2007年01月17日

1月上旬・中旬頃放送・視聴アニメ感想(新番組含む)その壱

SHUFFLE! MEMORIES 第1話「導入編」第2話「芙蓉楓編 前編」
テレビアニメ「SHUFFLE!」は既に全話視聴済みですけど、今回はただの再編集・総集編では無いと言うことで、結構楽しみにしておりました。

流石に地上波の放送基準からは逸脱は出来ないでしょうから、お見せできないシーンやエピソードも少なくないだろうって事も覚悟済み。
で、第1話はひたすら稟のモノローグであり、正直言って退屈。杉田さんもハチクロ、ハルヒなんかでもひたすらモノローグ声優と化してしまっている気がしてちょいと心配に。

ただ引き出しの数はそう多くない印象でも、その引き出しが大きいと思われますので、そのモノローグを得意?というか、そのスキルが場数をこなす事で上がっているのは間違いないかと。よく聞けばちゃんと演じ分けも出来ていると感じも出来ますし。一つの武器にはなりますが、あまりイメージが固定されるのも痛し痒し。モノローグも含めて需要があるのは間違い無いので、また個人的にはハチクロのモノローグは素晴らしかったし、実は根が変体、変質者な役も上手いと思いますので応援してます。

新OPは「ねぶら」でもおなじみ?ですけど、「YOU」がかなり好きで印象がまだ強い分、ちょっと馴染むのに時間が掛かるかも?逆にED「innocence」は映像も含めて懐かしく感じちゃった。

第2話は今の後藤邑子さんの勢いがあれば、間違いなくメインヒロインの中のメインヒロインとして君臨してもおかしくない芙蓉楓編の前編。OPが楓Ver.であり、歌もあのお方が!!

で、新作カットもあってちょっと期待以上に纏まっていた印象です。
勿論、既に見ているってことで頭の中で振り返ったり、こちらで纏める事も出来た点があるのは否めませんけど、それでもです。

そうか、あんな風に感じていたのかとか。
地上波でも幼児が首を絞めて殺そうとしたり、階上からカッターナイフチキチで、狙いを定めて落としたり……

放送されたよ、おっかさん。

やはり黒い、黒いし、欝なのでメインヒロインとして描くのは難しかったかもなぁと今更ながらに思う。

大分端折られてますので、傘が無いのは、導入編でちらっとあったフェンスに傘が引っかかって取れなくなった伏線が、とか(実際は心情的伏線もあるのですが)あの楓が傘を忘れる? ってのは…… 初見の方にはそこまでキャラを立てられていないからOKか。

EDを見てもかわいいけど、稟くんへの思いが最初は贖罪から始まっている分不利だったのも敗因か。でも今回のシャッフル!メモリーズではきちんとEDがあるそうだし期待しています。

って言うか、俺。買って積んである「Really? Really!」を早く遊べ!!って事ですよ。
封を開けたのにHDDの空き容量が危ういのでインストールしてなかった。けど、増設したんでもう大丈夫な環境に。しかししかし、それ以前からの積みゲーが多くて……

後編見たら遊び始めます。で、次回は第3話は勝ち組「時雨亜沙編 前編」って事で。

パンプキン・シザーズ 第15話「迷走する選択」
迷走しているのはアニメ本編なんじゃないかと感じてしまう自分にはちょっと萎える。
どうにもすっきりとしない話が増え続けていて、評価も大分下げてしまったパンプキンシザーズではありますが、視聴は継続中。

色々と無理があるのは承知ですけど、それを納得させられるだけの説得力が乏しい脚本・演出は今回も健在。ええ話しもあるのになぁ、何と言うか洗練されていない泥臭さが魅力になるし、その逆にも。

成田紗矢香さんも昔に比べ上手くなったとか感じつつ、芝居とはいえ嫌なことするよねオレルド。だからこそ何ですけど、鳥海さん演技の根っこがねちっこくエロイっすよ……

ところで密告した人間を陸情3課で保護しないと危険過ぎやしない?と感じたんですけど、どう?
今までが今までだったのに消される危険性を誰もが全く考えていないような描写。そんな至らない展開が多いのも印象を悪くする一因なのかも?

そんな中、入院中のオーランド伍長の前に現れて如何にも科学者な言葉を投げかけつつ、治療?メンテナンス?をしていたミュゼ・カウプラン(CV:湯屋敦子)がツボなので、活躍させると暗黒面が大きくクローズアップされる事となり、精神的にはキツイ事になるでしょうけど。それでも鍵を握る一人としては期待しまくりなので……

ええ、本当に期待しています。

ひまわりっ!! 第1話「忍者の敵も、また忍者」第2話「草を食らわば、毒までも」
前作は見ていて辛くなったので、全話録画したものの、全てを見ることなく削除してしまいました。

もういいやと感じつつも、何故か今回はちゃんと見てみようといった気の迷いが生じて……
いえね、そんなに話題にもなっていなかったと思うのに2期が放送されるからには何かあるんだろうと。ならばその「何か」を見極めてやろうと……

で、今回はシリアスな展開になるようなのですけど、これが意外と見られるのですよ。ええっ!っと、自分が一番驚いているんですけど、全く期待していなかったこともあってか、実は楽しんでいます。恐ろしいことに演技力が伴ってないなぁ、ひまわりにも慣れた所為でしょうか? 無茶は承知で意外と良いんじゃ?

でもね、2話のもんじゃ焼きやだけどお好み焼き屋のオヤジがあそこであんな事をするのは無茶苦茶過ぎます。真っ当なら敵が解毒薬を手に入れさせない為にとかでしょうけど、どうやってあそこに辿り着きとかをすっ飛ばして。しかも味噌汁オチにはみのさんも吃驚デス。

やはり影山楙倫=杜野幼青監督では下級生2の二の舞三の舞……

でも何だか耐えられそうなので。ぶっちゃけ心が広くなったのか、楽しいと感じられる部分が現時点で上回っているので、今回は最後まで見続けられるんじゃないかな?かな?

Master of Epic The Animation Age 第1話・第2話
ショートショートアニメ集な作りの本作。
ノリはよくある公式アンソロジーコミック、しかも4コマな内容に感じられました。

で、ゲームの販促になるのかな? 完全に元のゲームのファンじゃないと付いていけない部分が多いんじゃないでしょうか?

アニメ特設ファンサイトにはちゃんとサブタイトルが前説を除いて載ってるんですけど……

キャスティングに関してはアフレコ演出の三ツ矢雄二さん人脈のベテラン陣とぶっちゃけラムズなクローバーと金田朋子さんの布陣。えっと、演技力の差があり過ぎて笑えるようで笑えない。

色んな意味で時代を飛び越えすぎな作りに、狙ってやっているのでしょうけど、受けないだろうなぁ。だってギャク、コメディって難しいもの。笑わせるのは難しいよね。

ワラゲ、ワラゲでワラゲッチャーVはラムズあっての企画でしょうね。
ますます色物路線な気がしてきたよ…… ええのん?

GDHを筆頭にGONZO関連はこのままだと危な過ぎます……

がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第1話「学美星人、あらわる」第2話「まっすぐでゴー」
単独記事で感想を書いていたけど、纏めちゃうことに。
えっと自分はロリコンじゃないので、あれで高校生ってのには本気で引きます。せめて小学生とかなら頭で理解できるでしょうけど、狙いすぎなロリ路線は作画などの出来が良い分、マジっ引きです……

何と言うか売れ線狙いなのでしょうし、関連商品を見てもプロデューサーの過去現在に渡る流れから言っても順当な路線。

交通法規とか無視して、とにかく近未来の学園ユートピア計画……

ちなみに予告のBGMと言うか、ジングルはツボです。ええ、本能的に好きだと感じましたね。

とにかく水着にしてもですけど、あれが高校生かよ……
日本的フェチシズムを象徴しているのか! とか妙に過剰に反応してしまいつつも、趣味嗜好と正反対なので全く感じない自分が居るのですけど。今期は更にロリコン強化作品が多いのかとか……

校歌も売れ線狙いだし、商業アニメとして凄く気合の入った、ある意味で正しいアニメ。

キャラソンは買いませんが、サントラは誤って買ってしまいそうな管理人ですが、ufotableは作画に関しては特に不安もありませんし、ちょっとOP・ED岡崎さんですか、そうですか…… 複雑な心境です。

感想を書くことがままならないアニメです。

金色のコルダ 〜primo passo〜 第15話「高鳴る胸のアリア」
毎週楽しみで仕方が無いアニメなんですよ〜♪
ここまで激しくツボに入る作品になろうとは予想もしなかった金色のコルダでございますが、コミックと重なる部分もありつつ、元カノエピソードをさらっと流した印象です。

連載の方だと、過去の女をあのような形で出してくるのは土浦エンドは無いと宣告されたも同然と感じましたが……

アニメだとまだ目はあるかな? かなり下がってるけど。

コーエー作品なので桑島法子さんのキャスティングはありですけど、ゲストとしての役目を終えて…… 終えたんですよね? これ以上拗らせる事は無いと思いつつ、本当は先週の鬼畜フラグ立てエピソードの感想をぎっしりと書く予定が失敗。

男女とも、しかもゲストやサブキャラもしっかりと見せてくれるスタッフの技量に感服しております。

ところでキャスティングはゲストも含めて音響監督の菊田浩巳さん(ちなみに女性ですよ菊田さんは)らしいものになってるんですけど。普段から菊田演出が好きな自分にはコルダはその点から言っても素晴らしいです。

天羽さんと森さんの盛り上がりは面白かったしなぁ。
相変わらず冬海ちゃん萌えな管理人ですが、日野ちゃんの可愛さは高木礼子さんの演技力も加わって撃墜王でっせ、ほんまに。

やべぇ、婚約者候補の高階礼乃(CV:遠藤綾)さんもドツボだったし、俺は何か勢いで大量に買ってしまいそうです(爆)

ちなみに遠藤綾さんは牙のサギリちゃんみたいな幼女から(実はグラウジオもね、男の子)、流星花園の牧野つくし他、役柄幅広いよなぁ。そこはおそらくは業界一恐ろしい、吐くまでトレーニング、レッスン、灰皿飛んでくるぜ!など逸話に事欠かない事で有名な野沢那智さんにしごかれただけはあるって事でしょうか。個人的にゼーガペインのソゴル・ミサキの絶対量が不足している一人としては、もっとレギュラーと台詞が欲しい!!

#シャッフルメモリーズ_01 #シャッフルメモリーズ_02 #パンプキンシザーズ_15 #ひまわり2_01 #ひまわり2_02 #MOE_01 #MOE_02 #まなびストレート_01 #まなびストレート_02 金色のコルダ_15
posted by みやびあきら at 22:00| アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする