2007年08月09日

機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 第19話「残酷」

そうね、州倭くん。
次からは真名さん、慎吾くん。になるのか?

すっかり精神侵食が進んでしまっている真名。まぁ描写としては初戦で破れ、その後は訓練の相手、模擬戦主体なのに体調的におかしいところがある李走影の事もありますし。ゲルマンドイツ連邦のミハイル・シュミット&エレオノーレ・クライン、東欧ロシアのセルゲイ・クラコフスキー&タチアナ・グリゴリエフらなど、トランスレータ、パイロット共に巨神像からの精神侵食が目に見えるようになっていると。

にしても、これで残ったのは米露日と意外性も何もない展開。
いい加減UNと米国、日本の上層部などの胡散臭い連中主導の展開、神の手のひらの上だけでなく、それに乗っかった特権的な人間たちの手によるシナリオ展開は見ていて面白くもなんともない。

それでもラジオは結構楽しい、ラジオドラマはギャグなんですがいやらしい裏事情が出てきにくい内容なので親しみやすい。結果、アニメを見続けている……

もうOXIIが宇宙人でも地底人でも何でも良いのですけど、神だなんだはやめて、人間の時代を描いて……

インドのリリィ・ルーナからの遺言とも取れる言葉はそんな意味合いもあったのやも。

最強で負けることはないはずのイシュタル12も、精神攻撃主体のユーノアVIIIの前では相性が悪かった。正確かどうかはわからないけど、既に占いでも負けは予見されていた、さらに計算としてあのラヴィーナ・カーンの苦悩具合からして、勝てない。死なば諸共ではインドが焦土と化すどころか、下手すれば第2の赤道の冬が…… とにかく死傷者の数として数字上で何億人とか出たとしても、それをきちんと一人一人の人間の命の重さとして考えると耐えられない、人類が全滅はしないから、多大な犠牲を払えば勝機も……

で、選べなかったのでしょうね二人とも自分たちは生き残っても犠牲者の数が多すぎる戦いを。
パイロットのリリィは戦闘放棄、トランスレータのラヴィーナはアルゴスの百目直撃で自壊、で敗れたと。国は負けても国民の命は守ったともいえるのか。

さて、これで次は日本対ロシア戦で日本が勝つでしょうし。そうなると残るはよりにもよってアメリカのジュピター2だってさ。まぁ動かない筈のUNのウラヌス0も怪しいし、ロボットのデザインは13体。オリンポス12神に相当すると言っても、本当にそうなのかは謎。スサノヲ十式がアレスってのも本当かどうかわからないよ〜、入れ替わってるかもよってのはOXIIの封印の厳重さと、確かアニメ本編でミスかもしれないけどデザイン違いのカットが見られたりとか。

神々の時代から英雄の時代へとギリシア神話ベースならヒロイックエイジが丁度もろにそれなんですけど、ギガンティックでは? アレスはゼウスとヘラの直接の子供ですし、まぁ人間がってならギリシア神話最大の英雄ヘラクレスを忘れてはならないし。

すっごいなぁ〜な、州倭くんも遺伝子提供者としての親しかいない作られた子供だろうしで、本当に州倭くん頼みだわ。

しかしインドペアを殺しちゃうのは(あれは生きてないよね、謝ってたし、予知と予測で結末が見えてしまった二人だし)容赦無いなぁ。

機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ
テレビ東京・あにてれ 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ
デジタルビート 真名&うっちぃの ギガンティック☆4U(BEAT Net Radio)
真名&うっちぃの ギガンティック☆4U(公式サイト内)
真名&うっちぃの ギガンティック☆4U(Lantis web radio)  #ギガンティックフォーミュラ_19
posted by みやびあきら at 15:00 | TrackBack(1) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:機神大戦ギガンティック・フォーミュラ/第19話 『惨酷』
Excerpt: 品質評価 0 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 0 / お色気評価 0 / 総合評価 0<br>レビュー数 0 件 <br> <br> ロシアのユーノワXIIIが、インドのイシュタル1..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-08-10 16:36