2007年03月31日

ER-4S ER-4B ER-4P(Etymotic Research エティモティックリサーチ)関連商品

イヤホンとヘッドホンの使用頻度が高い管理人でございますが、一部では大変に有名なEtymotic Research(エティモティックリサーチ)社のER-4Bを最近はもっぱら愛用しています(PCにはMDR−Z900を繋げっぱなしで、ER-4Sは素材によって使い分け)

基本は通常販売価格で一番お買い得と思われるサウンドハウスさんで備品も含めて購入するのですが(ER-4SER-4Bもここで購入しました)最近はAmazonでも普通に買える様になっていますが(ER-4Bだけはマイナーな為に扱ってないのが珠に瑕)賢くありたい消費者とすれば、その販売価格には敏感でありたいもの。

で、ネットや店頭を右往左往しながら現時点での結論はサウンドハウスとアマゾンを有効利用して購入すべきかと。

で、例えばER-4シリーズを使い続けるには必須のER4-50 リプレースメントフィルター6個(AA)などは確認した価格の差が654円もあったりします。安い時は音屋の1500円よりも安く、更に100個セットよりも単価辺りで安く買えたりします。

実際に買えましたし、配送中や出荷準備中のものなども含めておっかな吃驚しながらも買い溜めをどの程度しておくのか為替レートや安いときの理由が週末特価などなのか、在庫が1個になった時に処分価格なのかで悩み中。

ちなみにこの記事を準備している時点では通称グリーンフィルターは残り1個だったりします。売り切れていても安いうちに注文をすれば在庫が入った時には問題なくその価格で出荷されています(本日までに経験として)

赤青モデルから黒モデルになったカナルイヤフォン ER4P-B(AA)も細かい価格は忘れましたがEtymotic Research ER-4S ハイファイ用オーディオイヤホン(AA)より高かったり安かったりで、約2000円ほどふり幅があったり(この記事を上げる時点では在庫1個でした)

価格、送料、ポイントなどなど頭を悩ましつつ、フィルターを贅沢に交換してみようか。それともBとSで地味〜に遣り繰りしようか。3段フランジ、黒スポ使い分けてのER-4生活は続きます。

ER4-50 リプレースメントフィルター6個ER4-50 リプレースメントフィルター6個


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
カナルイヤフォン ER4P-Bカナルイヤフォン ER4P-B


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ER4P-24 4P→4S変換アダプタER4P-24 4P→4S変換アダプタ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ラベル:イヤホン ER-4S
posted by みやびあきら at 21:00 | TrackBack(0) | 趣味のニュース&それ系更新情報? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック