2007年04月07日

2007年春のアニメ新番組感想 その参

精霊の守り人 第1話「女用心棒バルサ」

先行放送もありましたが、第一話の本放送に合わせて視聴&感想開始です。

原作は未読、ラジオドラマも聞いていません。
スタッフに関しては攻殻機動隊S.A.C.の神山健治監督を始めとしたProduction I.Gって事で超期待の一作。

監督のインタビューとかにもありましたが、制作はかなり大変な用であっても、実際にこのクオリティで続けられれば。ぶっちゃけ多少落ちても問題無いくらいに素晴らしく、また個人的に好みでございました。

主人公のバルサ(CV:安藤麻吹)は女用心棒で短槍使いって事で、確かに短い槍なんですが、だからこその利点を生かした戦い方だったなぁ、と関心。安藤さんをキャスティングしている辺りがまたポイント高し。分かっているなぁと思うわけですよ。

ちなみに冒頭の子供達が歌っていた歌と風景に「竜の子太郎」の映画を思い返した自分はちょいレアかも?

峡谷に架かっていた橋なんですが、下々の者達と王族が渡るものとで区別がなされているのかどうかは分かりませんが、少なくとも作りは違いましたし、ああいった所もあの国を象徴しているのかもとか思いつつ、牛車の牛が暴れる前に一つ動きがあったので、それが後で分かる帝による暗殺の勅を受けての事だったのかと取り合えず理解してみた。

最初の飯屋の光景は何となくタイ辺りを連想しましたが、行った事無いのでどうなのかと。丼めしの具が気になりましたが、その後の湯浴み、豪華な食事に寝具の贅沢さなどなど、雲上人な世界の造詣に感服。

で、食事の取り方や、その後の何気ない動きを見てもバルサが礼を知り仁を通しな為人を現している細かさに、これは何度か見返したほうが良い作品だろうとこれまた感服。

結果として巻き込まれた巨大な陰謀ではあるのですが、8つの命の話や、今回が8番目って王道な流れ。水中で謎のシールドみたいなものが張られていた事も精霊の守り人の精霊に関してのことなのでしょうし、とにかく次回からも楽しみにしています。

アナログなBSで見ているのでサイドカットだし、出来ればBlu-ray Discで購入したいなぁ。

風の少女エミリー 第1話「風の少女」

ちょっと半端な時間に放送している気がしますが、それでも全国放送の威力は大きいものでしょう。
モンゴメリの原作は未読、事前に簡単な紹介ミニ番組とか見てましたが、正直視聴ターゲットには入っていない?自分が見るのは辛いかなぁと予想しましたが……

作画回りに魅力が無さ過ぎるのが厳しい。これが名作劇場ならば絵としても魅力があるから見続けれそうなものなのですが、過去の名作劇場作品よりも作画を初めとして劣っているのはどうかと。

実際にプリンス・エドワード島にスタッフが行って取材、ロケハンをしていたと宣伝を見、またその時に写してきた写真もテレビで見、その美しい美術関連も売りだって言ってましたが……

OPが堀江美都子さんだって事と、声優陣が芸達者な方ばかりでって以外は正直微妙。
録画はしておいて、今後見続けるかは保留。
机の下で盗み聞きしてしまった辺りのやり取りは残酷な現実でありながらも物語の導入としては面白いのだけれどもね。キャラの色指定だけでも何とかならなかったのかと、デジタルな塗りがどぎつ過ぎて合いませんがな。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第1話「空への翼」

上層フロアには既に救助者が居ないのが分かっていたんでしょうが、いきなりぶち抜くなのはさんに突っ込みを入れるのはお約束だろう「ディバインバスターかよ!!」

ああ陸戦タイプって事で空を飛べない設定にした事でアクションの見せ方が変わっているのかぁ、とちょい関心。妹が「コンバトラーVみたいなもんでしょ」ってグランダッシャーね、はい。分かりやすいが、そんなこと言われると妙なイメージガ付いてしまうじゃないかよ、と。

あ登場人物の名前が特定の方たちには分かりやすいネーミングでこれまた業の深いお話で(^^;) スバル・ナカジマ(CV:斎藤千和)中島飛行機から富士重工業なのね。飛べなくなったって事なのか、これから飛ぶことがあるのだろうか?

みっくすJUICEを懐かしく感じつつ、安定して見ていられそうなので当たり前のように視聴継続。小林沙苗さんがいないのはちょっと悲しいけどね。

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 第1話「契約の星は流れた…(前編)」

うげ、こいつはこれまた攻略のし甲斐があるアニメだこと。
岡村天斎監督作品は毎回注目に値するだけのものになる事が多いと個人的には感じていますが、偽りの空(星空)でメシエ天体が基本だけどNGCもなのか?

物体Oとかじゃなくて、いきなり世界に異常な事が起きて、覆い隠すように巨大な壁を作っていたりとか。契約者の能力に対価が必要とか、まさに星の数ほどのギミックを仕込めまくれそうなスケールを持っているアニメって印象。

ふと主人公の対価が何かと考えたら、今後も天体望遠鏡を持ち歩くのならば偽りの天体観測。それとも引越し、契約者を殺す、黒だから全契約者を殺して空の星を全て流して、黒の空にするとか色々と妄想できそう。

契約者と接触した一般人は記憶消去措置を取っているようですけど、実際問題流星じゃないのに空の星が流れてしまう空を観測している人間は世間的にはどう認識されているのだろうか? 刑事達が公園で天体望遠鏡を認識していたとは思うのですが、空が偽物って事は星が流れることから認知されているとして、噂話としての契約者の話云々。う〜ん気になることだらけ。

ゲートがどうかとか、もう一度二度見返してじっくり感想を書きたいけど、そうこうしているうちに2話、3話と進んでしまいそうです。

あ、女の子は水で繋がっているところに干渉、観測できるってあたりでしょうか。

#精霊の守り人_01 #風の少女エミリー_01 #魔法少女リリカルなのはストライカーズ_01 #ダーカーザンブラック_01
posted by みやびあきら at 19:00 | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック