2006年10月30日

アニメ感想(2006-10-29頃)

牙-KIBA-  第31話「野望の代償」
サブタイトルからすればヒューがアミルガウルの拒絶反応にあった事を指しているのだろうし、もしかしたら肉体的変化である、口が大きく裂け、耳が尖がったりしてしまったことも含まれるのかもしれない。勿論、元々はあんな姿であったのか知れないけど。

ところでウルバークス最強らしいギンガですけど、彼の今までの言動からするとキースピリットの危険性を理解しており、それが揃ったことで起こる何かを警戒しているようにも見えます。ネオトピアで言われている事の真の意味が世界を破壊してからの再生だとすれば、それを阻止する側に回りそうかも?

エルメイダが吹っ飛んで動かなくなっていたけど、スピリットのザクーアは動いていたのでおかしいなぁとは感じてましたけど。確認を取ったネオトピアの人間が買収なりをされていたとは思えないので、エルメイダは自らを仮死状態に…… あ、思い出したけど、腕の脈を止めるには腋の下なりの動脈を強く抑えると出来るんだっけか? 一時的に血流を止めればってことだったのかもなぁ。ジーモットの人間の能力はまだまだ分らないけど。

サチュラはヒューに盗まれたみたいだけど、元はガルバたち流浪の民が見つけたアークの中にあったもの。するとネオトピアにある、今回の優勝商品であるスピリットを今度はノアが扱うのだろうか?

ノアの変化がキースピリットのよるもので、ヒューの野望の増大なども影響を受けての事だとしたら、また違った影響を受けるのかなぁ、ノアは。

そんな中でゼッドはアミル・ガウルに選ばれし者であることの真の意味が大変に気になります。その辺りは母親であるサラに聞かないと分んないんだろうけど、再登場はいつですか?

次回はネオトピアとテンプラーの間に今回の規律違反の数々による国家間の火種が一気に燃え上がりそうなのですが、ジーコさまが収めるの? 同盟関係を継続する、破棄するにしてもどっちもヤバイ連中が中枢に居て実権を握っているから読めない読めない。

だからこそ面白くもあるのだけど、分らなくもあり……

おねがい マイメロディ 〜くるくるシャッフル!〜 第31話「もう一度踊れたらイイナ!」
一年ぶりの正しき登場でありますクルミ・ヌイには嬉しさ一杯。また来年も見られるとイイナ!
でもマイメロの極悪人、外道、邪道な行動には正直言ってさめざめとしてしまいます。止めるバクを無視しての行動やケーキで最後の一本を消してしまうさまは、悪意が無い悪こそ恐れるものだと痛感。そもそも歌ちゃんからの緊急電話も最初ケーキ作りを理由にいちゃもん付けてたし、シツジ仮面をこき使うあたりも、マイメロさんマジ外道(苦笑)

ウサミミ仮面の前口上も邪魔するし、なんて恐ろしい子なのマイメロ!!
でも主人公だよマイメロ。笑顔で人を傷つけるよマイメロ〜〜〜

だからこそ話しが続いているのだろうけど、なんだかんだでマイメロが完全良い子になるのも気持ち悪いので許しましょうぞ。

柊さまからちゃんと誕生日パーティーを開いてもらえたから、最終的には綺麗に終わってよかったよかった!!

N・H・Kにようこそ! 第17話「はぴねすにようこそ!」
今度はマルチ商法かよ!!
笑えない笑えない内容でお届けし続けている本作品ですが、ネトゲ廃人の次は悪徳商法の会員って、佐藤君あんたって人は……

正直あそこまで危険だと分っていたのに買わされてしまうのは理解出来ないんですけど、委員長に同情した?ほだされた? まぁローンをどうするのか、ずばり借金しちゃった訳ですけど。あっ、前回小林さんが急に佐藤君のことを思い出して卒業アルバムを見てたのに違和感を覚えたんですが、マルチ商法の会員なら納得。アルバムとか名簿とか、とにかく片っ端からあたるものでしょうからねぇ。

このアニメって救いの無いまま最終回を迎えたら凄いけど、商売的にあの全身タイツを欲しがる層って理解出来ない、ネタ以外では。

ギャラクシーエンジェる〜ん 第5話「和解!大人のアルコーる〜ん」
うわぁ、これはヤバイでしょう。笑えない、面白くないから笑えない……
せめて10年後じゃなくて、30年とか50年とか。でも同窓会ネタで年を取ったってのはGAでやってしまってるから…… でも10年じゃダメだ、たった10年で和解できる筈も無いってくらいのキャラ立てをしたかったのだろうし、酒を飲ませるためだけに成人させなくては、だから10年後ってくらいでしかないような……

でじこの扱いも消化不良過ぎ。将棋でうさだみたいな扱いも微妙だったけど、今回のでじこは目からビームを使っていてもあかんやろ、これは。

でも映像以外に印象が弱かったOPテーマソング。う〜ん取り合え思えようかと繰り返して見てたら、ちょっと癖になってきたかも?(爆) 本編を見るとクールダウンさせられちゃいますけど、CD買いかねない俺が此処に(苦笑)

前シリーズでは新谷良子アイドル押しであった分、他のキャストは演技力的にも適材適所であったと感じていますが、今回は全員をアイドル売りしたい印象が強く、演技力的にも如何なものか状態であり、キャラも全員ボケばかりで突っ込みや面倒を見てくれる人もおらずの悪循環。上官もなんの為に居るんだか分らないほどに影が薄く、こんな天然な連中を野放しするだけでは盛り上がらないよ……

作画は先週が戦闘シーン以外はかなりダメだった分、今回は普通ではあったのですが……

夜明け前より瑠璃色な  第4話「戦う!お姫様」
先週のキャベツ祭から作画は回復? それでも低レベルなんですが、現在のテレビアニメではこれが通常とも言えるのは悲しいことです。

でもどうなのこの脚本と演出は? ちょっと大切な事を忘れているかのようにつまらないことをしています。
何で都市の直ぐ傍の2級河川くらいの川に滝があるのさ。せめて古い砂防ダムや堰があるとかで段差がとかなら分るけど、滝は無い、滝は無いよ。それから水を飲んで呼吸が止まっている人を救命するなら人工呼吸の前に水を吐き出させるのが先。肺に水が入ってるとすればそこで息を吹き込んでもダメでしょ? 胸部を圧迫するなりして出してから人工呼吸を……

家の構造上、ゴキブリが一つの部屋の中にいればその家全体に出るもの。どんな隔壁で仕切ってあるんですかな家のつくりですけど、盗撮カメラマンたちが移動経路として……

本編の声優さん達の演技が良い分、他の部分が適当過ぎるよ。もしかして原作ゲームを下に見てる? 所謂美少女ゲームなんて所詮はハーレムもので女の子達を出しておけばどうでもよいとか?

そうではないんでしょうけど、ちょっと酷いや……

#牙_31 #マイメロ_31 #NHKにようこそ_17 #ギャラクシーエンジェるーん_05 #明け瑠璃_04
posted by みやびあきら at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック