2004年08月04日

陸奥圓明流外伝 修羅の刻 第18話「龍の化身」

修羅の刻よりは龍馬の刻なお話ですが。陸奥出海は積極的にその力を使う鬼なので、暫くはこんな感じで龍馬と関わっていきます。

しかし、結構史実を元に脚色して見せていますね〜。私は好きですこういうの。
史実といっても真実かどうかは分らないのですが、最近になって発見された資料なんかも参考にしているのかな?

やはり時代劇というジャンルであれば、規制にとなる部分の判断が変わってくるのか、通常のテレビ東京のアニメより見せていると感じられます。

悪い所も特に目立たずに、かと言って飛びぬけて良い部分も見えないが、それでも見てしまうアニメになっている気がします。
何話くらい龍馬編を見せてくれるのかなぁ、それにしても。

TV東京・Anime X-press 陸奥圓明流外伝 修羅の刻  #修羅の刻_18
posted by みやびあきら at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック