2005年06月08日

英國戀物語エマ 第十章「すれ違い」

 ←自分で聞いていて恥ずかしい内容ですね、機械音声であっても(^^;)

 ああどうなっちゃうんだろうね、これは。
 思うところが有り過ぎて上手く書けませんが、ちょこっと書いちゃいましょう。

 ヴィヴィアンはハキムに興味津々みたいですが、ハキムは掴めない部分が多いんだけど筋は通す大人の男性です、ジェントルマンですな。目が良いのには「そう来ましたか」とか思いましたがエマさんがジョーンズ家のお屋敷にやって来るまでの心の中の葛藤を考えると…… 胸が締め付けられました。考えに考え抜いてやって来たんだろうけど、来てどうなるのかはエマ本人にも分かっていないんでしょうね、勿論。

 スティーブンスを執事の鑑と今回も痛感しつつ(執事好き♪)ハキムが正装して現れたのには礼節を知る人物として株が上がる上がる。でもジェントリの方々にとってエマはメイド、兄を誑かした下賎の女。そもそも階級差は埋められる物では無い大前提がありますからね、散散だ。そして多分ヴィヴィの中の人の水橋かおりさんが自分のサイトで書いていた事って、今回の台詞なんだろうね…… いやその前の会談を滑る降りるシーンなんて吹っ飛ぶよね、あの物言いは。

 ウィリアムだからエマさんを諦める事が出来る。逆を言えばウィリアムが諦めるのであれば自分は諦めないと言ってるようなものなんですが、エマさんもその言葉の真意に気づいているんでしょうかね? そもそもハキムウィリアムがそんな男では無いと信じている感じがしますし、彼の心のうちも複雑です。だからこその怠惰な日々描写なのでしょうよ。

 ええ待ち伏せの行きつけの店でケリーさんが亡くなった事を聞いたウィリアムですが、株が上がったり下がったりで困ったものです。ちゃんとエレノアに伝えようとしてた事は前回良い点だったのですが、タイミングの悪さは折り紙付きかと。サブタイトル通りにすれ違いまくりだったので、今回屋敷前で出会えるとは思ってませんでした。

 若さゆえの衝動、行動ですが玄関前で抱擁しちゃうのは一般的アニメなら超感動のHappyEndへ向けたシーンになりそうなものですが、本作においては拗れる拗れる。己オヤジめ! ウィリアムを殴った事は当主として立場として分かりますが、エマさんにぶつけた言葉。礼節を保ってるようでその内容はかなりの酷さ、惨い仕打ちです。だからこそエマさんがショックを受けてそのまま逃げ出すように駆け出したのが痛いくらいに分かります。エマさんは我々やウィリアムハキムにとっては素晴らしい女性、レディ、淑女なのですが。が、ジェントリからすればレディでもなんでもないですから、同じ人間としてすら扱って貰っていません……

 で、何でウィリアムは追いかけるのを諦めちゃいますか? 心臓が破裂するまで走れよ! 見損なったぜ……

 アルの家にしか帰り着くことが出来なかったエマですが、ハキムとの会話や次週の予告映像…… 何だか思いっきり嫌な予感がします。もう俺の苦手な話が描かれそうで…… うわぁどうしよう来週は直視できないかもしれない。この作品ってどう終るんだろうか!? 甘い夢は見ない方向で厳しい展開も覚悟の上で見続けます、はい。

 英國戀物語エマ公式 TE-A room : エマ放送協會 #エマ_10 1話の感想2話の感想3話の感想4話の感想8話の感想
 トラックバック概要:エレノアも悪い子じゃないし、魅力的な恋する娘さんなんですが。が、2人の間の障害の一つにはなってしまっています。
posted by みやびあきら at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 放送終了アニメ感想〜2005夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

英国戀物語 エマ
Excerpt: 前回のエンディング後、出てきた猫と同じ通りに エマは、入っていきましたね。 あれは、今回の布石だったのでしょう。
Weblog: ゼロから
Tracked: 2005-06-08 06:22

【感想】『英國戀物語エマ』第十章〜すれ違い〜
Excerpt:  リチャード(CV:野島 昭生)はもちろんのこと、グレイス(CV:大原 さやか)達妹弟や、フランシス(CV:田上 由希子)やメアリー(CV:遠藤 綾)達使用人の
Weblog: 『遍在 -omnipresence-』
Tracked: 2005-06-08 20:39