2005年07月20日

奥さまは魔法少女 第3話「大人ってコドモよ、ということ」

 ←カタカナ名だと自動音声化は楽なのよ、な音声記事。

 さて困り申した。この作品の受け止め方を2話の段階で少し分ったように思えたのですが、また分らなくなりました。アニメーションとしての個々の品質はかなり高く、また上手いと思うのですが、さてそれが全部集まって1話を形作った時にどうなるのか。それを見て私が受ける印象は? 届くメッセージは?

 もうエロで喜ぶ年でも無い事も無い。勿論「おっ!?」っと来る事もありますが、これだけある意味あからさまな本作ですが、こないね、来ないのよ。だから別の点に取っ掛かりを見つけようとすると、確かに色々な要素があるんですが、その部分が未だ前に出てきてはいないので、面白い分がそのまま持続せずに尻すぼみ。又は、触れてくれないのでじれったい、と。

 出版社の社長さんは出来た人としては典型的な描かれ方をしていますよね。でも、お話しや演出としてはそう見せているのは間違いないですが、よくよく考えるとどうなの? そんな疑問やステレオタイプ過ぎるし、実はそうではない極々普通の人なんじゃ? とか。土産の文句を言う大先生も早い話が、一緒に食べてくれる人が居ないだけで、最終的にそれをどう解消するか? その辺りの伏線でもあるのでしょう。

 さてさて新たな魔法少女ブルガが登場しましたが(ブルガリかぁ)石灯籠ミサイルの乱舞や、最初は挑発的にクルージェの周りを飛んでみたりなどなど、中々癖のあるところを見せてくれて、動画的にも良かったのですが。ええとあれで負けちゃって退場ですか。管理者の証の指輪は指輪物語のあの指輪みたいにヤバイ指輪でしたか!? ど、どうなんでしょうか? アニエス・ベルの凄さが分ったようでもあるし、今後の展開に大きな束縛ともなる設定とも。

 …… あ、分った、何でこのアニメを見ていて不安なのかと言うと。最終的にアニエス・ベルクルージェ・ギャップのどちらかが管理者としてこの世界に(影から)君臨する事になったとしても。多分、紅さやかとして、この世界の良さが伝わって、引き継ぐことになろうと、浅羽嬉子が引き続き魔法少女を続ける無茶をしようとも、世界の行く末に関してはきっちり解決すると思えるのですが。嬉子がよりを戻しても喜べそうにないし、かといって神楽 巽寝取っても、何だかなぁと感じちゃうと思うのですよ。巽のポジションもまだまだ流動的だし、嬉子も私には魅力を感じられない人妻(別居中)だし。は言わずもがなであります。

 おかしい、そもそも人妻属性を持っている俺が全く反応しない時点でこの人妻は人妻にあらず! 所詮は無理をした魔法少女であり、しかもやはりどうやっても少女じゃないから、単に「大人ってコドモよ、ということ」と大人の子供っぽい部分を見せられても、いやそれならこの世の中にはコドモしかいない? チャイルド・どらごん様が艦長をしている宇宙戦艦・子供オオトカゲ…… 話しが逸れ申した。

 個人的には嬉子はしっかりとエロ旦那とは別れて、一人身で生きて。はキスはしないで紅さやかと嘘みたいにくっ付いて、今後は本当の魔法少女が管理していく数年間でええんじゃないかと、勝手に思うのでありました。とにかく自分の意思を継いでくれる魔法少女が来るまでの辛抱ですからキスは。他は予告を見ても出来るみたいなんで、……まぁ処女やのうても少女は少女やさかい、勘弁してな。

 奥さまは魔法少女 #奥さまは魔法少女_03
 P.S.他にも未亡人属性とかそんな辺りを持ってるらしいよ(爆)正確には年上系全般らしいよ、だから大人の女性が好きらしいよ。お姉さんとかも含めてらしいけど、お姉ちゃんはちょっと違うらしい。おばさんとかお姉さんと呼ばれてしまうような女性が好きらしいよ。ちゅうか年齢関係ないらしいよ、最終的には。結局年下だろうと年上だろうと、好きになる時に年齢は気にしないし。って!何をカミングアウトしてるか俺は!!!(結論:好きになるのに理由なんてない、そんなのは「後付け、ということ」らしいよ)
posted by みやびあきら at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2005秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック