2007年06月30日

Shining Tears × Wind シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド 第13話「世界×心」最終回

なんだか全編を通して、とっても優れた良いアニメだったと錯覚してしまいそうな最終話に感じそうになったけど、ソウマが「マオ、−−−−−−っ!!」って叫びながら走り出した時に、つい笑っちゃったので。正確にはキリヤから心剣を抜く辺りでニヤニヤしちゃってたので、やっぱシャニティアーーーッ!だったと安心した。

で、ヒルダのブルマ姿にスタッフがブルマ描きたかっただけやろ!
いつジャージとブルマを持ってきてたんや!! トライハルトの背中に西園寺と書いてあるのか、トライハルトと書いてあるのかもきになったりで、やっぱり最後まで笑いどころは用意してくれていて、そういった意味では見続けた甲斐があった、良かった最終回でした。

ラストバトルが結局は周りは見ているだけ、究極心剣を持った心剣士3人で剣を心を合わせたらあっさり勝利、終了。ふーむ、封印の鍵も究極心剣が3本刺さるようになっていたし、過去にも同じことがあってのの繰り返しだったんだろうなぁ。トライだったんやね、うん。

でも究極心剣を抜いた抜かれたの関係であっても、その二人が恋愛状態に発展するって事も特に無く。トライハルトヒルダの関係も実はちょっと違ってそうだし。ゼクティキリヤの関係も風の便りで……

キリヤ自身に恋愛に関する感情が芽生えてきていたのは間違いないんじゃ?とかも思いましたが、やっと芽が出ただけで、それが何の芽なのか分からないまま、これはこの芽生えたものを大切にしないと、で、大切に、守ることが出来なかったからゼクティが一度消滅した時のショック状態だったんだろうと。

で、ゼクティ自身もその辺は分かっていなかったけど、世界も救えたし、これからは森を云々。もう離れていても大丈夫だから、みたいな? 何も言わないクレハの腹黒さを想像しがちな自分としては、キリヤの身を案じてしまいます。シーナの方がええって、ね。

そうは言っても、あの風の魔法で地面が裂けて落ちた二人のエピソードを思い返すと、やはり妙過ぎるアニメではあったよねぇ。ゼロの存在意味は結局のところ良く分からなかったし。マオに会わずに結局は逃げただけじゃん?!みたいな?? 羽を残していって去るだけってのも、ゼロボロスの件があるにしてもどうなのさ。

纏めどころとしては、ゼロからは別れの言葉も無し、しかも事の真相は他人から聞かされて。更に他の団員は直接会ってるのに自分は結局会えないまま。何だか良い感じになっていたソウマとも究極心剣はキリヤからだったし、何かとのけ者扱いな感じ。ヴァイスリッターの団長なのに疎外感ありありの彼女を残していけないと、彼女を救うためにソウマ残りました。この辺りは大団円でしょ。

エルフの森が再生するには何百年掛かるか分からないので、トライハルトヒルダの人の寿命しか持たない二人がエルデに帰ることはなさそうなんですけど、行き来って今後はどうなるのか? マオは普通にやってきたし、最初。

ああなんだかんだで楽しめたので良かったんですよ。
Tonyさんの絵は集めたい気持ちあるし、もう何だか関連商品を買う気にはさせてくれた力はあったんですね、自分に対して。

うーむ、通してみるとかなり酷い部分があったはずなのに。不思議と憎めないどころか「好きですよ」と答えられる辺りが、この作品の謎パワー。何でこんなに見終えた後に満足感が残ってるんだ!! わかんねぇ、アーーーーーッ!!

SEGA[シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド 公式サイト]
Works│株式会社スタジオディーン: シャイニング・ティアーズ・クロスウインド #シャイニングティアーズクロスウィンド_13
posted by みやびあきら at 20:00 | TrackBack(1) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:シャイニング ティアーズ クロスウィンド/第13話「世界×心」
Excerpt: 品質評価 35 / 萌え評価 7 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 42 / お色気評価 21 / 総合評価 21<br>レビュー数 14 件 <br> <br> ついに、闇の神器が目覚めてしまった。..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-07-02 18:05