2005年04月28日

魔法先生ネギま! 第17話「XVII時間目 Nihil difficile amanti」

 来週は明るい音声記事にしたい!?→ネギま_17.mp3
 赤松さんの日記(2005年4月22日)によれば旧体制最後の回で、作画の乱れが結構あるとの事だが…… 先週は指が6本攻撃を超える攻撃が…… ああ作画も酷かったけどお話も酷かった。脚本も演出も散々だよ、これは。

 この後の極上もかなり先週がやばかったのですが、別の意味でせっかくのお話が台無しになってます。CDの売上に反比例して本編は下がっていますね。結局14話の作画が良かったのは講談社や赤松さんサイドへの誤魔化しであって、説明(言い訳、言い逃れ)用に用いる為に何とかしただけで。その後の惨状は語るのも嫌になるくらい。

 これで次回からどう変わるのか気になりますが、予告を見る限りは普通? 中の下くらいですか? 赤点じゃないだけじゃなぁ。あ、折角の告白話だったのに間が悪いのは何故に!? 空気を読まない子供のちゃちゃは、スタッフ自身の空気の読めなさを表しているかのように、良いシーンをぶち壊し。オッドアイちゃうんか!? とか。観覧車回るの早いし、その動きからはスケール間出てないし、半径小さすぎ!? あかん、あかんがなこんなんじゃ。

 オリコンランキングを賑わす売上の行く先だけは気になるけど、相変わらず不当に制作委員会の企業に搾取されてアニメ制作の現場には降りてきて無いんだろうなぁ、と嘆息するばかりなりよ。アフレコ現場も真っ白なんだろうなぁ、コンテ撮くらいはしてるんだろうけど、その悪い環境が更に未熟な新人声優さんの演技力の足りなさを際立たせる事にも繋がって……

 悪循環は最後まで断ち切れなさそうな、商業的には大成功でも大失敗したアニメとして語り継がれそうですね。でも未練で次回を待ちます。脚本も変わらなくちゃと思いつつですけど……

 TV東京・Anime X-press 魔法先生ネギま! 魔法先生ネギま!麻帆良学園中等部2-A  #ネギま_17
 トラックバック概要:黒歴史にしない為にも語り継いでいかなればならないTVA「魔法先生ネギま!」の悲劇。17話まで見続けた我々は、新布陣による奇跡の目撃者になりえるのでしょうか!?
posted by みやびあきら at 14:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2005夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントに関してなにか書き込みがあったようなのですが
もしかするとご迷惑をおかけしてしまったのでしょうか。
もしそうでしたらすみませんです。

ところで、ネギアニメはこのまま黒歴史ですかねー(TT)

それから、先々週の いいんちょのネギはいかがでしたでしょうか?
原作では訪問するのはアスナ、このか、ネギの3人だけでしたが
アニメでは事情は察しますが後半だけでよかったような・・・。
特に感想がないようでしたらスルーして頂いて下さいませ^^
それでは。
Posted by 米にぎり at 2005年04月28日 19:57
あ、米にぎりさんのコメントでは無いのでご心配なく(^^)
最近は、ライブドアブログに巣食っている一部不心得者からのコメントスパム攻撃で酷い目にあってますけどね。
IPを毎回変えて自動書き込みするんで、防げる時もあるのですが新しい手口で何度となく荒らされています。

委員長の回は感想を書こうと思ったんですけどね。
何故にこんな作画も含めて厳しい状況で、ごちゃごちゃと出演者を増やしたのかの勝手な考察なんですけど……
う〜ん、記事にして上げようか悩みますね。その要因と私が推察する内容も、現在のネギま!の惨状を招いた一つだと感じてるんですけどね。

微妙だぁ〜〜〜。来週から普通になるだけで望みたいのですが、DVDのリテイクだってあるのにどうなることやら。
Posted by みやびあきら at 2005年04月29日 04:09
 TBいつもどうもありがとうございます。
 さて、アニメ「ネギま!」。
 原作ファンとしては、かなりな絶望感を覚えつつ、最終回とその数回前位は「神の作画」と「まともな脚本」になるかもしれないとの想像もあって、結局は最後まで見る事になるのでしょうね。2クールの26話中、駄目な回が5,6回あっても、まあ原作ファンなので「身贔屓」で許しちゃうけど、ここまで酷いと庇い様がありません。許せる回が、今のところ2、3回しかないんですから…。
 「ネギま!」に対する今回の仕打ち。XBECは、少なくとも作画には定評もあり、前作ファフナーも確かにその点では見事だったと、割とファフナー自体には厳しかった自分も認めます。また原作者サイドは、最初からアニメ化を見越したマンガ展開をしてました。声優さん達も、実は要所要所には(中では?)わりと上手い人、慣れた人を配してますし、声優さんの演技の悪さが原因で、見る(聞く)に耐えない回は特にはありませんでした。話だって「普通の脚本家」が、持ちまわり制で「普通に書け」ば、見てて苦痛になる話ではないはずです。
 どうしてこんな酷い事になったか、まるで視聴者には解らないです。それが、尚一層に、ファンの怒りに油を注いでます。
 要するに、今回の事態で「誰か」がファンの事など故意に無視して、ボロイ商売をしてる疑惑を抱いてしまいます。

 こういう事態が常態になると、かつての様に、原作マンガとアニメで、それぞれに良い所があって、お互いに刺激し合いより高めあう。そういう関係は、期待できなくなります。最初からパッケージ化された、「メディア・ミックス」でしか、アニメとマンガ・コミックの関係が構築出来ない様な、異常な状況に、日本の業界は陥っているのでしょうか?。とマクロの面でも、心配になります。
 今後、この様な「寄生虫アニメ」の登場を予防する為に、人気漫画の原作サイドは、アニメ化前に、アニメ製作者をオーデション等で選択するなど、予防手段が必要だと提言したいですね。

 以上、長々と失礼しましたです。
Posted by 読一 at 2005年04月30日 00:46
やはり最後まで見てしまうことになるとは思うのですが、このアニメにお金を出す事は……
甘く見られているんですよね、ほんと。明確な意思表示をしていかないと何で出も繰り返される「喜劇」「茶番劇」となってしまうことでしょう。

とにかく広告代理店を始めとする制作委員会は儲かるし、非難は実作業をしている人間に集中し。
一番恩恵を得ている側には蚊に刺されたほどの痛みも無い気がして、単純に言えば不快です。

それにしても他のアニメよりも格段に儲けているはずのアニメがこれでは……
「恥を知れ」って事でしょうね。
Posted by みやびあきら at 2005年04月30日 17:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

魔法先生ネギま! XVII Nihil difficile amanti  テレ東
Excerpt:  水曜深夜は、地獄の時間。 そんなに、原作ファンの視聴者を虐めておもしろいのか?。  あんなクズみたいなオリジナル話を制作するなら、原作を忠実にアニメ化した方が、ずっと面白いはず。しかも、次週も同じく..
Weblog: 読一のオタク生活25年+
Tracked: 2005-04-29 23:54