2004年07月10日

スクラップド・プリンセス 第15話「力と謀略の歌劇」(キッズステーション版)

ここからですよすてプリの物語が加速していくのは(正確には次回からの3話はゆっくりとでも確実に物語りは流れている感じですけど)

さて、主要なキャラは概ねここまでで出てきた感じですね(名前だけの人もいるけど)
ピースメイカーの謀略。人間達の謀略(人間達はステアに踊らされてますが)

今回移動要塞スキッドは条約で禁じられていた戦略級攻性魔法奈落」とピースメイカーの干渉により落とされてしまいます。

シャノンゼフィリスと共に実体化したドラグーンになりますが…  だめだめなの〜。
シーズ相手にさっぱりだ。でもシーズがね、良いのよね。

さあフューレ登場! 記憶を失ったパシフィカ。ばらばらになってしまったカスール三兄弟。

沿岸部の甚大な被害もあって動乱の予感もしてくる感じです(いや見てて知ってますが)

今からでも遅くありません。このフューレとのエピソードだけでも見なければいけません。
いや、このエピソードを見てしまえば最後まで見てしまうこと間違いなし!?

やっぱりフューレ話の本放送で泣いていた管理人より緊急のお勧め情報でございました。

スクラップド・プリンセス公式
スクラップド・プリンセスキッズステーション特設
#すてプリ_15
P.S.やっぱりクリスは好かん。
posted by みやびあきら at 18:46| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック