2007年05月30日

ぼくらの 第8話「復讐」

見ていて苦しかったなぁ。チズって一人の少女にかなり感情移入していた感じです。

ここまで原作を未読で見てまいりましたが、まとめて注文を出していた原作単行本がAmazonのステータスで発送準備中になっておりますので……(この記事を投稿した時点で既刊分6冊はすべて在庫ありになってました) 出来れば最終回まで読まずにとは思うのですが、我慢できないでしょうね。でもきっと読んだらダメージを受けるんだろうなぁ、どう考えても一番苦手とするエピソードがこのチズに関する事だと思うもの。

さて、鬼畜、淫行、盗撮、二股姉妹丼、その他諸々教師、畑飼への憤りはチズをそんな外道性犯罪者への復讐に駆り立てる訳ですが。

何と言うかそこで潰れて死んでいるカコの存在意味は本当に今回消し飛んだに等しいなぁ。モノ扱いに近かったけど、コエムシが崩れた水族館に戻したってことか。後で回収されて、普通に巻き込まれた為に死亡と家族には説明され引き渡されるんだろうけど。その前に解剖されるのかな? 意外と行方不明者として処理される可能性もあるけど。

自分は巨体ならではの見た目ゆっくりしてるけど、その実態速度はかなり速いはずのジアースの動きは気に入ってるんですが。今回、ちょい予算も時間も足りない部分が大きくきになってしまった回でもありました。

重量、質量に関してはかなりキャンセルされている。重力をコントロール以前にその存在がこの空間に対してありえない物体としてありそうなので、歩けばもっと大地が振動する、音の衝撃波、そもそも今回の敵が倒れる時にその形状から巨大なうちわ状態でさまざまなものが飛んでましたけど。考えてみればジアースのサイズでも相当な風が巻き起こる筈ですよね。風を切る音どころか、轟音に近い大気の振動が……

流石にそこまでの描写は困難でしょうけど、学校へ赴き、畑飼を追い詰めるときに大気を切り裂くことで起こる関係の描写が物足りなく感じてしまいました。

話を戻して相変わらず女子更衣室に仕掛けた分かり安すぎる盗撮用カメラの回収に来ていた外道。まさに性犯罪者許すまじ!! なのですが、己の地位や立場を利用して女性を性の道具とみなす。己の欲望を満たす為に暗い努力をするこんな野郎は消え去れ!なので、正直殺されても同情なんかはしない、清々するって感じる人間なのですが。

まぁこの時点で人殺しはしてないから、死刑って私刑は反対とか一部識者の方々唱えるかもなぁ。ええ正論でしょうね。でも正しくない行いを行った人間を弁護するのにも程度ってものが……

とにかくそれでも結局は殺すことが出来なかったチズの優しさ、それに助けられた…… えっ、姉が飛び込んで助けに来たことですか?

正直言って唐突であり、何でまた学校の近くに居たのとか、そもそもあの状況で飛び込んで間に入れるなんて……

普通は出来ないけど、もしもその畑飼への思い、思慕、恋慕が本当ならば騙されているのだけれど、間に入ることはありえるかと。でもまったくたじろがないなんて、流石に強すぎる女性だわ。

チズが思い返す姉が中学校の制服を着ていた箇所。
あれを見ると姉は憧れの存在であり、だからこそ人間として尊敬もしている、そこで比べてしまう。比べたときにそもそも妹である、年下であることで追いかけるにしても差はある。どうにかお姉ちゃんに追いつきたい、追い越したいと考えれば……

背伸びだったのだろうか、それは。
姉と同じ中学に通わないで私立に行きたいのも姉と同じ道を辿っていては追い付けないって思いがあったのだろうか。はぁ、ため息が出てしまう。

お腹の中に子供が居た、妊娠していたのは理解できたけど、政府も身体検査とか細かくしなかったのかね? 精密検査、簡単にエコー検査もそうだけど血液検査も体内のホルモンとかですね……

後の祭りか。

圧倒的に強かったのは、相手の形状がジアースと戦うのには不向きであったこともあるだろうけど。動力が命なら2つの命を持って稼動したことによるブースト効果とかあったのやも。

ふむ敵の形状に関しては、相手が別の時空間の地球の人間だとしても、かなり違う地球であるかもしれないしなぁ。相手が人型であるとは限らないし、哺乳類なのか炭素生命体なのかすら不明。おそらくは同じような子供達であるのだろうけれど、最悪相手も自分自身の別時空間存在かもしれないし。

ジアースの顔の光の数がパイロットの数に対応していることが可能性がクローズアップされたけど。そうなると一人契約していない人間が居ると。コエムシは知っているのだろうけど教えてはくれないだろうし、一人残されても15体倒すにはパイロットが足りない。仲間が死んでいった中で残った人が逃げることが出来るのか?そもそも逃げても逃げなくても自分は死ぬ。しかも新たにパイロットにならなければ地球が消える。更に更にカナちゃんを乗せているのは最終的にカナちゃんがパイロットに?

なんて酷い設定なのやら。
最終的に勝った後にどうなるかする分からない訳だし。

光の数を確認できれば敵の残り人数や、おおよその勝利数も分かるってことですが、今回は急所はそこねと蹴り上げた。まさに象徴的な意味合いが強かった攻撃で相手を倒したので分からなかったんですけど、今後は!?

最後にチズがどうやって死んでいったのか。
ジアースの中に残っていたのかも分からなかったんですけど、悲しいなぁ。悲しいよほんと。

ぼくらのチズって事で、僕らの地図。チズの住む町が舞台に繰り広げられた戦いとそのカコ(過去)ぼくらの過去からの繋がりは上手かったけど、過去は過去って割り切りも必要なのかな。

すると次回はぼくらのダイチで、ぼくらの大地。弟達とか言ってたけど、サブタイトルも「家族」だし、ダメージ食らいそうです。

ちなみに「ぼくらのココペリ」は意味不明ですが。最初のワクが「ぼくらの枠」ないし「ぼくらの惑」あたりで戸惑いと惑星、枠組みあたりだったとすると。次のモジが「ぼくらの文字」…… カナちゃんは仮名か哉ってあたりで最終かな?

ぼくらの:アニメ版公式サイト
TOKYO MX *アニメ「ぼくらの」
森田宏幸のブログ #ぼくらの_08
B000PDZPX4テレビアニメーション ぼくらの DVD Vol.1
鬼頭莫宏 森田宏幸 皆川純子

ビクターエンタテインメント 2007-07-25
売り上げランキング : 2490

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ぼくらの 1 (1)ぼくらの 1 (1)
鬼頭 莫宏

ぼくらの 2 (2) ぼくらの 3 (3) ぼくらの 4 (4) ぼくらの 5 (5) ぼくらの 6 (6)

by G-Tools
アンインストールアンインストール
石川智晶


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ラベル:アニメ ぼくらの
posted by みやびあきら at 16:00 | TrackBack(1) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) ぼくらの 第8話 「復讐」
Excerpt: ぼくらの~alternative 1 (1) 千鶴はジ・アースのパイロットに選ばれた。彼女は自身の罪を償うために戦う覚悟だと子供達に話す。しかし千鶴は、突然敵に後ろを見せて歩き出した。彼女の果た..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-06-01 02:41