2006年12月25日

ギャラクシーエンジェる〜ん 第13話「出現!ワルワルワる〜んエンジェル隊!?」

最終回でしたけど、特に最終回だからどうだったとかは無し。
ミルフィーユの登場とか4体合体、2体合体と3体合体を避けて(笑)ロボットの登場とかありましたけど、無駄に格好良いロボットが反って今回のアニメの悪かったところを浮き立たせたとも取れてしまった。

ええ個々に良いところもあったとは思うんですよ。でなくちゃ欠かさず見ることも無かった…… と、思いたい。

やはり新キャラクター達の魅力の無さやルーンエンジェル隊の演技力が低かったり役にあってなかったりはマイナス要素として挙げられると思います。うん、どうよアプリコットは。元々ミルフィーユの嘘天然が嫌いだったし苦手だった。前キャラ達のDVDやCDをちょろちょろ買っている自分であっても、苦手だった要素が引き続き生かされようとしているのはきつかった。

そりゃあ新谷さんも演技力大変なとこから始まってましたけど、上手くなったと思いますよ。勿論まだまだではあるのでしょうが、ぶっちゃけ稲村さんは…… あっ、ジンキとかの頃はもっと酷かったか、うん酷かったね。でも周りがあってのことだからなぁ。

松岡由貴さん演じるイザベラ司令官はネタきゃらだからあんな演出だけなのでしょうけど、確かにあれもありですが、生きた姿も見てみたい。早い話、出番増やせ!! うなじで最終回も物足りない物足りない。

えっとここのところずっとインターネットラジオも聞いているので、そういった部分で新メンバーを受け入れる、楽しむ余裕はありますけど(結構楽しいのさ、ギャラクシーエンジェルラジオ ピャパプピーペンピェぷ〜ん)かといってアイドル声優に貢ぐ気は……

ラジオだけで良かった?
流石にそれは無いか、ゲームもあるし。

空回りしたらこんな風になりましたけど、紙一重の差で、僅かなことで受け止める側の評価も変わったかもしれませんが。声優ドル売りが過ぎる作品は対象者を狭めている気がします。嵌ればでかいのでしょうが、なかなか難しいと思いますし。

にしても無駄にサテライトらしさが出ていた3Dのシーン。
アクエリオンは良かったよなぁ、どうせならもうロボットモノにしちゃったら? 資金も体力も続かないと思いますけど(^^;)

そういやぁ音響周りはしょぼかった気が。演出もだろうけど、ロボの戦闘シーンとか何とか…… ならなかったのか。

最初の期待が大きかった分、落胆も大きかったギャラクシーえんじぇる〜ん。第2期の噂も聞きますが、あと少しで面白くなるかも知れませんが……

と、ここまで書いて、実は結構好きになり始めているのか俺は!! な気にもなってきた管理人でした「どっとはらい」

テレビ東京・あにてれ ギャラクシーエンジェる〜ん
ギャラクシーエンジェルII #ギャラクシーエンジェるーん_13
posted by みやびあきら at 17:00 | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック