2005年06月29日

かみちゅ! 第1回「青春のいじわる」

 ←やはり名詞関係を何とかしないと、な音声記事。

 いよいよこの夏?(まだ梅雨ですが気温は真夏じゃ)の新番組シーズンが到来という事で(実際は中途半端な時期に始まる作品も増えていますが)その気持ちを切り替える為にも事前情報は全くといってよいほど仕入れていませんでしたが、新番組としてはチェックに抜かりのなかった『かみちゅ!』がいよいよ始まりました♪

 で、初見の感想としてはよいんじゃないかと、この世界観は好きだと。嗚呼日本に生まれて良かったと思える空気、その世界の集まり。民俗学のフィールドワークに常々日本各地を旅してみたいと思っている私には、そこにある‘世界’が魅力的です。過去に瀬戸内海沿岸住民だった者としても、日本人のDNAの奥に刻み込まれたハレ、八百万の神々とか難しい事は言わないで、そこに付喪神と言いますか九十九神なお豆腐ちゃんみたいなのが頑張っているの見ているだけで…… 幸せです。

 なので、キャラも可愛いし魅力があると思うのですが、がぁーー、世界観(感)先行な見方になりそうです。でも、一橋ゆりえ(CV:MAKO)ちゃんはかみさま、かみちゅなのでそれだけで全肯定の方向で(爆)

 さて簡単に当ブログ風?な記事にしてみますと三枝 祀(CV:森永理科)役の森永さん。おおレギュラーとしてかなり良い味を出されていますねぇ。巫女好きなだけだろうと言われそうですが、今後神社の神事だけでなく、海の掟としての神様の扱いも気になりますねぇ。ところで宮司さんはお父さんですか? 四条光恵(CV:峯香織)ちゃんの台風ユリエが発生して以降の真剣な行動は、彼女の責任感を感じられてよかよか。その前の学校内での雰囲気も好きですけどね。二宮健児(CV:宮崎一成)はおにぶさんとの事ですが、声を聞いた瞬間にムリョウくんだ! と思ったことは隠さない。ガサラキでの怪しい感じも好きですが、独特の世界観に不思議と溶け込むのが宮崎さんの良いところです。

 んで、各キャラの名前に数字が入っているのも、私のツボ。こういうの大好きなんです、はい。美しい美術と色彩も堪能しつつ、今後に期待をしまくって見続ける所存です。……一応気になったことも書いておきますか(苦笑) テレビアニメ1話分と考えた場合、尺が足りていなかったんではないかと見ていて感じました。Aパート終了後のCMに入る辺りもタイミングが悪い感じでしたし、DVD版とかでは数分?足されるのではないでしょうか? 後、やはりこのクオリティを最後まで保てるとは考えにくく…… でも期待してしまう気持ちもある訳で…… 複雑な心境です。この日常と非日常の融和した心地よい世界をどこまでバランス良く提示し続ける事が出来るのか? その辺りがポイントなるかも? ですね。

 かみちゅ!公式 かみちゅ!(テレビ朝日) #かみちゅ_01
posted by みやびあきら at 20:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2005秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック