2005年04月23日

こいこい7 第4話 課外授業その4 「美人薄命!?ヲトメちゃんは何を夢みる?です〜」

 この不毛の金曜深夜が楽しみになっている自分が居ます、確実に。 こいこい7_04.mp3←勢いだけな音声記事。
 何と言うことでしょうか、神をも恐れぬメガロパワー。やはり出来の悪い子ほど可愛いのですねぇ、でも今期ぶっちぎりで最下位、最低ランク評価受けるであろうと思った第1話とは打って変わって、この第4話になるとかなり普通のアニメになっており。そう、こいこいクオリティ、メガロクオリティ以下の作品が、個人的体内ランキングではどんどん出てくる始末。

 そんな、メガロるんるんメガラブ揺れるハートなSUPER LOVE洗脳組の管理人が書く感想なのであまり気にしないように。第3話の感想についたコメントみたいな変なのをされちゃうと通報しますよ、とお断りを入れつつ、お送りするだべさ

 サブタイトルは本編内容からしても『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』から頂いていると思われますが『こいこい7』の場合は更に間に幾つか入った第○次創作物の可能性も否定いたしません。そんなこんなで蝶野ヲトメ(CV:稲村優奈)ちゃんのお当番回。中の人の稲村さんはJ:Eでは散々な印象でしたが、ヲトメは台詞自体も少ないですし、言動も不可解?なのでこっちは問題なくしっくり聞けます。適材適所と言えるキャスティングかもしれませんね。

 今までのドタバタが嘘のようなしんんみりとした話しですが、薄薄気が付いてはいましたが、唐突にこいこい7の女の子達がサイボーグであるとあっさり語られます。しかも哲郎は既に知っている訳ですね。まじめに考えれば、空を飛んだり、巨大ロボットと戦ったり、朝食は効率が良いからとコンセントから電気で取っていたりした訳ですから、普通の人間では無いのですが。そうですね、多分原作自体も『サイボーグ009』の影響下にあるとすれば、009読者、視聴者の私としてはサイボーグは人間ですから。全くもって人間ですから思想の持ち主として受け止める訳ですよ。

 そこに苦しみ、悲しみ、様々な思いや感情が渦巻くわけですけど、だからこそ人間であり、人間同士であると。

 うお!『こいこい7』でサイボーグ人間論を語る俺が居る!! 本当にこのままだと‘愛’についても長々と語ってしまいそうなので、ここいらで流れを変えましょう。

 今日の天気は雨。それも天気予報が外れた突然の雨模様。構内では百合カップルズがヲトメちゃんに勉強で分からない事があると質問してきます。一人が亡くなった自分の飼い犬の写真を落とし犬に関する伏線が張られますが、ここでは先ず「公式を覚えてください」公式、つまり計算方法の法則をえてからじゃないと始まらないと言いつつ、自分の飼っていた犬の記憶と写真に興味を抱かないヲトメに対して犬が嫌いなのかな? と考える視点がこの辺りで描かれています。実は、重要な部分ですよね、覚えてからじゃない始まらない。他者の記憶に興味を持たない? あくまで法則にのっとたところから始める…… そんな意味合いこそがヲトメの悲しみ、不幸ですから。

 皆が住む、あのよろし荘(花札を知っている人ならその図版も思い返せるかもしれませんが、正確には「あかよろし」であり‘の’に見えるのは‘可’の崩し文字で「あきらかによろしい」そんな意味でございます)雨に濡れてびしょびしょになって下着まで…… そんな風祭サクヤを玄関で田中哲郎がタオルを用意してまっております。うげ、哲郎の癖に準備良すぎ。更にはお風呂まで沸かしてあると。風邪をひいてしまうから発言は、サイボーグだから風邪をひかないサクヤには失言だったと哲郎が気づく一連のシーンで視聴者としてはサイボーグだった事が分かるのですが。もしかして未放送エピソードがあるんじゃないかと思える話の流れです。

 そこで哲郎ヲトメを迎えに行って欲しいとサクヤに頼まれ、絶対にヲトメを濡らさないようにとも念を押されます。うむ、強引ではあるが普段からコンセントから充電をしているヲトメのこと、濡らすと電気、電源関係でまずいんだろうなぁー等と、継続視聴者としては推察できる展開です。

 二本の傘を持って学校へ向かう哲郎ですが、信号待ちでの妄想は…… あまり意味が無いようにも見えますが、哲郎の中の人泰 勇気さんは‘炉’の人なので、おそらくヲトメちゃんが一番好み、ツボだろうと推測できますので。そう、そんな事が頭に浮かべばこの信号待ち、妄想に耽って渡り損ねる流れも理解できるかも?(無理矢理ですが)

 制服を着用しないで学校に行って良いのかは校則が分からないのと、破ってるだけかも知れないのですが(おそらくは哲郎も濡れてしまった為に制服を乾かしていると思われます。だから後から帰ってくるみんなの為の準備をしていたんだと。…実はお話しの作りとしては上手いんだ!)お! なんと初めてアスカヤヨイ(CV:水樹奈々)と接触を果たす哲郎。今までのすれ違いが嘘のように、雨に濡れながら木の下で上を見上げている?少女に近付き、傘をさし掛けて上げます。すっかり順応している雰囲気で、元来の優しい人柄?を見せるのですが、この辺りは本当に謎が多いです。過去の因縁と現在の状況が意味することは!? アスカヨヨイが哲郎の手に触れますが、その手は冷たい…… これは雨に濡れ続けた為なのか、別の原因があるのかはまだ分からず。自分の傘を渡してその場を逃げるように離れる哲郎ですが…… アスカヨヤイの台詞も気になりますねぇ、ほんと。後、あの制服って中等部らしいね?

 気が付くと迎えに着たのに傘が一本になってしまった事に気づく哲郎。結局二人で一つの傘に入る事になるのですが、レズカップルの事は台詞がエロかったのですが無視しておいて(苦笑) 今回はこのままマジモードですか!? 五光会は宮さまがいないのでだれていますが、とうの宮様は田中哲郎の癖にとヲトメ哲郎の相合傘を見かけて迎えの車内で暴れていますが、五光会の干渉も無く話しは進み、何だか二人はイイ雰囲気?

 ヲトメには理解できない不可解な行動を取るように思える哲郎ですが、この後は実際に見て頂いて皆様でご判断下さいませ。深く考えれば本当に深いですし、どうでもよければどうでも良い話です。が、強引な部分はあるものの、ちゃんと考えているなぁ、記憶メモリー。覚えていること、無理に思い出す必要の無いこと。自然に思い返されること。メモリーが無くとも覚えている、求めてしまう何かが……

 やってくれますね『こいこい7』!! とにかく何だかエエ話でしたよ!!

 こいこい7公式 #こいこい7_04 第1話の感想。 第2話の感想。 第3話の感想

 P.S.サクヤの過去にもかなり重いものがありそうですし、設計したのってもしかして哲郎のオヤジなんですかね!? ヲリエ先生の正体も不明だし。うーん、とにかくまじめに見始めると気になることが多過ぎますよ!!
 トラックバック概要:「不可解です」どうして面白いと感じてしまうのか「不可解です」  ……でも不快じゃないです、深いです。
posted by みやびあきら at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2005夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

こいこい7 第4話 不可解ですオトメちゃんサーガ
Excerpt: ● こいこい7 第4話「美人薄命!?ヲトメちゃんは何を夢みる?です〜」。前回は、「いぬ日記:2005年04月23日(土) こいこい7 第3話 皆さんすっぽんぽんです」で、こいこい7関連リンクを作った..
Weblog: いぬ日記
Tracked: 2005-05-04 00:18