2007年04月11日

2007年春のアニメ新番組感想 その五

まだまだ続くアニメ新番組。気が付けば2週目突入してるけど、まだ控えてるし〜〜。

一騎当千 Dragon Destiny 第1話「第壱話 龍魂胎動」第2話「第弐話 魔王覚醒

原作は単行本で既読。連載は不定期にチェック。前作のDVDはぽちぽち購入。
第壱話に関してはオリジナル要素が多く、第弐話からは原作ベースで進んでいますね。

さて今回の主人公は「蜀」成都学園の劉備玄徳(CV:真堂圭)関羽雲長(CV:生天目仁美)張飛益徳(CV:茅原実里)のはずなので。ぶっちゃけ関羽が主人公だと言って過言ではなく。前作の主人公はそんなに見せ場は無いはず。いや無くても良いのだけど(爆)

呉側の見せ場は呂蒙子明(CV:甲斐田裕子)に任せるとして、さてさて今回はどうなることかと。ってDVDを本編を見る前に予約した俺としては、正直あんまり面白くなくて残念無念。

アニメならではの部分に期待していたんだけど、ここまではどうにも不足し過ぎ。ラジオを聞いてもいるけど、生天目さんとか分かってるキャストに関しては良いのだけれど、そうでない方は演技的にもだけど、役作りとしてどうなのかと。まだまだこれからなんだけど、諸葛亮孔明(CV:門脇舞以)と趙雲子龍(CV:浅川悠)の参戦を控えてもいる事ですし、今は耐えよう。

ところで一部キャストの変更があるんですけど、ご夫婦でってダメなのか?とか思ったりして。

あ、規制されている部分はDVD待ちですね。
一騎当千DragonDestiny 第壱巻
一騎当千DragonDestiny 第壱巻
塩崎雄二 大畑晃一 浅野真澄

関連商品
一騎当千DragonDestiny 第弐巻
一騎当千DragonDestiny 第参巻
一騎当千DragonDestiny 第四巻
一騎当千DragonDestiny 第五巻
一騎当千DragonDestiny 第六巻
by G-Tools

ぼくらの 第1話「ゲーム」

原作は未読。新連載が始まったと聞いて以降何度か読むべきか単行本を購入すべきか悩みましたが…… 基本、きっつい話は苦手な人間なので、噂を聞くだけでも戦々恐々……

なるたるもでしたが、一体どんな酷いことが、何人死ぬのかと怯えながら見続けることになりそうです。ってもう自棄な怖いもの見たさで痛みに耐えるしかないのか。といっても、テレビ放送な分マイルドになっているのでしょうね。

OPテーマソングとEDテーマソングは石川智晶さんが歌う「アンインストール」「Little Bird」「アンインストール」「Little Bird」あまなつAdhover 「アンインストール」「Little Bird」(AA) アンインストール出来ない、削除なんて出来ないんだろうなぁと既にOPを見ながら悲痛な気持ちになる。歌詞を確認する為に録画を見返しましたが…… これは来るものがあるなぁ。

登場人物も多く、キャスティングされている声優さんも人数分いるんですけどそれぞれ中々に個性的な部分を持っていて期待できます。でもどんどん死んでいくのだろうしで、もうそういった目で見てしまう。

提供バックの女の子達の水着姿のカットなんかにはだまされないぞ!!(苦笑)

いきなりのゲームへの参加、契約。
気になったのは参加登録していないカナ(CV:阿澄佳奈)の席、椅子があったんですけどどうなってるの!?

ココペリ(CV:東地宏樹)と名乗る、洞窟でゲームを作っていたと言う謎の男。15人だから15体の敵なのか、それとも15体の敵だから仕組まれる形で15人が誘い込まれたのか? でも14人しか登録しなかったから、だからココペリが最初に操縦することになったってことか?

妹をいじめているかのような兄、ウシロ(CV:皆川純子)の判断は結果として良かったと思ったのに、EDとかを見ても……

逆に嫌な予感がして参加を躊躇ったマチ(CV:三瓶由布子)を考え無しで登録させてしまったワク(CV:阪口大助)は……

全高500メートルってまさに山のような高さなんですけど、周囲の人間にはその戦いの衝撃、振動、光などは伝わっていたようですが、その姿が見えていたのかどうか?

地球を救う戦いって事でしたけど、あの敵の弱点の中には何が入っているのかとか、そもそもその存在や意味が分からないモノ、コトだらけ。

期待の一作ですが、神経を磨り減らして見ることにもなりそうです。

地球へ… 第1話  section01「目覚めの日」

原作は既読、ただ小さい頃に読んだのでかなり記憶が曖昧で、過去のアニメ版と混じったりなんだりで、自分よりも最近読んだ妹話していると混乱してくる部分があったり。とにかく名作ですよ「地球へ…」は間違いなく。

ダ・カーポが歌った「地球へ…」と「愛の惑星(プラネット)」は大変な名曲だと思ってるんですけど、聴いたことがある方はどう思いますか?

ちなみにタイアップなテーマソングはOP、EDともにワンフレーズもメロディの一部であっても頭に残っていない自分に恐怖した(^^;)

さて本編はかなりの好感触、好印象を持って見ることが出来ました。
主人公のジョミー・マーキス・シン(CV:斎賀みつき)に関しては、演じている斎賀さんのインタビューとか見てましたけど、ああジョミーだと思えたのが素直に感動。

一番人気はソルジャー・ブルー(CV:杉田智和)であるのは過去も現在も変わらないとは思うのですが、それでもジョミー・マーキス・シンに頑張ってもらわないと。

完全に管理された未来の社会。
非常に古典SFな世界観ではあるのですが、それでもこう改めて見ると、今でも通用するだけのものがある。最初はどうして今になって「地球へ…」をアニメ化するんだろう?と思いましたが。実際これからどうなるかはともかくとして、何だかその辺りに関しては納得できるものがありました。今だからこそ「地球へ…」なのだと。

今回、初めて「地球へ…」へ触れる方にも何かを残せる、それが善きもの、大きなもになる事を願いつつ期待して見続けます。

アイドルマスター XENOGLOSSIA 第1話「上京ペンギン」

原作ゲームは遊んだことないのですが、そうであってもアイドルマスターである意味は、資金的なものくらいしか見えてこない気がしました、正直。

よく見る原案作品の絵に関しても窪岡俊之さんのデザインが好きな自分としては名残くらい…… な、無い気がする!(苦笑)

舞-HiMEスタッフのオリジナル企画に何とかアイドルマスター要素を組み込んでアニメにしましたと割り切れれば良し。そうでないと原案だからとてどうにも腑に落ちない部分が拭えない。

実際問題、至極堅実に作られており気になる要素、好きな要素も多く感じられた第1話。どうして人型ロボットで隕石破壊なのか。しかも月が砕けている模様といったかなりヤバイ状況。

月が無いんじゃ、軌道のずれや潮汐力はどうなっている!? とも思いましたが。ロボが重力をコントロールしてるしで、あの世界は重力をコントロールする技術があるのね。まぁそれならば何とかなる?!?!?

作画も舞-HiMEなどで見慣れた感じだし、自分の人生のターニングポイントを与えてくれた役者さん、中多和宏さんが出演されているだけで見続ける意味が生まれていますし。

ただ不信感を持たれる様な事があったことに関しては、それが将来への大きな負債になりかねないのではと、企画の立ち上げ方などなどに関してはもっと慎重になっていただければと願うばかりです。

やっぱお金の問題かと、ふと考えちゃうし。
で、敵は誰っすか?
B000P28KT6アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)
矢立肇 長井龍雪 井口裕香

バンダイビジュアル 2007-07-27
売り上げランキング : 239

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
#一騎当千2_01 #一騎当千2_02 #ぼくらの_01 #地球へ_01 #アイドルマスターゼノグラシア_01
ぼくらの 1 (1)ぼくらの 1 (1)
鬼頭 莫宏

ぼくらの 2 (2) ぼくらの 3 (3) ぼくらの 4 (4) ぼくらの 5 (5) ぼくらの 6 (6)

by G-Tools
posted by みやびあきら at 20:00 | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック