2005年06月25日

こいこい7 第13話(最終回) 課外授業その13「南国天国!全裸で戦え!決戦場はトラトラトラです〜」First Impression

 ←こいこい7は伝説へ!? な音声記事。

 個人的にごたごたしてまして、11話と12話の感想を上げ損ねているのですが(近日中に上げますけれど)そんなことよりも最終話!! 凄いぜ僕らの『こいこい7』最後の最後で、否!最後の最後までメガロ魂で楽しませてくれやがりました!!(爆)

 厭味とかじゃなくて、楽しみましたよ第13話「南国天国!全裸で戦え!決戦場はトラトラトラです〜」を。
 12話の引きなんてどこ吹く風! まぁ正確には今回の話をちゃんと?見れば、どうなっていたのかがある程度予想が付く内容になってるんですけど。普通の作品ならそこを描きますけど、そんな重い?展開はメガロマニアなファンが望んでいないと委細承知致したとばかりにスルー。もうね、スタッフは悪魔ですよ。己を売った勇者というか、我々の方がメガロに魂を捧げたというか。流石に金欠なんで関連商品を全て買うとかは出来ませんが、要所要所のCDやDVDを買うと思います。原作単行本もちびちびと買い揃えようと思いますよ。

 今はまだ興奮してるので、落ち着きましたら11話・12話・【12.5話(妄想)】・13話の正式感想書いてみようと思います(書いてある分も手直中、現在平行して書いてます ^^;)

 だってサブタイトルの通りなんだもん。今回はパンチラとかのレベルを超越して‘水着’‘揺れる胸’‘ヤ○トの乗員服’‘ガミ○ス軍軍服’‘半脱がし水着’んで‘全裸’ああ「全裸で戦え!」その通りでしたよ。ゴッドミヤーズ最後の雄姿もどうでもよくなるような、海水浴、温泉、山田さんと佐藤さんのガチレズ。もう何でも良いんですよ、伏線は思っていた以上に回収されてますし「不可解です」なのはいつものこと。いつものこいこいクオリティで突き進めばここに到るという『メガロの悟り』悟りの境地とまでは言いませんが、悟れました。

 まぁ、見てください。馬鹿にするのは簡単ですし、褒めるのも意外と簡単。でもね、こいこいの探求者として悟ろうと思うと困難が伴いますから。あれだ、地上波で再放送は難しいだろうけど、キッズステーションに即刻リピート放送をして貰えれば初回112点取られても、徐々に取り返して同点に。延長13回(裏じゃないよ)に112点取っちゃうようなもんだ(心情的に)でもね、こいつは野球じゃない。テレビアニメーションという戦場でのお話。初回の逆境など何するものぞ! 途中で席を立つのは自由。けれども見続けていれば幻のこいこい7全員による連続ホームランが目に浮かぶはず。幻のイニングすら目に浮かぶ………… かもね(苦笑)

 他人が何と言おうと、俺は楽しかった。そう言う事で、一旦お別れ。

 こいこい7公式 #こいこい7_13a 第1話第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話の感想。
 トラックバック概要:No Mercy!! 神の慈悲など与えてやらぬ! 生半可な視聴者などは絶望じゃすまないぜ! 選ばれし作品と勇者のみが辿り着けるぶっちぎりのメガロ天国直行便が今ここに!!
posted by みやびあきら at 04:00| 東京 🌁| Comment(14) | TrackBack(4) | 放送終了アニメ感想〜2005夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も楽しかったです。

最終話では、12話からのスルーっぷりは見事でしたね。
原作は読んでないですけど、まだ連載中なんでしょうか。
最近では原作未終了の場合、アニメオリジナルシナリオを(勝手に)用意する事が多いですが、こういう方法もあるんだなぁと思ったり。

全体的に欠点はいろいろあったのかもしれないですが、そこが不快ではない、むしろ面白い作品でした。
もう一回、初めから見ても面白いんだろうなぁ(笑)

関係ないですけど、トップページの情報量が多くてウチの非力なマシンでは開くのがちょっと大変です(笑)
Posted by nono at 2005年06月25日 23:02
>>nonoさんコメントありがとうございます。
色の白いは七難隠すと言うか、十難隠すと言いますか。
突き抜けた部分が数多かったはずの難点を完全にマスキングしてしまったんだと思います。

原作はまだ連載中で、アニメとは大分違うらしいのですが(私も未読です)
彼女達の行く末が気になって仕方がありませんので、少しずつ買って長く楽しみたいと思います。

それにしても一話では猛毒を喰らったと感じたんですけど、それでも河豚を食べたかった。食べ続けたら美味しくて止められなくなった。
そのうち無毒化養殖河豚の肝を食べたくなる事でしょう(死なないなら食べたい)

>トップページの情報量が多くてウチの非力なマシンでは開くのがちょっと大変です
すみません、ごちゃごちゃさせて文字で埋め尽くすスタイルを貫いて……(爆)
私が普段使用しているPHSのフルブラウザでもTOPページが全部問題なく表示される事を基準にしていますので、こんな感じになっています。
通信速度が32kですのでちょっと時間は掛かっても、表示自体は問題無いんで(^^;)
すみませんが、多分このままで突き進むと思いますので何卒ご了承くださいませ。
Posted by みやびあきら at 2005年06月26日 03:52
レスありがとうございます。
途中までですが、原作読んでみました。
原作のほうは、思ったよりもゴツゴツしてる印象です。

読んで分かるくらいに、アニメではばっさり削除してある部分や、大胆に加えてある箇所がありますね。
重い感じの設定や、不愉快さを感じるシーンは極力使わない方向でアニメを作ったのかも。
もしくは、楽しい部分を膨らませて、重さを感じさせなかったのか。
でも・・・原作にロボットが出てきません。アニメ版すごい(笑)


>すみませんが、多分このままで突き進むと思いますので何卒ご了承くださいませ。

わかりましたなのですー。(ぉ
文字量というよりも、スタイルやテーブルの読み込みにパワーを使ってる感じなので、一度読み込んでしまえば問題ありません。
Posted by nono at 2005年06月26日 20:53
>>nonoさん。
お返事が遅れまして申し訳ないです。
スタイルシートとか、まぁ色々変なことしてるところもあるんですが弄っている間に放置の方向に。
す、すみません。

MP3プレイヤーなんかも表示しますんで、その辺りも重くしていると思います。

原作に手を出す前に一連のドラマCDとかをどうしてくれようかと……
恐るべしメガロ!!
Posted by みやびあきら at 2005年06月29日 20:18
はじめまして、通りすがりのこいこい好きです。
どっちかといえば原作派ですが、怪しいものではありません。

かなりのメガロ☆マスターとお見受けしましたので、お尋ね申し上げます。
「Super Love」のパートですが、私はどこが誰やらどうにも聴き分けられないのです。
ヒフミさんはわかりますけども…

がんばって推測はしてみたのです。
1番
「いけないimage…」ヤヨイさん
「階段でこけて…」アキヲさん?
「まあ大変ねぇ」ヒフミさん

「シランプリが…」オトメさん
「鼓動が飛び出て…」ミヤビさん?
「Butまだまだ…」サクヤさん?

2番
「『タエラレマセン』…」オトメさん
「君の寝顔に…」ミヤビさん?
「まあ、うまいわね」アキヲさん?

「ズレテルめがね…」ヤヨイさん?
「ちょっとばかり…」ヒフミさん
「Noそろそろ…」サクヤさん?

…どんなもんでしょうか?
もう何10回も聴いてるんですけど…
もしよろしかったら、お考えをお聞かせ下さい。

どうも失礼致しました。
Posted by 桶 at 2005年06月29日 23:59
>>桶さん、コメントありがとうございます。

>「いけないimage…」ヤヨイさん(後藤)
>「階段でこけて…」アキヲさん(儀武)
>「まあ大変ねぇ」ヒフミさん(こやま)

>「シランプリが…」オトメさん(稲村)
>「鼓動が飛び出て…」ミヤビさん(川瀬)
>「Butまだまだ…」サクヤさん(伊藤)

>「『タエラレマセン』…」オトメさん(稲村)
>「君の寝顔に…」ミヤビさん(川瀬)
>「まあ、うまいわね」アキヲさん(儀武)

>「ズレテルめがね…」ヤヨイさん(後藤)
>「ちょっとばかり…」ヒフミさん(こやま)
>「Noそろそろ…」サクヤさん(伊藤)

桶さんの書き込みと同じ見解ですね、私も。
ただ絶対かと言われると、ソラミミでしかないんですよねぇ(^^;)
生で聞くか、PVか何かで確認しないと何ともかんともですが、多分合ってる様に思えます。

原作はゆっくりと集めて、今度の最新刊発売までにタイミングを合わせたいと(^^)

>かなりのメガロ☆マスターとお見受けしましたので
いやはや、確かにCDを購入してからの聞き込みは凄いですね。でもパートは気にしないで圧縮音源化した際のレートなどの違いによる聞き比べなどをしておりました。

まぁ週4日は朝食のときに必ず聞いてますけどね、ここのところずっと(爆)
Posted by みやびあきら at 2005年06月30日 04:03
レスありがとうございます。
食がすすみそうですね(笑)。

サクヤとミヤビあたり、合ってるのかどうか自信ありません。
サクヤさん出番少なすぎな気も。

もう少しキャラクタの口調を活かしたような歌詞だったらな、と思ったりもしてます。
アキヲには「ッス」って言ってほしいし、あと合いの手にぜひ「んあー」が欲しかった…
「なのです」はメロディーに乗らないでしょうけれども。

まあキャラソンじゃなくて主題歌なんですし、
曲の出来もヴォーカルの入り乱れっぷりも文句のつけようはないんですが…
私も相当はまっててそろそろヤバメです。
Posted by 桶 at 2005年07月01日 23:39
>>桶さん。
私はサクヤさんとミヤビさんは聞き訳がしやすいかな?
ミヤビさんの中の人はデビュー以降、レギュラー番組を結構見続けているのと歌声も別の曲で聴いていたので。
で、サクヤさんの中の人は、私的に分りやすい音域・口調です。

逆にオトメちゃんの中の人はJINKI見てましたけど、まだまだ修行が足りないと(苦笑)

まぁ今後別バージョンをどこまで手に入れてしまうかで私の人生が大きく傾くというか、舵を切ることになりそうです(^^;)
Posted by みやびあきら at 2005年07月02日 19:20
正直こいこい7は見ててあきなかったしおもしろいアニメだった。終わってしまうといつもこいこい見ていた時間になると何かさびしくなる。
花右京メイド隊が2回アニメ化したからこいこい7も・・・ってなったらいいなー。
ヒフミには癒されてたなー
ヤヨイには毎回あきれてたなー
オトメはひとつひとつのしぐさがかわいくって一番見ててあきなかったなー
Posted by ガモン at 2005年07月03日 00:58
>>ガモンさん、コメントありがとうございます。
もう、後番組が面白くなかったんで「こいこい7」が恋しくて、寂しくて、しょんぼりです。

真面目に無茶をすれば、大逆転も出来るという事を知りました。
いや、今となってはあの第1話もこいこいクオリティとして正しかったんですねぇ。
嘘みたいな真実です(^^;)
Posted by みやびあきら at 2005年07月04日 18:32
1話からこいこいクオリティというのをしってたらもっとこいこい続いてたと思う。
1話もっと真剣に見とけばよかったと後悔してる。
第2期をマジで期待してるのっておれだけ?
みんなでもりしげに頼んでみたいもんだ・・・。
Posted by ヨット at 2005年07月07日 00:24
こいこいもう1回見たい。
1話からこいこい7が何だか分かってたらもっと真剣に見てたのに。
第2期を期待してるのっておれだけかも。
みんなでもりしげに頼んでみたいもんだ・・・。

Posted by こめ at 2005年07月07日 00:29
>>ヨットさんこめさん。
同じ方だと思いますので一緒にお返事を。
1話はですね、最初見たときどうしようもないと思ったんですが、ある意味こいこいクオリティに対する選別、篩い分けをするに相応しいぶっとびでしたねぇ。
第2期は見たいと思いますよ、私も。
Posted by みやびあきら at 2005年07月10日 04:33
はじめまして、私は「12.5話(焼&略とのバトルなど)」を見てみたかったです。
というか原作四巻の「こいこい7があのよろし荘に集結する直後のエピソード」とか「哲郎が父を説得するシーン」をアニメでも見てみたかった・・・。
あとアニメの東和野金剛(ミヤの祖父)が原作と全く別人になってる事を考えると、この世界観で続編を作ったら最近の原作に登場した掃溜菊の君(色黒メガネ宝塚系の姐さん)が普通の男キャラに設定変更されそうです。
Posted by HIRO at 2005年10月08日 18:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

こいこい7 最終話
Excerpt: 「南国天国!全裸で戦え! 決戦場はトラトラトラです〜」 前回からのシリアス展開は一切無視ではじまりました、 驚異のアニメ、こいこい7の最終回。 サブタイからして、もう…(;´Д`)な感じ..
Weblog: 隠れヲタな日々
Tracked: 2005-06-27 19:57

こいこい7 13話 「南国天国!全裸で闘え! 決戦場はトラトラトラです??」
Excerpt: こいつらやりやがったな。←最終回を一言で表すとこうなる。 前回のシリアスっぷり...
Weblog: 一光堂
Tracked: 2005-06-27 20:00

[アニメ] こいこい7 最終話感想と総評
Excerpt: スタッフもちゃんとわかってたか。ラスト手前はシリアスで引いときながら最終話はしっかりギャグコメディー。こいこい7はやっぱこうでなくてはいかん。 ヒフミドリル投下〜 (;´Д`)ハァハァ  いつも以上に..
Weblog: 【馬と戯れる少女逆転スリーラン】
Tracked: 2005-06-28 08:13

こいこい7 第13話 さよならありがとうメガロ
Excerpt: ● あはは、いぬ予言者の言う通り、最後はバカだったバウね。こいこい7 第13話「南国天国!全裸で戦え!決戦場はトラトラトラです〜」。確かに最終話がシリアスになるという作品、このところ多かったバウね。..
Weblog: いぬ日記
Tracked: 2005-07-03 16:06