2005年07月04日

新番組+あるふぁ 簡易感想(2005-07-04)

 ←簡易でも簡便でも簡単でもない感想になっていく…… 音声記事。

 時間がね、がね、ねーんだ、これが!! このままだと遅れる一方なので簡単に感想を書いちゃいます。

 『D.C.S.S. 〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜』 第1話「あれから2年…」
 前作は声優PVに耐えられずに、ちゃんと見てあげる事が出来ませんでした。でも後半になって良い感じになっていたので、もっとちゃんと見ていればと思っておりました。なので、今回はきっちりとフォーロー予定。
 で、初っ端OPが無いのは残念でしたが(CMを見ると良い感じです、yozuca*)内容に関しては、可も無く不可も無く…… やはり居ない人間の喪失感が漂っている中で、モテ男街道を歩む主人公に違和感を感じるでもなく、好きになるでも無く。女の子たちにも特にときめくものも無く…… 極めて普通に感じました。
 EDがCooRieってので個人的には安心できましたのが、今後は怒りでも思慕でも何でも良いので、見ている私の感情が動く事を願います。それにしても雨で制服が透けようが、お風呂シーンで服を脱いで下着姿になろうと、湯船で寛いでいようと反応しない私の性的モチベーションの低さは問題です(爆) 反応しないんだ、これが!! ところで、ええとブラを取って上を完全露出してからスカートを脱いで、下一枚で物思い? いや着替え方は人それぞれかぁーー。

 『ぱにぽにだっしゅ!』 第1話「寒に帷子 土用に布子」
 ヤバイ、面白くない。けど画面は白くて明るい……
 すまぬ、笑いどころが無かった、笑えなくて寒かった。無理矢理上げるならマサチューセッツ工科大学が言えないあたりだろうけど、素で考えてはいけないんだけど、よく留学出来たなな、と。
 笑えないギャグアニメほど寒いものは無いのですが、とにかく始まった直後にテレビの画質調整を行ったんですけど、流石にあれはやりすぎかと。何だか今期の新番組アニメの不作続きを象徴していたかも。『まほらば』が恋しいよーーー(泣)

 『機動新撰組 萌えよ剣 TV』 第1話「おかえりなさい」
 1980年代からおかえりなさい。おそらく多くの人が感じたかもしれない21世紀にこれかよ!? な本作。広井王子に何を期待するのかとか考え込んでしまうまんま広井王子作品。ゲームが『火星物語』他、サクラ大戦以外はさっぱり売れずに失敗続き(あ、北へ。はそこそこか)なのに、どこまで名伯楽ぶっているのかと…… 確かに『天外魔境II』は良かったけど、桝田さんと岩崎さんがいたからこそだろうに、と。サクラもセガ社員が偉いんです、凄いんです。
 でも怒りは湧いてこないし、薬にも毒にもならないアニメとしては…… って、それは悲しいねぇ。
 燃えよ剣にしてもパリは燃えているかにしても、センスと良識が無さ過ぎなんで、遊び人として人を集めてくる才能は認めますが、ワタルの頃から進歩してませんって。

 『おくさまは女子高生』 #01 第1話「みんなにはナイショだけど…」第2話「ラブレターもらっちゃった!」
 期待はしていなかった分、色々と驚いた。先ずオープニングソングを川澄綾子さんに歌わせていたその勇気に度肝を抜かれた(ごめん、素で驚いた)勇気あるなぁーーー!!
 そして、あまりなベタなお話しにたまたま一緒に見てしまった妹に『おくさまは18歳』『奥さまは魔女』といった名作ドラマから続く、年下幼な妻との秘密の関係や「ダーリン」という呼び方に関して語る兄がいた!!

 まぁ何と言いましょうか、良い娘さんじゃのう。居ないね、居ても縁が無いね。
 川澄さんはこれまたヒロイン役をゲットされておりますが、我が兄妹の驚きは「旦那様」ダンナ様役の真殿光昭さんの演技に関してでございます。兄「真殿さん、まだこういうのいけたんだ」妹「!」「サヴァイヴの再放送を見た後だと、別の意味で驚くね」云々。ハレグゥの鬼畜保険医を素で演じてられます!? 真殿さんが今度はご本人と全く正反対の愛しの愛しのダンナ様でございます。
 あれだ、すっごい新鮮な感じがした(苦笑) ああまだこんな演技を聞かせて頂けた事に感謝して来週からも見ますです。ちなみに家の環境ではtvkとTVSが被って、MXが直後だったんですが、画質の(文字の見易さ、輪郭がシャープであるかを基準)順位はtvk>MX>TVSでございました。最初、TVSで録画を始めて二画面で画質を見比べてOP直後にスイッチ。まれにTVSが良くなる可能性もあるので、リアルタイムで見ることになるでしょう。え、お話しですか? どうでもよいですベタ過ぎて(爆)

 『シュガシュガルーン』 第1話「チョコとハートの流れ星」
 いつ視聴脱落してもおかしくないアニメだなこれは。
 玩具メーカーは相変わらずの女児玩具な展開しか出来ていないが、これの読者層はコスメとかファッション全般、アクセサリーきらきらな事に興味津々な少女達であって。登場キャラクターの見た目が良ければ、お話しは二の次な層なんじゃないでしょうか?
 だから宝石の名前を覚えて、どんなメイクを真似したいのかとか。とにかくアニメーションよりもコスメーション。女の子のオシャレ心を刺激できればそれでよい筈。でも、実際にしたら可愛くなりそうなヘアスタイルもアニメの作画バランスだとヘボヘボ「何、あの頭!?」状態。

 OPから振り返ると、小西さんピチカートです。は、ともかく、歌下手ね。しかもメロディーライン頂いてますよね。シュ ・ ガ・シュガ・ルーン のところはし ・ の・ び・こむ とメグちゃんまんまやし(他もですが)EDも同じようなもの。そりゃあメグちゃん知らない層だろうけど、ちょっとやりすぎかと。

 アンジェリークのスタッフインタビューで『魔女っ子メグちゃん』のお話しが出てきていて、だからライバルの髪の色が…… とか、いかにその影響下にあるかが分るのですが、どうにも『シュガシュガルーン』は『魔女っ子メグちゃん』と『アンジェリーク』両方の影響を受けて頂いている印象です。そして、子供達はメグちゃんどころかアンジェリークの最初のを知らないだろうし……

 声優の演技に関してはもう、俺は駄目です。そもそも海馬社長が凄く上手く聞こえてくる時点で間違っています。ええと津田さんは本当に遊戯王の最初の頃はド下手でありましたが、社長とよばれ愛されるキャラに成長し、私も現在は『スピードグラファー』『ゾイドジェネシス』などで社長の演技を楽しみにして毎週見ている身と、津田さんも私も成長しましたが。が、松本まりかは無理。リュックたん、ファフナーと成長するどころか間が空いたから下手になってまんがな!!「地獄の番犬」の‘ご’が‘こ’「じこくの番犬」って聞こえたがなぁ〜〜〜。いや、それだけじゃないんですが、ああ悪いネルケ系っすね今回も。

 あまりに安易に人の心を集める手法って、そんなんで良いのかと疑問に感じるし。これならコスメとか女の子の興味を惹く部分を強化した『魔女っ子メグちゃん』をリメイクした方がどれだけお話しとしても盛り上がるか、と。色んな意味で厳しいアニメとなっている気がします、スタッフ見るとよさそうなのにね。

 『英國戀物語エマ』特別番組
 って、全話見た者にとっては新しいCMと、最後のピアノ、梁邦彦さんご本人の演奏による「Silhouette of a Breeze」スペシャリティエディテッドバージョンが全てです。うむ、サントラのCMとともにやっぱりサントラ買うかという気持にさせます。以上。

  #ダカーポセカンドシーズン_01 #ぱにぽにだっしゅ_01 #萌えよ剣_01 #シュガシュガルーン_01 #エマ_EX #おくさまは女子高生_01
 P.S.途中から簡易感想になってない気が…… 単独でも……
 トラックバック概要:女子高生なら仕方が無いよね、仕方が…… 公式の声優インタビューを読んで凄く納得した人からのメッセージ。
posted by みやびあきら at 15:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2005秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おくさまは女子高生 
Excerpt: おくさまシリーズ(勝手につけている)の第一弾。 ちなみに第二弾は、「おくさまは魔法少女」 おくさま対決、どちらに軍配があがるか?
Weblog: ゼロから
Tracked: 2005-07-06 14:48