2007年09月05日

キスダム -ENGAGE planet- 第23話「第二十三節 妄蒐 ヌケガラ」

正直言ってぽか〜ん。

最初のOP映像が完成?するまでの期間を考えれば、新しいOP映像がMADなのは当然か。
でもその作業すら大変だったんだろなぁ。

いきなり総集編!? と思わせるように。
でもAパートの大部分が総集編な回想と語りだったのはキスダムらしい。

燻京香司令がとにかく説明してくれたんですけど、でもかなり意味不明と言うか辻褄が合わなかったような?

あのセイレーンII世号の事故。どう考えても海運関係者ならつけないだろうって名前の船の事故で生き残った司令のお腹の中に処女受胎?したと思われる後継者たる

うーむ、まぁそれは良いとして。妊婦のエコー検査はもうちっと暗い部屋でやりましょうやとか思ったり。でも尺が無いってのか、死者の書のとこに触れちゃって、色々見せられた為か、あまりに幼かったからか、妊娠出産の葛藤はどうだったんですかね?

個人的には検査を受けている燻京香ちゃんの着ていたシャツの胸のところにウサギさんにショックを受けた。幼い少女が!!って事を印象付ける為だったんでしょうけど。何と言うか、物凄く衝撃を受けた。ぶっちゃけ今回の話であのウサギさんのとこが一番インパクトがあって、色々と深いことを考えたくなった。彼女人生とか……

だったんだけれども、その後の流れで考えても無駄だなぁと切なくなった。
あのシングルマザーの家庭から、どうやってNIDFを創設するまで。あれほどの軍事力すら持った国際的機関を作り上げられたのかが全くの謎のまま。おそらくもう説明されることは無いのだろうけど、20年前の事故直後からじゃなくて、玲がある程度大きくなって、あのお絵かきを何枚も書いているのを途中に気がつかずに。んで、精神科(え?)で、やっぱり娘を手放すことはーーー、でそれから動き始めたんですよね?

司令の考えは最初はもしかしら勝てるかも?から始まったみたいでしたが、結局は良く分からない。多分、この戦いをノーコンテスト。試合不成立にする為に伝承者を殺そうみたいな?

それでもよく分からない、人類も何だかんだで反抗作戦で結構終結しているし。

が0なのか、シュウが終なのかとかも今まで考えもしましたが「由乃ーーーー!!!」の叫びから突然復活でどうでも。失格なのはお約束だし、判断間違ってなかったみたいだし。

しかし寝取られが大嫌い、NTRな無理無理な自分としては、七生愁の一連の行動はやっぱり気持ち悪い、受け入れられないとか通り越して抹消すべき存在までに落ちております。女は殴るは、同衾万歳な彼の最後はどうでも良いです。

ヒロインはヴァルダだよー、それが合格派な自分としては。一応、生きてましたよ流姫那乃亜 も覚えておきたいところ。

KISS DUM(キスダム公式)
テレビ東京・あにてれ キスダム -ENGAGE Planet- #キスダム_23
ラベル:アニメ キスダム
posted by みやびあきら at 16:00 | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック