2006年11月01日

はぴねす! 第4話「消えたタマちゃん」

第四話「消えたタマちゃん」

タマちゃんが可愛かったのでちゃんと?感想を書いてみよう。

魔法があまり役にたっているエピソードが無いのがここまでのお話しだと思うんですけど(失敗した後のフォローだったり、上手くいってたのがやっぱりダメとか)今回ははたして?

高峰小雪先輩しか所属していない占い研究会のことを心配して小日向すももがみんなに研究会に入ろうって誘う辺りはとってもベタ。お約束、定番なエピソードであり、小雪先輩の造形も定番中の定番。幽霊部員が本当の幽霊ってのもお約束過ぎて……

そこでちょっと違うであろう、タマちゃんの作り方と実践&ご先祖さまのスフィアタムの伏線を張りつつのあたり。

緑色でこねてってのはスライムの作り方にも通じるような気がしますが、突然先輩が「ひとっつ こねてはぁ〜 タマちゃんのっため〜♪」と歌いだして、皆で歌いだしのがちょいと変なツボに入りました。合いの手も含めてなんか好き♪

記念すべき1000個目のタマちゃんとかの事も踏まえて、タマちゃんの自分探しの旅…… こういうの嫌いじゃないです。

ただ今回も柊杏璃が切っ掛けでトラブルが起きるパターンだったのですが、まだ続くのでしょうか?
流石にトラブルメーカーだとは理解していても、飽きが来た感じです。

タマちゃんが実は打ち出したらそれでお終いなのはちょっと悲しいのですけど、そういった魔法生命体であるのかと、割り切るところは割り切っておかないと今回の話はキツイかもです。

先輩が全部覚えているって事は予想出来ましたけど、あのストックしてある量からして緊急時は連続でGO!GO!なのでしょうね。

恋愛話しが実は恐ろしいほどに進んでいなくて、学園ドタバタコメディ?であるかのようなはぴねす!ですけど、今後どうなるのかは気になりますので視聴続行。ぶっちゃけ声優さんで見てるところはあります、本音の話し(^^;)

はぴねす!(公式)
はぴねす!瑞穂坂学園校内放送(音泉 金曜日)  #はぴねす_04
posted by みやびあきら at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック