2007年06月27日

DEATH NOTE デスノート 第37話「新世界」(最終回)

自分もはどうしようもなく惨めで、誰もがあんな死に際を見せたくない、見たくもないって、因果応報、ああ最低最悪だ。そんな死に方を見たかった、見せて欲しかった。

所詮は連続大量殺人者。神を名乗るなんておこがましいどころか、もう堕ちきった人殺しの最後で……

なんであんなキレイな死に顔で死なせてしまったのやら。格好悪いどころじゃすまない姿を晒す方が難しいからか?

映像のすっきり感に対して、すっきりとしないものが残っちゃった。演技的にもまだもうちっと精進が必要だったかなぁ(ちなみに宮野さんではLOVE黒ハートLOVE?が一番好きだ、DVD持ってるし)みっともない演技なら逆に良いものを聞かせてくれた気もするしで残念。

魅上の唐突な自殺も、原作からして確かにあの場にいた者の不用意なところはあったけど。まぁそれも異常な空間でまともな行動が出来ていなかったとも取れますけど。でも自殺させて…… って、出血し過ぎてるんじゃない!? 勢い良すぎて、過剰な演出したかっただけちゃうん? とか思って、正直冷めちゃった。

心理戦だけでない戦いの結果、悪を正そうとした、更に巨大な悪は倒れた最終話。原作は連載で読んだけど、読みきりのときから随分と変わっていったもんだと、しみじみ。Lが殺された時点でかなり興味を失った読者としては、ミステリーやトリックな部分で面白いとも感じたし。逆にしっかりと作られているからこそ、おかしなところが少しでもあると、とんでもなくダメに感じてしまったり。

アニメは原作を読んであらすじを知っていたので、追って見るというか流して見てたも同然なので、今まで感想をきちんと書いて無かったですけど。何だろう?クオリティは総じて高かったと思うのですけど、演出とかオリジナル部分、キャスティングも含めて好みとはちょいと違った事もあって、身が入りませんでした。

デスノートによって運命を変えられた人々、世界。
被害者な面を強調していたのかも知れないけど、夜神月は加害者になる事を善しとし、自己正当化、自己顕示、自己保身などなど、己の欲望を満足させるため。ぶっちゃけ楽しんでた訳ですし、憧れないし、魅かれるところも無かったんだけど。

ああ語り難いな。
合わなかった、単にそれだけなのかも知れない。なので、意外と新作はオリジナルだから……

って単なる総集編に新作カットあるだけとかかな???

DEATH NOTE デスノート(日本テレビ公式)
DEATH NOTE(VAP公式)
DEATH NOTE -POP WEB JUMP- #デスノート_37
posted by みやびあきら at 18:00 | TrackBack(1) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

DEATHNOTE最終回
Excerpt: ずっと見ていなかったんですがせっかくの最終回ということで見てみましたまぁ魅上の削除シーンのすさまじさからしてすごかったですが・・・デスノートって文字が多いし動きが少ないんですよねだからだと思うのですが..
Weblog:                 にき☆ろぐ
Tracked: 2007-06-27 22:21