2007年04月14日

2007年春のアニメ新番組感想 その七

ついに溜まり始めたよ……
来週には追いつく勢いで、生き老いで……

かみちゃまかりん 第1話「花鈴ちゃんのふしぎな指輪だしー」第2話「花鈴ちゃん、かみちゃまに変神だしー」

「愛のエクサルシス」を見た瞬間に切らなかった俺は予想以上にタフだったのか!!

色々とコメントに窮するなかよしアニメ。
音響監督が明田川進さんなので、そういった意味では中原麻衣さんが主人公なのはミルモでポンな流れか。

じゃなくて、1話を乗り越えれば2話を見るのはちょっと楽になれる…… なれた気がする。
子供向けだからってこれで良いのかと問われても頭が付いていけないのだが(おいおい)それでもまぁかみちゃまだから仕方が無いのだろうか?

1話ではあれほど大切にしていた母親が残した指輪をあっさり壊してでもって選択をした時には正直「それはアリなのか!」と思ったが。普段はほんとダメな娘なのな。

サテライトも色んなジャンルに挑戦しているようだけど、正直不安。
九条姫香のキャラと中の人、下屋則子さん声を頼りに見続けることにしました。

風のスティグマ 第1話「風の帰還」

原作は未読。でもイベントには行って来た人間でございます。

さてさて忌憚の無い書き方をすれば1990年前後、数年のテイストなアニメ?って感じでしょうか。
ちょい不安だった色使いに関してはやはり損をしている気がしますが、炎をどう見せるのか?とかいった意味では派手な方がキャラが埋もれなくて良いのかもしれません。って言うか、海外テイストな色使いです。

えっと木氏沙織さんが歌うOPテーマソング「blast of wind」はテレビで聞くと何だか今ひとつ。あれ?生で聞いた時はもっと力強くてエエ歌だったのに!?と混乱。淡々と歌うよりも気合入れたほうが良いと思うのね。ちょっと勿体無い、損してるよ。

う〜ん、生歌と印象がここまで違うのも凄いな。

EDテーマソング「ひとりきりの空」の作曲が新居昭乃さんでファンとしては驚きつつ、そうかそうなのねと妙に納得。

……本編の感想を書いていませんね。
主人公の八神和麻(CV:小野大輔)は、生い立ちに苦労あれども正直酷い人間だって印象。随分と擦れた、ぐれた、結果として捻くれた人間になっちゃったのね、馬鹿強だけど。

ヒロインの神凪綾乃 (CV:藤村歩)は、まだその性格やキャラの立ち方が分かりませんでした。
キャスティングに関しては、てらそままさきさんとか、小山力也さんとか、かなり良いのですけど。キャラクター自体の魅力が薄いのが残念。

宗家の前で申し開きをする人間が正装してないとか、神凪家の人間は炎術さえ極めれば、強ければ他はどんなに人としてダメでも構わない方針のようで…… とにかく、言動に問題のある人が多いのさ。

馬鹿にされていた側が実は復讐しているようにも見えたしで……

まぁこれからですかね?

怪物王女 第1話「蘇生王女」

ふふん。怪物ランドの後継者争いですかね?

ふふん。フランドル(CV:河原木志穂)ちっちゃなメイドさんなフランケンシュタインなので、フンガーなのね。可愛いから許す。ちゅか、リアカー丈夫過ぎとか、信号や電線に引っかからないのかよ! 以前にスポーク曲がったのに直せるのか! 以前に、河原木さんの演技が可愛いから許しちゃうことにした。

でもアクションシーンが動いてない、動かせないのはかなり不安。

もう紗和々(CV:皆口裕子)おねえちゃんは、皆口ボイスで全てを納得させる勢いって事で。巨乳の天然ボケメイドさんがどうかよりも、まぁキャラ立ってる立ってる。弟死んでるってば!って気が付いてないようだし、まぁ気にしそうにないか!?

でも寝る時も着替えないであの格好のままなのは問題あるというか、サービス悪いぞ〜〜〜

ヒロ(CV:大浦冬華)はあの高さから鉄骨が落ちてきたらもっと潰れて大変な…… なんで工事の敷地外で吊り上げてたんだ? って事じゃなくて〜〜 大浦さんが珍しい役を演じてられるのでそこに注目か。日和見日郎日和見紗和々のネーミングに関してはざわわから濁点取った……

肝心要の(CV:川澄綾子)ですが、ふふん。そう「ふふん」の使いどころは難しいでしょうね。そういえば怪物くんが人間界に来た理由って何だったけ?と思いつつ、怪物王女の怪物らしさがアニメで表現できるのが心配です。

今後、お約束のドラキュラと狼男ポジションのキャラの投入を楽しみにしつつ、VVVの破壊力の後に放送するハンデ(苦笑)を克服していただきたいです。

英國戀物語エマ 第二幕 第0話「幕間」

第一期で凄く好きになって、原作も一部読んだのですが。って何で一部なのかは、ネタバレになるから書きませんが自分的に精神的に結構くる展開があったのでそこで立ち止まってしまいましたって事で。

あくまで総集編なので、懐かしく思い返しつつ……
それでも新作部分はちょっといい感じでしたよん。

スタッフの作品に対する愛情を本当に感じられる良作なので、この第二期できっちりと終わらせてくれると信じて、次回から楽しみにしております。

ウエルベールの物語 〜Sisters of Wellber〜 第1話「始まりの章」

どんなエロゲーな始まりよ!? ってダークロウズな展開…… にはならなかった謎の新作アニメの登場です。

いきなり戦争回避の為? 夜中にお忍びで怪しげないやらしそう王子が姫を尋ねてきたら。なんだかえっと、えっと…… ああ地上波で久しぶりに乳首を見たよ、女性の(公式サイトでも確認できるけど)

急展開ではありますが、兄の王子の言葉を聞けば、戦争回避の為に王女の操を差し出しましたって事かよ、王様!!!

まぁそういうの大嫌いなんで、如何なものかとは思いましたが。
事を致す前に、なぜかリタ・シオール(CV:高橋美佳子)姫が短剣で指しちゃってたけどさ。しかも自分の意思ではないような感じで。

まぁもう一人の主人公らしい女盗賊のティナ・ローター(CV:竹内順子)も初登場カットはいたしました後な雰囲気。少なくともそういう関係ですよ〜、な登場だったし。中途半端な事は致しません。大人なら大人な関係も当然ですな描き方や善し。

どうしてグリーダムに王からの親書を届ければ戦争回避の切り札となるのかが全くの謎なんですが。あの距離を期限まで追っ手が来るは、近隣諸国全土でお尋ね者な姫の運命や如何に!?

いがいと面白くなりそうなので、関東では東京MXだけなんですが、見られる方は今からでもどうでしょうか?

#かみちゃまかりん_01 #かみちゃまかりん_02 #風のスティグマ_01 #怪物王女_01 #エマ2_00 #ウエルベールの物語_01
posted by みやびあきら at 20:00 | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック