2004年07月27日

マリア様がみてる〜春〜 第4話「WILL」

サブタイにサブタイが付いていましたが、確かにどこの言葉でしょうか?やっぱり誤字?それとも特殊な言い回しなのかな?

さて、今期一番安心して見ていられるアニメな気がするなぁ。リラックスして一番素直に見ていられる。

卒業式を二日後に控え、祐巳ちゃんの心境も複雑ですな。
…感想を書く事の難しさを痛感するなぁ、これは。素直になった自分をさらけ出すのは難しいのだろうか?

何となくあらすじをかいてしまうだけだったので、書き直し。

※何事もなかったかのように。

ロサ・キネンシスも本当はもっと自分自身をさらけ出したかったのでしょうね。
でもそれが出来ないし、やり方すらも良く分からなかった、と。
でもを見ていて羨ましかったのでしょうね。マネをして祐巳ちゃんに(と)色々な事をしてみたようです。
そして遺言と言うのは流石に例え方が微妙ですけど、祥子を託したと……

本当はもっと水野蓉子さまのご活躍を見たかったですね、私。赤薔薇ファミリーの長でありながらも、脇役に徹した姿に花束を。

黄薔薇さまはまっしぐらがあったので(^^; でも由乃さんの認識は三角関係のライバルだったのかよ!
鳥居江利子さまは虫歯だったり、援交疑惑とかそれなりに隠し味くらいにはなっていたのかな?
ロサ・フェティダのお兄ちゃんたちの名前と立場が知りたかったです。うん。

そして、白薔薇さまよ。おそらくはかなりの人気を誇る重要人物。
ロサ・ギガンティア佐藤 聖さまのご活躍はまさに祥子さま以上でございました。
一番頼られて、一番物議を醸し。何より最も美しかったと私は思いますよ、はい。
実は強くて弱い女性でしたが、祐巳ちゃんとの出会いが彼女の新たな人生を切り開いたのですね〜。
キスの要求と言い、とっても美味しゅうございました。是非、御代りさせて下さいまし。

基本的に小笠原家の馬鹿男共や、ホモの生徒会長を除いて嫌いなキャラがいないところがまさに乙女の花園たる所以なのでしょうね。
卒業式も楽しみでございます。あ、ロサ・カニーナ!!

マリア様がみてる〜春〜
「マリア様がみてる」  #マリア様がみてる〜春〜_04
posted by みやびあきら at 05:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック