2007年03月22日

牙-KIBA- 第50話「永遠の絆」

この期に及んでまだジーコの中の力を追い求める欲望の炎が消えておらず、このアニメの中で屈指の悪人のままだったのは牙らしいと言いましょうか、何と言いましょうか。これでジーコが生き残ったら死んでいったサラを始めとする人たちをどう供養したものかと思うのであった。

来週が最終回ですから、タスカーの復活も秒読み段階。ノアすらタスカーの意思、それはタスカーに取っての真の救世主であるゼッドを器たるに相応しい存在まで鍛え上げる道具に過ぎなかったようで……

ダイアナ様はジーコと違って反省というか責任を取ろうと必死になっていましたが、だからこそ少なくとも今週は死ぬ事が無かったのだろうし。もしも彼女もノアも生き残った場合は、ダイアナノアの事を責任を取らせてくださいと面倒を見続ける…… とかになるのだろうか?

各領域が融合?してまた破壊と再生を繰り返す意味での終焉を迎えようとしている中で、カームがどうなっているのかが分からない辺り、もし万が一にもお話の続きがあるのであれば。未知の領域を舞台に…… カードゲームでは続くのだろうなぁ。そういえばアメリカでの販売や放送って話を聞かないけどどうなんだろう? 北米なりで人気が出てって事がない限り続編は難しいだろう。

モーリマも殺されちゃったし、ミレッドサギリのように救世主候補であったものにも影響が出ている中でゼッドへの影響が少ないことこそタスカーの望む存在の証か。

お約束なんだけどノアゼッドに助けを求める辺りは、彼の命の灯がそう長くないだろうが、助けてほしいなぁ。

今思えば、初期にゼッドがアミルガウルの発現の間は気を失っていたり、言う事を聞かないとかはキースピリットの悪影響を初期段階で本能、またはアミルガウルの方で予防していた結果だったのかもしれない。徐々に慣れさせ、またその力が決して自分の思った通りになるものではない現実を前もって示していたとか。

ロイアも何とか最後の現場に立ち会うことでヒロインとしての弱い立場を保守してますし(^^;) 予告映像からはスピリットたちの暴走?が起こりそう。んで、久しぶりにロベスさまもミッキーも登場。

斑も無駄もあったろうが、ここまで見続けてきた甲斐があったと思える最終回を楽しみにしています。

P.S.アミルガウルはタスカーの中の良心というか、自制する心とかなのかな?

テレビアニメーション「牙」
テレビ東京 公式
テレビアニメ「牙」製作日誌 #牙_50
牙 第3章 永遠の絆 1
神志那弘志 吉野裕行 堀江一眞

牙 第3章 永遠の絆 1
牙 第2章 再会の時 4 牙 第2章 再会の時 3 牙 第2章 再会の時 2 牙 第2章 再会の時 1 牙 第1章 運命の風 4
by G-Tools
ラベル:牙-KIBA- アニメ
posted by みやびあきら at 14:00 | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック