2007年05月04日

爆丸 バトルブローラーズ 第5話「憎いあンちくしょう」

ここまで欠かさず見ているんですけど、正直3話で微妙な印象を強くし、4話の内容で切ろうかとも考えたんですが切らなくて正解だったかも。

未だに主人公のダン空操弾馬(くうそうだんま CV:小林ゆう)への評価はちょっとここが堪え所期間中なんですけど、他のブローラーズのメンバーに期待を持ち続けているので、今回ようやく他のメンバーのお当番回が回ってきたことにより視聴意欲が息を吹き返しましたってば。

バトルブローラーズの中でダンの次に話す爆丸を手に入れていたルノ美崎流乃(みさきるの CV:仙台エリ)の戦い方は今までで最もしっかりした力任せで無い、爆丸の事を考えたものであり高感度もそりゃあ上がりますって。

いつもはネットでビデオチャットしているだけだった為かお互いの住む場所も知らないで、実は隣町同士だったとかだったりなのは、中々セキュリティ意識が高くて子供達向けとして実はこれこそが安易でないけどお約束の展開だったのかも。

自分、不器用ですからの定番台詞を話すルノの話す爆丸、ティグレス(CV:斧アツシ)は良いパートナーに巡り会えたものです。

バトル当初は相手も、ダンドラゴ(CV:藤原啓治)ティグレスもその意図を理解出来なくて、変わったほうがみたいな所から一気に評価を上げる戦い方。しかも協調性の意味を訴える連携に感心。

虎と竜で竜虎な爆丸ですので、次回はダンとルノが一緒に戦うってのでこれまた楽しみにもなります。

焼肉エピソードでもあったのでミノ、タンでルノダンとの名前ネタを押し通す潔さにも感心。

でもルノのママの小学校入学の時と思われる写真と、そうなら5年後の体積の違いに愕然としつつ。ルノも気を抜くと…… いや、考えないでおこうや(苦笑)

多分、第1話でダンの母親が運動してスタイルの維持に余念が無いのに対して繋がっているところだったと感じておりますし。さり気無く色々と対比演出が散りばめられているんじゃないかと思いますよ。

ちなみに仙台エリさんは花丸。
このアニメキャスト的にもなかなか面白いところがあると思うんですよ。個人的にフェニックスの鈴鹿千春さんにもかなり期待しています。登場はまだ先だと思うんですけどね。

テレビ東京・あにてれ 爆丸 バトルブローラーズ
爆丸 BAKUGAN|セガトイズ #BAKUGAN_05
posted by みやびあきら at 18:00 | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック