2004年09月04日

無人惑星サヴァイヴ 第44話「ハワードが助けてくれた」第45話「お父さん! お母さん!」

 前回ハワードシャアラが流砂に飲み込まれてしまい衝撃を受けましたが(感想はコチラ)

 しかし予告でのサブタイトルが「ハワードが助けてくれた」となっていたので、きっとこのサブタイトルはシャアラのセリフで無事二人が生きていて帰ってくるのだろうと単純に考えていたのですが……
 全く持って巧いのです。予告の映像にしてもサブタイトルの付け方そして実際の本編。見る者の予想を良い意味でかわしておいて、きっちり見せてくれる驚かさせてくれる手腕は高く評すべきです。

 二人とオリオン号が飲み込まれた場所で呆然とする子供達の姿は、そうだよな普通仲間が友達が目の前で死んでしまったとしか見えない状況ではああなってしまうだろうと。
 現実的な対応を考えれば、直ぐに自分達が生き残る為の行動を最優先すべきなのだろうが、やはり出来なかったのですよね。
 立ち直らないまでも現実に目を向けて行動を開始するには時間が必要であり。シンゴが一番時間が掛かった訳です動くにしても…

 あそこでハワードの遺品(あの時点での意味合いで)が、あのように活用されるとは驚きました。
 サブタイはシンゴの言葉だったんですよね… うわぁ〜〜〜どうなっちまうんだ!!

 以上を受けての第45話「お父さん! お母さん!」予告からはなんとなくアダムの話で進展がありそうな印象でしたが、実際にその通りでした。 残されていたアダムの両親のメッセージ。ええ涙ぐみながら見てましたよ。う、生きてはいないだろうと薄々思ってはいましたが泣ける!

 両親やその仲間達が最後までサヴァイヴに対抗しようとしていた記録を始め現在に至るまでの状況がよく分りました。
 人類だって自然の一部なのですけどサヴァイブはそうとは判断しなかった訳ですよね。このあたりはよくある話でありながらも視聴対象者がNHK教育であることから子供達に向けたメッセージや作品としては好ましいものです。

 ウイルスかぁ、ねぇあそこにいた人たちは死んじゃったの? それともウイルスによる病状の進行を食い止めるべく眠りについているの?  ルナはアダムも一緒にコロニーへと考えているようだけど現実はきっと厳しいものになるだろうし。外宇宙に脱出している同胞もいるようだし、一体どうなるの!?

 コロニーに帰る事が出来れば家族にあえる者もいれば、そうではない者もいる訳で…
 甘い考えかもしれないけどアダムの両親や仲間達の亡骸が安置されていたのではなくいつかウイルスに対抗できる日を待って… ああでも両親のメッセージは遺言だよな。アダムぅ〜〜〜(T-T)

 さてこれまた次回予告がドキドキです「会いたかった」って!? あのの矢射ろうとしていた人物は誰!?
 今度こそハワードシャアラ帰還ですか??
 個人的には流砂の下に地下河川がと以前に書いてみましたが。オリオン号に乗り込み流れにのってどこかへ流れ着いて助かっていた説を採りたい所です。やっぱハワードのヘタレ具合が恋しいし、シャアラの眼鏡… 眼鏡が失われてたんですけど地下で見つけてるのかしら?

 決してハードSFではないけれど立派なSF作品として問題の無い無人惑星サヴァイヴを見ると。本当に気付かされることが多いです。等と某作品をどうにも比喩として出したくなったので今回の感想は終了です。待て次回!!

NHKアニメワールド:無人惑星 サヴァイヴ  #サヴァイヴ_44 #サヴァイヴ_45
posted by みやびあきら at 19:10| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 N教アニメは、私も一応チェックしてます。コレクター・ユイとか非常にお気に入りですので。(DVD化されないのは何故?)

 サヴァイブは、古典的なSFアニメ臭とか、味付け的には良いものがあると思うのですが。本筋があまりに荒唐無稽なので、萎えます。
 最後は惑星サヴァイブが、実は超未来(あるいは先史文明の)地球という「猿の惑星」オチになりそうな疑念が頭から離れません。
Posted by 読一 at 2004年09月04日 22:02
そうですね、私も最初はこのノリに慣れるのに多少時間が必要でした。
ですが今では結構平気になりました。ツッコミを入れるような気分にあまりならない雰囲気があるのですよね。

私も「コレクター・ユイ」は好きですね。特に第二期は傑作・名作認定です。
DVDが出たら買うつもりだったのに日本では出てないんですよね。
北米版を買うかどうか真剣に悩んだ事があります。結局リージョンの事もあって買ってませんが。
Posted by みやびあきら at 2004年09月05日 05:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック