2005年06月18日

フタコイ オルタナティブ 第11話 FILM 11「燃える二子魂川」

 そんなこんなで音声記事。

 二子魂川以外も燃えていた。
 実は1クール要らなかったんでは? OVAとしてもっとコンパクトに纏めた方が勢いを殺さずに見られたんでは? 等と考えつつも、発売期間が開いたら元も子もないか……
 1クールがテレビアニメの放映期間として長いとは全く思わないのだが『フタコイ オルタナティブ』のお話は、映画辺りで2時間程度で一気に見られた方が幸せだったかも知れないと思う自分がいるのですが、妹は「私は好きだよ」とフタコイの事を‘好き’とおっしゃる。俺は好きとも嫌いとも言えない。否、好きとも嫌いとも言える。いや、やはり嫌いとは言えないか……

 鳴子に関して等の説明は不要だった気がする。分らないネタ・ギャグもそのまま勢いで面白いと、訳が分らないけど面白いと見せきった方が引っ掛かる事も無く見られたと思う。分って欲しかったのか、あえて説明を入れて流れへのスパイス?実験としていたのかも知れないけど、余計な事が多過ぎる。

 イカファイヤーワダツミ機関とか財閥解体が何だと言い出したけど「何それ?突然取って付けたように」と感じてしまった。こういった事も考えないでなかったし、従来の作品でも使われてきた技法であるが『serial experiments lain』の‘マジェスティック12’の回のはったり洗礼を受けたものから見ると、驚きもドキドキもワクワクも何も無かった。イカファイヤーイカファイヤーで良かったと思うし。もしこのまま、突然沸いた秘密兵器のバットで倒されてしまったのでは、恋太郎の敵でも障害でも何でもなく、ただ促すだけの存在。狂言回しにもならない存在になってしまう気がしてくる。まだ何かあるんじゃないかと期待する自分も居ますが、薄かったなぁ、スルメイカだったのかぁ…… 美味しいけど干されてぺったんこ。

 本編においては三人一緒が良いに決まっているのですが、桜月一家はキラユラが出ていった事からも、地上げを続ける事になっており、逆らえない組織の影に怯えていたかと思ったんですがどうなったの? 納得したんですかね?

 話を戻して、妹は「エメラルドマウンテン ハイ」の回が一番好きだと言う。俺もその考えが良く分るし、この物語を最終的に振り返ることになれば第3話が根本を語っていた。全ての道を指し示していた。と、思えるんじゃないかと感じています。だって沙羅双樹は、あの時に言われていた筈なのにそれ守れなかった、出来なかった、手を離してしまった訳ですよね。実は恋太郎がずっと己の内面語りでうじうじしていたように見えて、沙羅双樹も似たような状況だったのに変わりはないのです。三人じゃなきゃダメなのに、一人で決めて、決めた気になってしまい。一人で背負えば残りの二人は幸せになれると、桃衣姉妹の失敗を見せられたのに、その事を考える事が怖くて…… そう逃げていたのは三人とものこと。上手く行く筈の無い選択を無理にしようとしてもダメに決まっているのですが……

 多くの過去との違いは、オヤジは居ない、イカファイヤーは居た。子供は出来ていない、子供から大人になろうとしてはいる。色々ありますが、協力してくれる人が居るのは大きいのでしょうね(上手く語れない、ない!)

 妹が三角関係について語ったので、それを否定してみた。これはそんな男女3人の複雑なトライアングルな関係ではなく、単純な‘やじろべえ’だと説明してみた。三角関係ならば恋愛のもつれとしてか成り立たず、上手く行かないか、一人が脱落するかだろうが、やじろべえだからこそ3人一緒の道が…… などなど語ってみた。あ、そもそも恋愛ではないのですよ今回のケースは。愛の形が違うので、愛に振り回されて踊るのではなく、恋を絆に変えて強く繋がっていく物語かと。恋太郎が失敗して見せた事ではない無い未来を信じて、次も見ますよ。

フタコイ オルタナティブ オフィシャルウェブサイト StarChild:双恋 #フタコイオルタナティブ_11 第1話の感想。 第2話の感想第3話の感想第10話の感想
 P.S.感想記事としては時間切れで半端でございます。あぅぅー
 トラックバック概要:それでも【フタコイ】が好きなのかもしれない。しかしEDソングの歌詞はどう考えても分かれている内容だよね。こころをのこしてるって……
posted by みやびあきら at 19:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2005夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【感想】『フタコイ オルタナティブ』第11話「燃える二子魂川」
Excerpt:  さて、思い知れ、関東地方!(笑)の第十一弾。  しかし今までは、『CITY HUNTER』(原作:北条 司)の100tハンマー宜しく、ギャグはギャグ、シリアス
Weblog: 『遍在 -omnipresence-』
Tracked: 2005-06-19 00:25