2007年05月04日

獣装機攻ダンクーガ ノヴァ 第11話「MISSION-11 粉砕?龍牙島!」

今週は放送がお休みでしたが、もう11話まで来ており次回が最終回だって……

ガンドールドラゴンズハイブも遂に発進! カタルシスも何も無く淡々と進んだ。

その前にRダイガンと合体してダンクーガ ノヴァ マックスゴッドモードになったんだけど、予想の範囲内だし、盛り上がらない展開に淡々と視聴。

なんだろうか絵コンテと演出なんかは今回色々と頑張っていたと思うんですけど、正直、今の視聴者層のニーズに合致しない物語が、ぶっちゃけ脚本が巨大合体ロボットものとしてだけでなく、テレビアニメーションとして話題にもならない空気アニメ街道を行脚中って感じです。

自分は首藤さんの書いた小説も買って読んでますし、過去の代表作として挙がるアニメも好きなんですけど、どうにもダンクーガノヴァは面白いとは感じられない日々が続いています。

ところがどっこい生きてやる的な何かが無いと言いますか、キャラもお話も冷めてるよなぁ。生命力が足りないところが致命的かも。

1クールアニメで首藤作品のジャーナリストと言えば彼女なイザベル・クロンカイトを出しても嵌りきらない半端なことに。キリーいないし、何とかして全世界に中継するって事にもならないし。もしかしたら最終回でこれがダンクーガだ!と全世界同時中継とかあるかも知れませんけど、どうでしょうかそんな余裕が残されているんでしょうか。

地球のWILLと人類にとって敵となっている月のWILL。
ネタバレも一気に進んだけど、まぁどっちも勝たないように戦争、紛争に介入している姿を見せ続けている間に月のWILLの不信も高まってそうだしなぁ。

「やってやるぜ!!」と最後にF.S.に言わせるのか?

そういえば田中さんの元奥さんの目がエロ〜い描き方になっていて、性欲を持て余した…… 人が居たかも? いや、ちょっとあれは中々個性溢れる原画で個人的にインパクト大きかったです。

中原茂さんも出てくれれば良かったんですけど、塩沢さんが亡くなっている現実の大きさをつくづく思い知らされましたよ。

このままだと一番衝撃が大きかったのが「鳥の歌」のCM映像になってしまいかねない気もしますが、このままで終わらせないで欲しいです。でも2体の敵ロボとかの描写がGダンガイオーでのそっくりなシーンの足元にも及ばない軽さだったしなぁ、もうダメかも。

獣装機攻ダンクーガ ノヴァ公式サイト
獣装機攻 ダンクーガノヴァ(葦プロダクション)
DANCOUGA NOVA STAFF BLOG
獣装機攻ダンクーガノヴァ(アニマックス番組詳細)  #ダンクーガノヴァ_11
posted by みやびあきら at 17:00 | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック