2004年09月06日

今日からマ王! 第18話「その愛のために」

 最初の絵具があそこで生きてくるとは無茶ながらも感心した。見ている時は思い至りませんでした。

 わがままプリンス・ヴォルフラムに耐えかねた渋谷有利魔王陛下でございます。そりゃそうだよね極めてノーマルなんだから有利君は(^^; 普通切れてもおかしくないと思いますけれども、そこはまぁお約束ですから耐え忍んでお付き合い下さいませ婚約者とは。

 迎賓館の噂話を流していたのはコンラッド(達)だった訳ですね。クマハチの幼虫が何を食べていたのか不思議でしたが(およそ食料があるとは思えない)コンラッドの手の者達がこっそり餌を提供して保護していたのなら納得できます。
 ええ希少な保護すべき生物な訳ですから。
 でも成虫と幼虫の大きさはどうなのさ(苦笑)女王クマハチ(CVがくじらさんだよ!)の大きさなら分りますがあのでかいのは別の役目を持った働きクマハチ(幼虫形態)だったのかも知れないですね。匂いの付いていた有利ヴォルフラムを繭に包み込んだのも成虫へと変態する幼虫と思われたのかも?

 ギュンター切ないね。フォンクライスト卿ギュンター様切ない思いだよね。あんなに有利陛下を愛しているのに己の分を弁えてでしゃばらない姿は涙を誘います。でもあのままだと生霊を生み出しかねないほどの愛のパワーです!
 花占いは当たらないので気にしないのが吉です(^^;

 フォンヴォルテール卿グウェンダル様は相変わらず可愛いものに目が無いようです。どうも有利よりもそっちに愛情を感じてしまう模様(やっぱりね)フォンカーベルニコフ卿アニシナのことは可愛くない幼馴染なのでしょうか?いや過去の反動が可愛くない発明品の数々が彼をそうさせてしまったのかも知れないです。

 さてさて問題のフォンビレーフェルト卿ヴォルフラムは複雑な少年です。美少年です。今回の話で迎賓館に入って有利が床板を踏み抜いてしまって助けようとした瞬間は「あ!ヴォルフラムが役に立ってる!?」と失礼な言葉が頭に浮かびましたが。
 直後に一緒に落ちたのでなんだか安心した(爆)
 やっぱり迷惑を掛けつつ微妙に役に立ったりするポジションが彼にはあっていると思うので。
 剣を手にした戦いは第2話で結構有利頑張ってましたが今回はあっさり負けてますね(過去の該当感想はこちらの記事の下の方です「今日からマ王 第2話「決闘!美少年VS野球少年」読み返すと凄いこと書いてるな俺)

 歪んだ愛の形を見せてくれていますが、個人的はまっとうな愛が好きです同性同士でも(およよ)

 なので我が大本命。ウェラー卿コンラートさまの格好良さに今回も「最高です!」
 結局コンラッドが眞魔国では有利のことを一番分っていて一番愛している事が分りました(と私は判断)
 いいよねぇ〜、こういう有能な男は同性としても変な意味ではなく憧れますよ。
 流石は有利の名付け親。アニシナだけ察していましたがこの強く訴えかけない力強い愛の形は素晴らしいです。
 伏線は相変わらず張られ続けていて。今回も人間の村に出かけていたようですが……

 このままだとコンラッドの事だけを書き続けてしまいそうなので終了。
 最後に有利の愛は特定の物や者にではなく。まさに王の器たる普遍的な愛なのかも知れませんね、博愛主義とはちょっと違う。幼くて未熟なんですけど、うんうん、。

NHKアニメワールド:今日からマ王!  #今日からマ王_18
posted by みやびあきら at 16:27| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 放送継続中4クール以上アニメ旧クール感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みやびさん、こんばんは〜。
ギュンターの生霊に爆笑してしまいました。確かに産みかねない・・でも欲しいかもです(笑)
いやぁ、まさか私がこのアニメにハマるとは思ってもみませんでした。そして、ヴォルフラムの愛らしさに母性本能をくすぐられております。楽しい感想を読ませて頂き有難うございました!
Posted by 平生 at 2004年09月06日 23:10
いつ生霊が出てきても、深夜に夢遊病の様に徘徊してしまってもおかしくない状況ですよねギュンターさま。

そんなギュンターはやっぱり見せ場が少ないのでより悲壮感が漂います(^^;

こんな感想ですみません。でもコンラッドがいるから俺は良いのです(本当)
Posted by みやびあきら at 2004年09月07日 20:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック