2004年07月05日

ならば「蒼穹のファフナー」を楽しもうではないか。

1&2話の感想はコチラだったり…

それでもだ、そうだ楽しもうじゃないか! 何とかしようよ!! でも… かなり難しいぞ!

あまりに放送を普通に見ているだけでは楽しめそうに無い状況。しかも妄想したくともやる気が湧いてこない己を奮い立たせる為に。

自分の基本的な考えでは、ネタバレ情報は避ける。事前情報を仕入れ過ぎない。
そうやって己の妄想を膨らませて楽しんでいるのですが… ファフナーは現在のところ無理。
なので今までキャスト表くらいしか見てなかった公式や製作公式を一通り見てきました。
ああ〜〜〜〜〜〜。いや、どうしようね、これは。

蒼穹のファフナー(重い公式TOP)
http://www.fafner.jp/top.html(←TOPのフラッシュをとばしても重いんだこれが。しかも自分のセキュリティ設定だと面倒なぁ〜)

TV東京・Anime X-press 蒼穹のファフナー(お馴染みテレ東公式来週は選挙でお休みだからかよ1時間だったのは)

xebec mainんで問題の…
竜宮島回覧版・閲覧室ここが一番載ってるね色々と。

ネタバレ嫌いな人は見ないように。私も回覧版の準備号までしか見てなかったけど今日封印をといて見に行きました。

竜宮島回覧版・0421号
ここに「ニーベルングの指輪」とはっきり書いてありますね。そうですか、リヒャルト・ワーグナーですか。私もNHKでオペラが放送される時にはチェック入れてますので(一時ローエングリンに凝ってた)分かりますけどね、少しは。

他にも聞き取りづらかった用語の説明もあります。ふーん。

竜宮島回覧版・0512号
この号が一番興味を引きましたね。敵であるフェストゥムについてシリコン型生命体の総称と書いてあります。

ああ、前にゴーダンナーの過去記事で炭素生命体珪素生命体の事について書きましたが。
まさかファフナーがそうだとは思いませんでした。それにアレが珪素生命体とは全く気が付きませんでした

さてSF好きなら地球上の生命体は基本的に炭素生命体であり、別の星にはいるかもしれない(身近なところでは火星)珪素生命体との物語はある意味浪漫であり。また飽くなき戦いの相手としてのシチュエーション作品もございます。

私が思い浮かべる珪素生命体との戦いを描いた作品にタイトーのアーケードゲーム『メタルブラック』がございます。
私のようなヘボシューター(シューター名乗れません)にはクリア不能でございましたが。
その骨太のSF設定にシビレたものです。コミックゲーメストでのマンガ連載が始まったとたんに一悶着があってそのまま永遠の休載に…

畜生!一番血沸き肉踊るハードSFコミックを読む事が出来ないなんて。ブラックフライ(黒蝿)の容赦無い無着色レーザーの攻撃が!!

おっとファフナーの話しをしないのかと怒られそうですが、まずはメタルブラックに関する素敵なページを読んで貰いたい。

メタルブラック用語集
GAMER'sHard to HEARTvol2 METALBLACK word

両方お読み頂けましたか?
もしこれらを読んで面白い。興味を持てた等の反応を示す事が出来た方は蒼穹のファフナーの珍妙な世界観を理解できる可能性があるのではないかと考えます。

訳分からん。つまらん。等と思われた方は別のアプローチをしないとファフナーを楽しめない可能性があります。
そうですね、早いとこ女の子のエロイ姿を希望してみるとか。男の子同士を×で繋げてみる等の。
積極的な自己的アプローチをしてみて下さい。

さて話しを戻そう。もし高度?な文明と精神世界(心)を持った炭素生命体と珪素生命体が接触すればどうなるのだろうか?
GAMER'sHard to HEARTvol2 METALBLACK word内の免疫学の部分を読んで貰いたい。

なんのこっちゃ? と思われる向きもあろうが。どうにもファフナーに繋がらない事もない話なのです。
ファフ辞苑に書いてある通りにフェストゥム在るのであれば、自己非自己免疫学もご理解出来るのではないでしょうか?

こう考えるとどうしても過去の作品が引き合いに出されてしまうファフナーなのですが。
別にオマージュだろうと借り物だろうと頂いちゃおうと。面白くしてみせればそれで良いと思うのですよ。

現段階で判断するのは時期尚早なのはわかりますが、不出来な劣化品と言われてしまう原因を真剣にスタッフの方々には論じて頂きたい。いやそんな時間が有ったら全力で今の道を進んだ方が良い… かも知れませんが…

ところで、メタルブラックを持ち出したのは何も珪素(シリコン)生命体だけではありません。
それはメタルブラックのゲームの最後に秘密があります。

読みたくない人は読まないでね。


ええ、最終ボスとの死闘。そう普通ボスを倒しますよね… でもねバッドエンドなんですよ。
このゲーム。いやこの世界で真にクリアする為の条件は自分が最後に倒される事なんですよ……

そう、それがグッドエンディング……

さぁファフナーは互いに相手を滅ぼすまで戦いつづけますか? 某監督のように相手を全滅させるのが戦争ですか?
何だか死亡フラグ立ちまくりなキャラだらけでエンディング絵の3人以外滅びますか? 滅ぼしますか?

ほ〜ら、面白くなってきた。取り合えず再来週までは私は持ちそう!? でも3話見たら倒れそうな気がする。
何と理想と現実の溝は深くて暗いものかよ!!


最後に仙波隆綱さん帰ってきてーーッ!!
(メタルブラック原作者。元アニメーター「逆襲のシャア」作画監督など。マンガも本人の手による。今でもその設定だけで俺を興奮させる事が可能な人。新たな作品が来たら多分跳びまわるっす)

P.S.良く見ると島の手は巨人というより竜の手か?あ、ひょっこりひょうたん島なんだ。
アレだけの設備をあの人数でこっそり建造。整備・運用してるの?

謎の概要:そうだ!諦めるにはまだ早い。絶望の先に光が見えればきっと何物にも勝る光になる… と良いな(^^;
#蒼穹のファフナー_01 #蒼穹のファフナー_02
トラックバック概要2:「蒼穹のファフナー」がシャングリラに辿り着く事が出来るのか不安でなりません。
posted by みやびあきら at 22:54| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2004冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもご無沙汰してます。暑さにばててしばらくなにもやる気が出なかったのですが、チット回復したので書き込みさせていただきます。
「ファフナー」見ました。私がこの作品で一番気に掛かったのは某作品に似ているとか如何とか言う事ではなく、島の住人に老人がいないということです。年配者と言えば主人公たちの父親たちがせいぜいで動物(犬や猫)はいても老人の姿は画面を見る限りみかけません。一見、平和で繁栄している様に見えながら根本的なところでバランスの崩れた世界を描くために意図的に排除されているのかも知れませんが、個人的にはあの世界に不快なものを感じてしまいました。
Posted by 流転 at 2004年07月06日 23:08
追記;どうもバランスを崩していたのは私のようでした、上記文中の「不快」の表記は「違和感」程度にとっていただければありがたいのですが・・・(だったら最初から書くな!)、ただ作中に描かれた「楽園」と称される老人のいない島の風景になにか弱者を排除した強者のみの「清潔」な社会思い浮かべてしまい、ああ言う文章になってしまったのですが・・・、今は勇み足であったと反省しています。
なにとぞご寛恕のほどお願いいたします。
Posted by 流転 at 2004年07月06日 23:54
流転さん夏ばてにはご注意下さいね。

そうですね、本来南の島ならばもっと老人がいてもおかしくない訳ですが。
この島の大人は全員が関係者で秘密を知っている立場の人間… だけと言う訳でもない気もしますが。
(シェルターに普通に避難していた人もいるみたいですし。死んでましたけどね)

偽装された島。偽造した世界(を信じさせられている多くの子供達)
偽りだらけの島ですから、何を見ても嘘っぽく感じてしまうのが弱みでしょう。
それこそが違和感の一つかもしれません。

私は見ていて居心地が悪かったですし、スタッフの考える楽園の定義も、それが‘楽園’と呼べるものかどうか私には説得力が無かったです。

実はエリートによる人類生き残りの為の特別区でしかない島を普通に見せようとすること自体が破綻の原因かも知れません。

パニックが全く生じていないのも(真実を知らない、知らなかった子供達でさえ)有り得なさに拍車を掛けます。

結局頭の良い人が創ってしまった世界を理解できぬ愚民供扱いされかねない視聴者としては。
人にはそれぞれ自由に考え受けとめる権利、自由があると訴えつつ。

それぞれの立場にもなって出来うるならば冷静になって今後も見守っていきたいと思います。

私も何を書いているのやですね(^^;
Posted by みやびあきら at 2004年07月07日 00:12
丁寧なレス有難う御座います。
さてあの件、もしかしたら裏設定としてこうゆう事もありえるのでは?と「妄想」している事があります。
もしかしてあの島にいる人間は老人になるまで生きていられないのでは?それが島に逃げてくるまでに何かを「浴びて」しまった結果なのか島を隠している「力」の影響なのか、いずれにせよあの島の最高齢者は主人公たちの父親の世代でその下の世代はそれよりも寿命が短く子供たちにいたってはあと幾ばくも余命がないのでは・・・
などと、鬱々とした「妄想」に浸っております。
Posted by 流転 at 2004年07月07日 12:11
地上の建物からすると元々島に住んでいた人はいたようですが…
やはり何かあって島民全員消えたか強制移住させられたか、そんな事を考えました。

神話的な部分(ジークフリートの不死身性とか)竜宮伝説にある時間と空間の差の問題。
年齢や寿命にも何か秘密はありそうですね。

パイロットの子供達はどうも次々と死んだりロストしてそうですが。
眼鏡っ娘パイロットに付いてた人が自分の子供もパイロットだったみたいな事を過去形で話してましたし。
あっさり一番第一印象で惹かれた眼鏡っ娘殺してるし。

子供達は寿命以前にファフナーに乗る事によって平均寿命を縮めてそうですよね。

でもあの変な空間ごと消し去る攻撃の向こう側(黒い球体の内側)から悲鳴が聞こえたなんて…
一体どういう物理法則を伴った空間削除攻撃だったのやら……

眼鏡っ娘の悲鳴だけで、大人の女性は体の動きとかだけでよかったような… 話逸れましたね(^^;
Posted by みやびあきら at 2004年07月07日 19:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

蒼穹のファフナー
Excerpt: Shangri-La angela, atsuko, KATSU 流行ってるみたいですね。テレ東の日曜深夜放映なので、のんびり見てると月曜の出社が重たくなってしまうところがちょっと痛い。中..
Weblog: the Chamber of Joker
Tracked: 2004-10-25 02:21