2004年08月26日

鉄人28号 第21話「PX団の陰謀」

今度はクロロホルム署長に!?

正太郎君はちゃっかり村雨健次の部屋に居候しているどころか、金田正太郎少年探偵事務所として営業?している模様。
でも悲惨なのはたった一度の人工呼吸で人生の先が見えてしまった。やっぱり実は良い人の村雨健次その人なのでしょう(^^;

数々の勢力の裏での暗躍や、歴史の真相・バックボーンが鬱な分。表面上はとてつもなく明るいコメディな部分が出てきています。
バランスを取っているのかもしれませんが、この先の舵取りといい何かと難しい最終盤でございます。
PX団=ベラネード財団の経済活動を影から支援する組織であり。そこに私腹を肥やしまくりたいビッグファイア博士が手を組む結果に。微妙に小悪党な雰囲気を見せていますが、実態は極悪です。

しかし分らないのが敷島博士ニコポンスキークロロホルム署長。そして謎の黒服・サングラスの男です。

敷島博士は自分が死んだ事にした上で過去の清算(ロボットに関係する悪意・組織)を目指しているようですが。
クロロホルムの真の目的は!?

今回出てきたクロロホルム敷島のようなのですが(良い人。高見沢‘復帰’秘書に情報をわざとリークさせている)本物のクロロホルムは一体!? ニコポンスキーもどうやらクロロホルムであったり敷島であったりしているのかな?と。
金田邸を襲撃したのはクロロホルム?(マスクが破れたときに少し見えた髪型が敷島では無い!?)
まだら岩ではどう見ても敷島でしょうし。

悩んでいるうちに黒部峡谷ロボットレースが始まってしまいそうだ!!
ええ!!そんな展開ですか!? ブラックオックスが待ち構えていそうですけど。今度のニコポンスキーは、さぁどっち??

TV東京・Anime X-press 鉄人28号
鉄人28号 WEB SITE  #鉄人28号_21
P.S.正太郎がまた困ったお子ちゃまに戻ってしまっています。村雨の怒りもごもっとも。金田博士のスパイ罪はどう考えても偽証にによるものだってば。だって今川監督だよ! フランケン・フォーグラー博士も無茶苦茶良い人だったし(但し、子供にちゃんと伝わるように記録を残しておかない困ったさんではある)Gガンダムでもドモン父じゃなくてレイン父が嫉妬して……
あれ?同じじゃないですか!?(爆)
posted by みやびあきら at 18:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック