2005年05月23日

英國戀物語エマ 第八章「時計」

 嫌な予感はしていたんですよ、あの階段で足を痛めて以降…… ケリーさん……   音声記事……エマ_08.mp3

 Aパートでアルが自分なりの気の使い方をしているのがよく分った。彼は人付き合い的に不器用に思えるかもしれないが、十分に紳士です。手紙を受け取ったエマの事もそれなりに気が付いてますし。ストウナー夫人の時計に纏わる演出はドキっとしました。その巻きが… つまり調子が悪い辺りの流れはサブタイトルと相まって何かが起こる事を予感させます。時計屋の主人の悪気は無いんだけどの台詞。私の母方の祖母も階段で転んで怪我をして間も無く亡くなったので、実際にある事とは言え厳しいなぁ……

 ハキムエマの事を言っていたのでしょうが、そこはグレイスに上手く話を切り替えていますね。海千山千な彼をも虜にしたエマが凄いのは分りますが、彼女の魅力に気付かない馬鹿が多いんじゃよ。そしてエマへの手紙で父親を説得する旨を伝えたものの、行動を起こさないウィリアムの重い腰を上げさせる為に引っ叩いたかのような一言「エマ…」それ以上は語らずに沈黙を守る彼は男だね。ここまで筋を通す男とは最初は思っていませんでしたよ、ごめんなさいね。

 結果、父親に伝える前に妹、弟に話すことになりましたが結果オーライ。メイドだって良いじゃない! てのは極めて今だから言える…… いや日本だから言えるんだろうね(江戸時代とかの将軍様のお世継ぎ話何かを調べると英国よりも極めて大らかですよね)けっぱれウィリアム!! だけど父親に言われる言われる。完全に一方的に言われまくってますね。反撃は全く効果無いですね…… 管理人はここで父親のリチャード・ジョーンズの中の人、野島昭生さんの息子さん二人のうちエマに出ていない弟さんのあの話が頭に浮かんでしまいました(爆) ねぇ、知ってる人は浮かぶよね!?

 話を戻して、エマの事は全てお見通しとばかりにウィリアムとの事を聞き、思いやるケリーさんの姿は本当に自愛に満ちた優しさを持ってエマを包んできたんだなぁと感じ入ります。でもエマも無理な話と諦めている(実際は僅かな希望は持っているとは思うんですよ。けれど乗り越える障害があまりに……)ように語る姿は痛々しい。そして更なる決心をしたと言うか、悟って覚悟したのででしょうケリーさんは。

 Bパート。アルエマの事を話し、力になってと託す思いの強さ如何ばかりか!! もう自分の死期を悟って、これからのエマの力になれない事を理解した上で、本当に困難を伴う事をアルに託すケリーの姿は胸を打ちます。アルは信頼に値する男、紳士ですからね。もう彼しかいないのですよね、ほんと。

 時計の修理が上がって来ると同時にケリーの時が止まるなんて、なんて演出をしてくれやがりますか。嗚呼、もうですか? 早いですよ! ここで泣きたくもなるけど、俺はまだ泣かない我慢した。正確には我慢も何も、あまりに突然の出来事に予想はしていた展開とは言え、衝撃が大きすぎて泣く事も出来なかったのが正解。医者を呼びに飛び出したアルは間に合わないのですよね、悲しいなぁ。

 原作の連載が続いている中で(未読です)アニメ版はどこに終わりを見つけて着地するのでしょうか? 本当に丁寧に作られた作品であり、関わった人たちの「愛」が伝わってくる名作ですね。作品を愛していないと出来ないですよ、こんな良い仕事は。

 英國戀物語エマ公式 TE-A room : エマ放送協會 #エマ_08 1話の感想2話の感想3話の感想4話の感想
 トラックバック概要:「あのエマが好きになったのよ、エマの力になってあげて……」ケリーさんのエマに対する思いの深さが伝わってきて…… アルの優しさを知っているからこその言葉でしたね。その後はただただもう……
posted by みやびあきら at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 放送終了アニメ感想〜2005夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

英國戀物語エマ 第08話
Excerpt: 総 ★★★★☆ 喜 ★☆☆☆☆ 怒 ★★★☆☆ 哀 ★★★★★ 楽 ★☆☆☆☆ ◆ エマの力になってあげて 「あのエマが好きになったのよ?エマの力になってあげて、、、」 ヤヴァイフラグたった!..
Weblog: メヰドさんがみている
Tracked: 2005-05-23 16:43

【感想】『英國戀物語エマ』第八章〜時計〜
Excerpt:  「あのエマが好きになったのよ」  この、何の変哲もないケリー(CV:中西 妙子)の台詞は、自分の胸に深く突き刺さりました。  ほんの少し、本当にほんの少しだけ
Weblog: 『遍在 -omnipresence-』
Tracked: 2005-05-25 20:39