2007年07月18日

ぼくらの 第15話「自滅」

…………

先週の14話「迷い」の時点で、もう見続けても苦しいだけになるんじゃと、見続けることに対しての迷いが生じましたが……

自滅って、監督の自滅ですかって感じでしたね……

アニメ「ぼくらの」には感謝しています。
石川智晶さんのテーマソングはすばらしい物であり、CDを買って良かったつくづく思いますし。何よりもアニメが無ければ原作単行本の既刊分を全部購入して読もうって気にはならなかったと思います。アニメのおかげで、本当の「ぼくらの」を知ることが出来ました。原作としても素晴らしいですが、単体として、原作って肩書きが無くとも引き込まれる魅力のある作品にめぐり合わせてくれた事を心より感謝いたします。

録画しておいたアニメの第1話から第5話をざっと見返しました。
面白いなぁ、今見ると気がつく事もあるし、原作を読んでから見ると分かることも少なくありません。

そして何より現在のアニメの状況との差があまりにあり過ぎて、唖然とします。

突然現れた未知の存在であるコエムシを相手に内心どうだったのかともかく、渡り合っていた田中さん。それが今ではお偉いさんの前でウロウロ歩くは、貧乏揺すりどころじゃない、アレで渡り合える訳無いじゃんな、醜態を晒し。一人はみんなのためにでしょ、って言っていたコモもいい生地じゃない、それはキリエくんの問題だからと変わってしまいました。

監督の考えるリアリティにより、この異常な状態の中で人々は変わってしまったのでしょう。でもね、自分の息子であるウシロに対しての事があるのに、モジの母親への酷い言葉。アニメオリジナルの部分と中途半端に原作エピソードや台詞を持ってきている事で生じる、多くの矛盾や違和感。回を追うごとに酷さが増してきています。

そしてキリエ編であるはずの現在は、田中編、ヤクザ編、おとなの状態に。

夜に子供だけを呼び出す田中さんにも驚きでしたが、の登場、接触の見せ方にどんなリアリティなのかと感じざるを……

ウシロは性格変わってるし、キリエは家族も含めて何を描きたいのかと。気が乗らないどころじゃない、羊羹を切らないで……

いや、おかし過ぎでしょうよ。

原作のルールは変えない宣言があったはずなのに、相手の自滅や、パイロットになってジアースに乗っても動かさなければですか?でルールの独自解釈でしょうか? 確かに調べさせるときにパイロットは選ばれてなくても自立して海中から立ってましたけどねジアース。それから導き出したのかも知れませんけど、いや驚きました。

監督は「弁解」で、原作として、アニメの原作としてよい原作であるとおっしゃっていますが。作品単体としてはやはりお嫌いなんでしょうか? もう何が何だか分かりません。オリジナル展開になるのは連載が終わっていないわけですし、オリジナルの決着をつけなければならないの分かっていたことです。

アニメも最初はやはり面白いと今でも思います。
ですが、子供たち、ぼくらの問題を描くよりも大人たちの、監督の考えるリアリティ溢れる行動を描いている現在のアニメは、面白くないですし、おかしいんじゃないのこれは!?と思うことが多過ぎます。

予約していたアニメのDVDはキャンセルしました。
最後にどうなるかによっては、また買いたくなるかもしれませんし、原作を読んで、自分などが共感できる部分もあるのですけど。そうであっても今のままのような内容では厳しすぎます。でも未練はあるのさ、1巻なら15人全員揃ってるしさ……

今回の相手が人型だったのも「腹切り」として見せたかった。ヤクザの腹切り台詞の為なのか…… どっちが先でもそれはないよ監督。

カナちゃんみたいに賢い子が、家に入れたのは田中さんの名前で頼んでいたことを調べてくれている人と勘違いしたからとか? そんな理由であったとしても家に入れる、シャワー使わせるなんて。

親分に守れって言われて、屋台で食ってる、飲んだくれて家に転がり込む、相も変わらず子供たちの警備のけの字も無い。この間連れ去られそうになったのに無責任すぎるのは、泳がされているからにしても疑えよと。

監督がリアリティリアリティと言うのは構いませんが、よりジアースに近い田中さんよりも、ヤクザがレポート、最高機密と思われるものを入手しているような世界観では付いていけません。

ああ面白かったのに、見ていて辛くなってきました。
DVDは買わないけど、単行本と石川智晶さん(http://www.chiakiishikawa.com/)の8/22発売のアルバムは買います。
1 Vermillion (TVアニメ「ぼくらの新EDテーマ」)
2 ロストイノセント 総集編「追想」挿入歌
3 アンインストール (「ぼくらの」OPテーマ)
4 ミスリード
5 美しければそれでいい 〜Full Size Remix (TVアニメ「シムーン」OPテーマ)
6 涙 (「幕末機関説 いろはにほへと」挿入歌)
7 僕の空に季節はずれの雪が降る
8 house
9 Little Bird (「ぼくらの」EDテーマ)
10 水槽の中のテトラ
11 アイルキスユー
※全曲 作詞・作曲:石川智晶 編曲:西田マサラ

限定盤(DVD付):VIZL-250 ¥3,570(税込)*「アンインストール」MUSIC CLIP 他、収録。
この内容なら買うでしょう!予約したし。僕はまだ何も知らない。(初回限定盤)(DVD付)(AA) (一部収録曲の試聴はコチラ アンイストールビデオクリップなどはこちら
ぼくらの:アニメ版公式サイト
TOKYO MX *アニメ「ぼくらの」
森田宏幸のブログ #ぼくらの_15
ぼくらの 1 (1)ぼくらの 1 (1)
鬼頭 莫宏

ぼくらの 2 (2) ぼくらの 3 (3) ぼくらの 4 (4) ぼくらの 5 (5) ぼくらの 6 (6)

by G-Tools
4091883729ぼくらの 7 (7)
鬼頭 莫宏

小学館 2007-07-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
B000STC9WA僕はまだ何も知らない。(初回限定盤)(DVD付)
石川智晶

ビクターエンタテインメント 2007-08-22
売り上げランキング : 97

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
アンインストールアンインストール
石川智晶


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ラベル:アニメ ぼくらの
posted by みやびあきら at 20:00 | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック