2005年04月16日

こいこい7 第3話 課外授業その3 「特撮激燃(ファイヤー)!アキヲ、心の向こうに・・・です〜」

 やってきました、第3話「特撮激燃!アキヲ、心の向こうに・・・です〜」 こいこい7_03.mp3お馬鹿な音声記事(^^;)

 ああこの日が来るのを待ちわびていましたよ(苦笑) でもまぁ冗談抜きで第1話があまりに酷い、悲惨なクオリティだった為に第2話では「アレ? 良くなってない!?」今回の第3話になると「うぉ! なんか良い部分も出てきてないか!?」 ……すっかり術中に嵌り始めましたか自分!?(あかんやん)

 今回は鈴鹿アキヲ(CV:儀武ゆう子)ちゃんのお当番回。 声優さんのお名前は「ぎぶ ゆうこ」さんとお読みするのですね。個人的な話ですが、ゲストキャラとかで何度か聞いた事がありますが、レギュラーではこれが初めてでございます。元気プロジェクト所属と言う事ですが、今期元気プロは元気ありますねー。

 思っていた以上に脳天気な世界の裏には何かあるようなのですが、どうにもお馬鹿な演出と脚本なので分り難いです。でも、あえて分らせないようにしているんだろうと好意的に捉えてみますメガロ。所々に挿入されるアキヲの回想シーン。小さい頃に彼女に手を差し伸べたのは髪の色からすると猪飼ヒフミ(CV:こやまきみこ)なんでしょうか? 自分はそう感じたダベサ

 今回、「五光会」が対「こいこい7」に準備していたEVA3号機ブルセラマシーン?(本来はこいこい7の制服や体操服などを剥いで、ひん剥いて辱める作戦だった)が暴走。各所で五光学園の一般生徒が襲われニュースになるほどに。どうも飯田橋和子(CV:阿部留美) 水道橋洋子(CV:正木香奈) 浅草橋中子(CV:二宮圭美)の調整ミスだったようなのだが、三人纏めて、和・洋・中呼ばわりされてます、五光会の中でも。確かにそうなんですけど名前も髪型?も(^^;)

 ちなみに特撮ヒーローに憧れるアキヲはテレビの戦隊ヒーローもの『きのレンジャー』に憧れており、今回の怪人? との戦いの伏線に…… なってます。ええ、なってますって! BGMがまんまどこかで聞いた事のあるメロディーラインが沢山出てきても(通常のBGMも何だか聞いた事がある気がするのだが……)それがこいこいクオリティ! 気にすると禿げそうだ(爆)そういや寮の中も学園内も今回は更に下着だらけどう突っ込んでいいのやら。しかも妙に拘りを持って描かれており、ちゃんとそれぞれ個性というか趣味、好みが分る凝り?かたです。ああ今放送中のアニメでこれほどモロにブラもパンツも出てくるのは『こいこい7』しかありませんな。もう、日常の風景なんだよ、これは。

 まぁゴレンジャーかグレンダイザーかどうかはともかく、哲郎ヤヨイも巻き込んでヒーローの特訓を3人で続けますがな(ヤヨイは哲郎がいるから付き合ってるんのか? まぁ好きそうではあるけど)

 すっ飛ばして、その行動が不明なアスカヤヨイ(CV:水樹奈々) 哲郎に会いに来て欲しい、捜してほしいようなのだが学園内を歩いていても出会えない。何だろう、何らかのエネルギー(苦笑)が働いて出会えないのかな? 今回は怪人に胸を揉まれてましたが、逆に逃げてるよブルセラ仮面?

 五光会ロボは更にパワーアップ! 今回は量産型ゲルググ風に5対合体です!! うひゃひゃ、合体バンクが超パワーアップ。外見は毎回違うのでどうでも良いのですが!? ジョイント部分などのギミック・描写が恐ろしく緻密に丁寧に描かれています。おーい、このアニメは一体何のアニメ!? ちゃんと自分たちの不始末は自分たちで付けようとするのはエライな。けど、巨大化し、使途に乗っ取られたEVA3号機その攻撃により一発で倒される……

 じゃぁ「こいこい7」の出番なのですが、司令塔の蝶野オトメ(CV:稲村優奈) がいなかった所為かあっさりミヤビサクヤヒフミが捕まりピンチに! トッラクの名前じゃないよ、パリダカ走破してないよな「きのレンジャー」の出番!? おお今回は何が凄いって田中哲郎が活躍した事でしょう。「QUIZなないろDREAMS〜虹色町の奇跡」の鐘紡(粉飾決算)想鐘サキにそっくりなウェアで戦いを挑むアキヲのピンチをちゃんと救ってますがな!! やるな哲郎

 まぁあれですよ、何か楽しくなってきました(いやマジで)アキヲの今の体になる前の事とか、彼女達の真実が気になってきましたよ。ちょっと寂しげに少しだけ語られると堪らんな。見続けるしかない運命を感じたね。死に水を…… いやこんなダメアニメだからこそ可愛くなるって心理的要因が更に働き始めた第3話でございましたとさ。

   こいこい7公式 #こいこい7_03 第1話の感想。 第2話の感想

     _  ∩
 ( ゚∀゚)彡 メガローるんるんメガラブ揺れるハート
  ⊂彡


 トラックバック概要:オープニングテーマに洗脳されし者達よ、そなた等に幸多からん事を。そして「6人だけど、人呼んで‘こいこい7’」を気に病む必要はないぞよ。……と、天の啓示がありませんでした。嵌り道逝くも孵るも修羅の道行き。
posted by みやびあきら at 19:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(2) | 放送終了アニメ感想〜2005夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。私も洗脳されつつあるものの一人ッス。
もしかしたら二人だけかもしれませんが(笑
単純な駄ニメとは、何かテイストが違うような。。
時折見せる必死さか!?ダメッ娘萌えと同じ理由なのか?

いや、今回は起承転結がだいぶしっかりしていたのと、
単純な対立にしてないあたりで、ノリさえこんなものだと
飲み込めていたら(ここテストに出ます)、面白かったように
思います。思わされてる?

バンクシーンは、その導入のトイレ閉鎖のワンカットに
くすぐられました。おかげでバンクシーンのネタさ加減が
すんなりと。
後半は、切ない燃え展開にしていくのでしょうかね。
ちょっとだけ期待できる3話でした。
Posted by きのぶる〜 at 2005年04月17日 11:31
>>きのぶる〜さん、コメントありがとうございます。

>トイレ閉鎖のワンカット
記事に書こうとして忘れて一度上げちゃったので、また今度書こうと思ってたのですが(感想を二度書く気だったかよ!?)
あれは素晴らしい心配りです。世の中の宇宙戦艦でありながらそういった細かいディテールを無視して。
何かあったら船内ぐちゃぐちゃじゃん!! と思わせるヘボデザインが罷り通る中での「こいこい7」のこのこだわり。
海原先生も褒めて…… くれるかは分かりませんが初めて見ましたよ、あんなのは。

これならば期待をしても良いんじゃないかと。もう1話を乗り越えた者ならば大きな心で受け止めていけるんじゃないかと。

『こいこい7』の妙な点におけるライバルは『エウレカセブン』でも良いんじゃないかと(爆)
セブンセンシズ対決を心の中でネタとして楽しみつつ、さぁどの娘のエピソードが私たち二人以外にも必ず要る筈の「無茶しやがって野郎達」の胸を締め付けるのか?
見逃したらいけませんぜ!! とか言ってみます、無責任な発言として。
Posted by みやびあきら at 2005年04月18日 05:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[アニメ]こいこい7 第2話 第3話 感想
Excerpt: メガローメガローレディトゥファイレッツゴー♪ このOPだけははまりますなー。頭ん中エンドレスで流れてますよ。相変わらず糞っぷり炸裂のこのアニメ。この素材うまく料理すりゃ「φなる・あぷろーち」みたいな意..
Weblog: 【馬と戯れる少女逆転スリーラン】
Tracked: 2005-04-18 05:03

こいこい7 第3話 皆さんすっぽんぽんです
Excerpt: ● こいこい7 第3話「特撮激燃(ファイヤー)!アキヲ、心の向こうに・・・です〜」。この作品はすごい。戦隊モノみたいなのを女子だけでやってて、パンツ見えたり、みんなで下着で食事したり、脳みそ足りなさ..
Weblog: いぬ日記
Tracked: 2005-04-23 17:01