted by みやびあきら at 21:00| アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする