2004年08月09日

マリア様がみてる〜春〜 第6話「片手だけつないで」

ロサ・ギガンティア佐藤 聖さまと藤堂志摩子さんの出会い、そしてスール(姉妹)となるまでのお話。
白薔薇姉妹誕生秘話とでも言えましょうか。

なんとまぁ、はっきり言って一目惚れ。出会った瞬間にフォ〜リンラヴ。互いに惹かれあう魂の邂逅は必然の理。

このように昂ぶったロサ・ギガンティアを見る事は稀な事なので、それだけの衝撃を与えてしまったのですね、志摩子さんが。
しかも、その状況を冷静に察して自分達のペースに持っていってしまうロサ・キネンシスロサ・フェティダ
…く、食わせ者だ〜〜〜〜!!

でも第一期から見ていないと分からないよね。それか原作を読んでいないと理解するのは無理だよね。
だって今回の状況があって、第一期の第1話に繋がっていくのが正しい時間的な流れな訳ですし。って名前が出てきても1期の11話を見ていないと意味不明でしょうし。

でも、祐巳ちゃんの存在感が全く無かった頃は結構殺伐とした雰囲気に見えてしまう山百合会です(苦笑)
祥子さまよりさまの私としては、妹を奪い合う?あのやり取りは見応えがありました。でもこの状況も蓉子さまと江利子さまの思惑の範疇なのでしょうね。どっちに転んでも良かったみたいだし。

嗚呼、マリみては殺伐とした心持の時の清涼剤だな。汚れちまった悲しみに今日もマリみて見て和む。

マリア様がみてる〜春〜
「マリア様がみてる」  #マリア様がみてる〜春〜_06
posted by みやびあきら at 15:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック