2005年04月04日

おねがい マイメロディ 第1話「バイオリンが弾けたらイイナ!」

 おねがいマイメロディ_01.mp3音声記事だったりします。
 登場するキャラは非常に可愛い(作画もポイントを押さえている)それはマイメロディ(CV:佐久間レイ)も含めて、人間世界の住人もかなり可愛い。声の演技はネルケ系なので微妙だったりする人物も多いのだが、作品の雰囲気がそれを許容できるものを持っている。だが、何かがおかしいと感じる。見ていて違和感や不快感を覚えるところがしばしば出てくる。 ……この感覚はなんだろう!?

 マイメロディがのんびりしているのでスルーしそうなのだが、冤罪によって人間世界へいきなり島流し&労役付きの処罰である。一人だけ事の重大さ異常さに叫びをあげるも気にしない人ばかりである(この辺は童話的な残酷さを持っているというのだろうか?)ヒロインである夢野 歌(CV:片岡あづさ)はかなり魅力が在ると思います。バイオリンを始めた切っ掛けは、そりゃあちょっとは不純であったかもしれません。でも憧れの柊恵一(CV:置鮎龍太郎)先輩に少しでも近付きたい乙女心を止めたり、咎めたりはしませんぜ。

 でもなぁ、個性的な先生も含めて。例えバイオリンはまだ上手くなくたってメンバーに選ばれて彼女なりに頑張ろうとしたんだよな。ただちゃんとした練習の仕方がまだ分からないだけであって…… で、敵役のクロミ(CV:竹内順子)に付け込まれてバイオリンに魔法を掛けられてしまう。当日は可愛そうな結果になりましたよね。まぁ、これはお話上仕方が無い。でも何かが引っ掛かる。見た目の可愛さの奥に何か変な違和感を……

 で、マイメロディが最終的にバイオリンに掛けられた魔法を解く手段が…… カニさんのリュックに魔法を掛けてカニさんに命?を吹き込み、嫌がるバイオリンの弦をそのハサミでちょん切る。全部ちょん切って黙らせる……
 いや魔法擬似生命体とはいえ殺したんだよなぁ……

 ええ!! と思いましたよ。もっと平和的な手段で可愛い愛らしい、おとなしいけど強い魔法で解決するのかと思っていたらちょん切った。ちょっと楽器を大切に考える人間からすればいきなりハサミで全ての弦を切っちゃうのは衝撃を受けた。自分もバイオリンに憧れていた時期があって(今でも憧れているが)丁度友達がバイオリンを習い始めたときに触らせて貰ったんだが、これがまともに音が出ない、出せないんだほんとに。それに初心者は弦を直ぐに切ってしまうことは珍しくは無い。調弦をするのにも弦を切らないかビクビクするって言うのに、目の前で嫌がるバイオリンの弦を切るかよ……

 かなりショックを受けた。冒頭の子供に対する罪の擦り付けや、全然助けにならない逆に冤罪を補強する証言とか、妙に可愛い振りをしているけどおかしな脚本と演出だ。スタジオコメット製作だから期待していたんだけど、どうにも良い面と悪い面のバランスが……

 EDでじっくりスタッフ名を見ていて驚いた。脚本が山野辺一記氏だよ。設定協力がEdgeworksだよ。いや、そもそもシリーズ構成が山野辺一記氏だったかよ!! ああ『ミッドナイトホラースクール』なんかで、特定のキャラを精神的に追い詰めるイジメな話しがあったり、え?それでよいのか!? なオチの後味が悪い話があったりしたのと似ているところがあるんだ。個人的に悪くは無いけど無神経だな、と感じる部分が『おねがいマイメロディ』からもしていたんだ…… 何も無い公式サイトしか見てなかったから事前情報は皆無に近かったので、挑み方を間違えた。

 今後も多分、見られるんだけど…… そうですね、柊先輩に関してクロミがえげつないことをして歌ちゃんが、悲しむ、苦しむ展開がありそうな予感。でも回りはそれほど深刻に受け止めない。最終的なオチでは、歌ちゃんまでがあっさりと流しちゃう。そんな脚本が待っていそうで…… 見るだろうけど、合う話と合わない話の狭間で苦しみそうだ。勿論山野辺さんだってちゃんとした話を書けますけど、第1話に関してはやっぱりちょっと無神経でしたよ…… でも可愛い。でも無神経。でも可愛いのジレンマループ!!

おねがいマイメロディ #おねがいマイメロディ_01

アマゾン アニメDVD あ行 お TOP10への個別リンク
posted by みやびあきら at 04:00| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2006春頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どもですー。
マイメロ、キャラはかわいいのになんかなーと思ってたんですが、そうそうそう!そういうことですよ!どうにも後味の悪い話だったんだ。
自分では理由を明確に言葉に出来なかったんですけど、こちらを読んですっきりしましたー。
#私もどっちかといえば「ふたご姫」派です。あの明るさがとてもいいなぁと思うのです(子ども向けとしても。)
Posted by ミオル at 2005年04月06日 00:09
>>ミオルさん。
お返事が遅れてすみません(>_<)

ねぇ、マイメロは可愛いのに。
バイオリンを倒した?後には「かにさん、おつかれぇ」ですから。
何だか2chの「>>1さん、乙!」と同じレベルの形式だけの言葉にも聞こえました。
何より、それでよいのか!? と。

双子姫のイヤイヤダンスの方は心が和むのですが、これからも「○○さん、おつかれ」で済ましちゃうんでしょうかね?
あまりに深く考えない、上辺だけの行動や言葉はいらないですから……
Posted by みやびあきら at 2005年04月07日 14:02
これもネルケプランニングなんですよね。日アニ訴訟の影響か、ネルケも日俳連組合員を普通に使うようになったのかな、なんて思っていたのですが。

しかし、せっかくだから加藤夏希じゃなくて高橋美佳子を使ってほしかったな、とか。

『ミッドナイト ホラースクール』は3日からMXTVで再放送が始まったので見ています。日曜1300〜1330、というターゲットがよく分からない枠ではありますが。しかし、たとえキャスティングが分かっていても、兼ね役のチェックはけっこう疲れます(^^;
Posted by 河崎 at 2005年04月09日 11:24
予算や製作会社諸々。ネルケだって素晴らしいキャスティングをしてくれる事もあるのですが……
ハズレが余りに多かったり、無茶が過ぎます。

ミッドナイトホラースクールは、普通に見る分には特に支障が無い話が多いでしょう。
但し、一度でも引っ掛かると気になりだしてしまいますね、脚本と演出は。
Posted by みやびあきら at 2005年04月10日 04:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック