2006年10月12日

パンプキン・シザーズ Punpkin Scissors 第2話「戦災復興部隊」

第2話も大変よろしゅうございました。
初っ端からウォルキンス子爵の鬼畜領主っぷりが今回の話を盛り上げます。変態貴族を演ずるは谷山紀章さん。……きーやん嵌りすぎ(爆)

もうその馬鹿領主、人を人とも思わない戦車で人間を的にして追い掛け回すゲームに興ずる異常者を見事に、それはそれは分りやすく演じていただけまして最高でした。今回限りのキャラと思いますけど、見事なまでにキャラが立っていて、対するパンプキン・シザーズ側も並び立つってもんですよ。

帝国陸軍情報部第3課に届いた一通の手紙。
今回はそのことを調べる為に物語が動くのですが、オーランド伍長がすんなり小隊へと編入された経緯には裏事情がありそうですし。ハンクス課長が読んでいた報告書に関しても、アリスの書いたものだけではなさそうでしたし。第3課で引き続き実験なりデータ収集を行っているのかも? もともとあってはならない部隊出身の伍長ですから、形式上の記録ではそれなりに保っているのかも?

おーシュビムワーゲンだなんて、昔の戦争映画なんかで見たことあるなぁ。
水陸両用車が第2次世界大戦中のドイツでは普通に生産されて使われていたってのは驚きでございますよね。キューベルワーゲンは子供の頃どっかで展示されているのを見た事がありますが(本物だったかは記憶に無いです)戦後の復興もままならぬ中で、途中今回のように橋が落ちていて、船に乗せるか、大きく迂回するしかないとかの場合でもこの車両ならば四輪駆動で水上も移動可能という特性で、かなりのところまで出向けるってもんですよね。

参考リンク:シュビムワーゲン - Wikipedia

目的地に付いてですけど、前回の舞台となった街よりも大きな地方都市風な風景でしたが、街に活気は無く、葬列が……

どこも似たようなという事が極めて正確であるのならば、帝国の疲弊はぬぐい難い事実であり、しかも好転させる事を害する行為が当たり前のように行われている、と。だからこその彼らなんでしょうけど。葬列を見て、老人の話を聞いてからの行動は早かったです。

そのころ変態子爵さまは、地も滴るようなレアで焼けと命じておいて生焼けだとお抱えシェフを口答えした罪で処刑しそうな勢いであるとともに、餓えたメイド達のプライドをなぶりものに…… ああ年齢指定が無くて良かった! あったらもっと悲惨…… 実際はもっともっと悲惨なんでしょうけどね(泣)

ここからもキャラの見せ方が上手い!
オレルド准尉とマーチス准尉の根っこの部分をちゃんと窺わせているし、自分たちの部隊がどう世間では言われているかも知っているし、だからといって表面上はへらへらしているオレルド准尉だって譲れないものがちゃんとあると。

なんて魅力を引き出すのが上手い演出かと、テレビの前で声が出るってもんですよ。

それにしても部下想いのええ上官がそろってますな。
第1話を見ている自分としては、ここでオーランド伍長が力を発揮して戦車を倒すのは予想できることなんですけど、この定型とも思われる展開。相手側に901ATTの伝説を知る者がいて、恐れる、恐慌状態に近いことになる。そんなわざわざ相手がどれほどの存在なのかと、分り易く語ってくれるといったお約束展開なのですが、そこまイイ!!

評判が良いのも肯ける作品なんですが。
あのままだったら伍長は子爵を射殺していたはずなんですが、それを止める少尉どの。ええ、そこがまた伏線にもなっているであろうし、物語を紡ぐに置いて重要な部分だと思うんですよ。

死なせん! と飛び込んだところでどう考えても足手まとい。あの体躯を受け止められる筈も無いのに飛び出さずにはおれない。これって泳げないのに、泳ぎに自信が無いのに溺れている子供を見て助けに飛び込んじゃう人間の行動心理と同じようなものなんでしょうけど(軍人として部下を見殺しに出来ないとか、縛り?はちょっと違うでしょうけど。おそらくは軍人として、上官としてでなくとも助けようとした気がしたもので)

結果として逆に庇われて、伍長の怪我が増えただけではあったのですが。伍長が得たものは傷だけではないところが分るだけに、小憎らしいまでにエエところでございます。

命が助かった子爵の、確かに今は現実を示した傲慢な言葉であってもそれに対して変えて行こうとする気持ちを現したメイドさんたちの言動。うーむ、素晴らしい。確かに現実は残酷であるけれで、彼女達の中での真実の心はその現実対して立ち向かう事を決意した事実がね、素敵ですってば。

全話が満足できるアニメってのは個人の趣味嗜好もあるので、どうなるかは分りませんけど。かなり高アベレージが望めそうな作品として、これからも楽しみに見たいと思います。

陸情3課広報室-Pumpkin Scissors- (アニメ公式)
パンプキンシザーズ制作日誌(スタッフブログ)
ラジオ パンプキン・シザーズ こちら陸情3課放送局!(音泉 木曜日
爆弾パンチ郎のダイナマイト番外地 西成岩男情報局  #パンプキンシザーズ_02

パンプキン・シザーズ Men of Pumpkin 編 Vol.1 (初回限定生産)
パンプキン・シザーズ Men of Pumpkin 編 Vol.1 (初回限定生産)
秋山勝仁 伊藤静 三宅健太

関連商品
パンプキン・シザーズ Men of Pumpkin 編 Vol.2 (初回限定生産)
パンプキン・シザーズ Men of Pumpkin 編 Vol.3 (初回限定生産)
パンプキン・シザーズ Men of Pumpkin 編 Vol.4 (初回限定生産)
by G-Tools
Pumpkin Scissors 1 (1)Pumpkin Scissors 1 (1)
岩永 亮太郎

Pumpkin Scissors 2 (2) Pumpkin Scissors 3 (3) Pumpkin Scissors 4 (4) Pumpkin Scissors 5 (5)

by G-Tools
B000HXE1MS蒼き炎
高橋洋子 shin-go 田代耕一郎

ジェネオン エンタテインメント 2006-10-25
売り上げランキング : 680

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
リンガリンガ (AA)
posted by みやびあきら at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック