2004年08月16日

マリア様がみてる〜春〜 第7話「チェリーブロッサム」

ロサ・ギガンティアは引き継がれても最高である事には代わりが無いのだな。いや、受け継がれたと言った方が良いだろう。
受け継がれし白薔薇の気高く美しい魂の継承。

ビバ!ロサギガンティア!! ビバ!藤堂志摩子!!

よくよく見ればアレ?っと感じるところもありましたが志摩子さまと二条乃梨子の二人の世界でもう胸一杯♪なのでちゃんとした感想が書けません。

そうだ、先に松平瞳子の話を書いておこう。釘宮理恵さんがCVなのは事前情報で知っていましたが。何となく松岡由貴さんのお嬢様演技ちょっと幼いバージョンって感じがしちゃいました。終わり(おいおい)

ええ私も寺社仏閣巡りが好きな人なので乃梨子さんには惹かれますわ。ただアニメーションにおいてあの域の空気感や仏像等の力を描くのは難しいものなので、ある程度は脳内で補完しながら見ましたですよ。

…染みて来ました!!

はい。染み入った所で二人の出会いに戻りましょう。先代の佐藤 聖さまと立場を代えたかのような志摩子さまですよ。出会いですよ。あの桜は白薔薇姉妹の出会いの神域ですよ!!

秋だったら銀杏でもありでしょうが、やっぱり日本人に桜は特別なのです。

運命の出会いはあまりに鮮烈な魂への刻印となって二人の……

いやもう書いてる場合じゃないや。来週が楽しみだ!! 早く来い日曜日!!

マリア様がみてる〜春〜
「マリア様がみてる」  #マリア様がみてる〜春〜_07
トラックバック概要:正直今回の次回予告にはコメントをしたくない…… 悪乗り過ぎて現場は爆笑かも知れませんが…
posted by みやびあきら at 13:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[アニメ][マリみて春]マリア様がみてる 〜春〜(7)チェリーブロッサム
Excerpt: 本作は「出会い」を過剰なほどドラマチックに描いているのが特徴なんだなあと改めて思った。それをちょっと小馬鹿にしつつ密かに目を潤ませるのが紳士のたしなみである。 -私服姿の聖はパッと見、令に見えた。しか..
Weblog: 甘噛みさんが通る
Tracked: 2004-08-19 06:10