2004年09月08日

忘却の旋律 THE MELODY OF OBLIVION 第8部 圏外圏編 第22話「ミトラノーム」其の壱

 全24話なのかぁ、うう悲しい。過去に全26話予定が枠の関係で24話になったみたいな話も聞いたが真実は不明。削られたとしたら遠音ココのエピソードか。やっぱり出番が全く無い黒船さん?
 怒らないからTVシリーズできっちり完結させて貰って、おまけ的にDVDに未放映エピソードなら喜んで買う。本当はファンサービス的エピソードなら可能? でも何となく無さそうですね、そういうの。そんなのばかりでも困るし。

 さてミトラノーム関連ですが、Gロボはやっぱりガードロボットと言う事でしたね。何故4号は最近目覚めたのでしょうか? スカイブルーの分析だと半年以内らしいので本当に最近目覚めたようです。誰かがこの頃に目覚める様にタイマーでもセットしていたのでしょうか?
 ちなみにユニコーン型が美形の男性タイプばかりなのは、チーフ・ヴィの趣味だと言うのは可愛そうなので。処女の女性しか云々のユニコーン伝承を元に女性のメロスの戦士の能力を最大限に発揮させる為に開発されたとか言ってみるテスト。
 飯田晴子さんのコミック「聖(セント)ライセンス」等を読みますと少女とユニコーンって何? な雰囲気を堪能できるでしょう。とも言ってみる。

 前回の説明でミトラノームが完全稼動するとどうも瞬間的に時空間を行き来するみたいな感じでしたのでやはりメトロノームだったんでしょうか? まだ何かありそう含みを残しているとは思うのですが… (宇宙要塞ミトラノーム関係過去ログはここココあたりに)

 サイレント作戦はどうやらミトラノームを破壊してアイバーマシンを飛べなくさせるというのはチャイルド・どらごんがモンスターさまに説明している表向きの理由であり。真実はモンスターを倒し世界の覇権をチャイルド・どらごんが握る為の作戦である気がしてきた。

 今回彼が手に入れた宝石箱。あれこそが二十世紀戦争において人類が作り上げた対モンスター殲滅兵器のキーユニットなのではないでしょうか?
 ええ一度しか見ていないのでメモを取ってないのですが名前を聞いたときにふと思い至り。更に彼の後ろに、忘却の旋律が居た。ボッカのメーターが見えているようだ。以前に出てきたモンスターユニオンのエージェントにパワーエリートブラッドエリートがいて扱い的にブラッドの方が格が上みたいな感じでしたので。ブラッドエリートは聖痕を持つがメロスの戦士にならずにエージェントになった存在とかでしょうか?(前にも書きましたが)
 あれほど自尊心が高く、絶対的な自信を持つ野心家が浅はかにもモンスターを全滅させて世界を支配しようとしてもおかしくはないかな?等と。勿論そんな事はモンスターキング・SIII世にはばればれで、フライング・ばにーも上手く利用されているのでしょうけれど。

 予告のカラオケボックスは何でしょうか? 単純に考えればヴィンターライゼミトラノームが落とされてしまい脱出艇に一緒に乗り合わせてしまっただけとか? いや甘い甘い、そんな単純な事はないだろう。

 それに予告に小夜子が!? 宇宙船って他にもあったろうけどまさかね? 今回も「私のこと忘れないで」と言わんばかりに僅かにボッカが見てましたが(エランヴィタールがボッカに対して彼女の事を忘れないでね。二人でないと世界は救えないよと映していたのかと)

 ここで時間も時間なので私の大好きな眼鏡ッ娘でありますところの牛娘乳牛娘さん達(なんと嬉しい全員が眼鏡装着!もう気が遠くなるほどに嬉しい)の考察をちょろっと。

 ケースとしてはエンジン2ヴィンターライゼの兵器・兵装が考えられますが……
 一応初登場の時を考えるとエンジン2改め子供オオトカゲなのかな?
 でもビーチボールで遊んでいる光景は別にミトラノームでガードロボットを始めヴィンターライゼの砲でミサイルを打ち落としたあたりに結びつけても良いのか。

 遠音が出撃した時は特に何もしてなかったけど彼女達の牧場の後ろの空を飛んでいたし、今回はヴィンターライゼがいなくなった事で子供大とかげで外部から破壊出来るからとか、4号が完全にヴィンターライゼのコントロールを奪って大暴れしそうだからおっちゃんがいよいよ乳絞りして本格戦闘準備に入ったとも。

 面白いとすればやっぱりヴィンターライゼの兵装か…
 「milch cow」乳牛なのでしょうがmilkを絞ることに意味は? 哺乳動物という言葉から高等?生命体で何かか? 酪農:dairy 毎日:daily あれやこれだな。

 …違うな牛の刻参りかもね。すると兵装じゃなくてミトラノームが完全作動する為の準備に入ったと考えるのが良いのかもしれません。
 「草木も眠る丑満時」時間で言えば深夜2時頃でございますが、この時間の縁起が悪いのは鬼門つまり丑寅の方位にも関連しておりまして丑の時間から寅の時間に移行するのが丑寅となり鬼門にあたるからなのですよね。

 さて更に言いますと忘却の旋律で昔ほど語られなくなった十二支の話。一応個人的にはあれからも研鑚しておりまして時間や暦にも当て嵌めてみたりしておりました。
 ちなみに丑は12月、寅は1月にあたります。ええ12月31日大晦日に百八つの鐘。除夜の鐘を鳴らすのには諸説ございますが、中には丑の月12月から寅の月1月の間に時間軸の鬼門が発生してしまう為に鐘の音で浄化・封印する為なんて説もございます。

 そろそろお分かりですね。逢魔ヶ時とも申しますし違う世界に繋がる時間や方位。新たな年と古い年の狭間。ミトラノームが過去と現在を行き来する事により完全稼動する。
 鐘の音は日本に限らず西洋でも神聖な儀式や宗教関係にも使われておりますし。

 そうなると彼女達のカウベルは煩悩退散だけでなく浄化を意味したり、何よりニュウ(乳)イヤー(耳:乳牛の耳に個体識別識別票付いてるよね、ちょっと強引)を迎える為に時間と空間を安定させる意味合いがあったら凄い。
 グローバルやまねこが「トラ・トラ・トラ。トラブルですか」と言っていましたが丑寅で起こるトラブルを防止しつつデイリー準備しつつデイリーで稼動し続ける最終目標に向かってさあ起動まで後20分!!気合入れて乳を絞って、歌って、金色の鐘をならして。モーモー鳴くのは猛牛じゃなくてモー牛。モーニング娘。かどうかは不明ですがLOVEマシーンなので彼女達はやっぱり機械か!?

 こちらの世界(人間側)とアチラの世界(モンスター側)の狭間の空間と時間な〜んて考えると鳴り響きますが。流石にこの時間に鳴り響くには限界が。さぁ仕事だ行ってくるよ、元気があれば続きを書いたり修正したり一応子供と冬の旅の兵器説も書いときたい?

 だいたい他にも気になるところが多すぎます。 …あっ!今凄い面白い事思いついた思い返したのに記事を少し直している間に忘れた!! が〜〜ん最悪。ああ思い出せ俺!重要な感じしたぞぉ〜〜(泣)

 修正前に付き非常に読み辛くて申し訳ないです。

 俺の海なら宇宙を完全に手に入れたいよね。
 ボッカココの会話で人間の定義に触れていましたが、そうなるとモンスターと人間が定義したから名付けたから彼らはモンスターである訳ですけど。彼らを人間と定義し人間として認識してしまえば彼らは本当に人間になってしまうんじゃ?
 ちなみにいむらぼたん(猪村ぼたん?)は(遠音)と機械(スカイブルー)の関係をおぞましい物と捉えていましたが、あれも今回と今後の話において重要な意味合いを持つのでしょう。
 区別する蔑視する意味なんてないんじゃないの?と(ぼたんの場合、モンスターさま>エージェント>一般人>メロスの戦士>アイバーマシン(機械)そんなところか!?間はもっと開いてると思いますが)

 鏡の様に人の意思が(今のところは異能に対する恐怖や畏敬)投影された存在なら解決策も見えて来るような気がします。
 忘れていた旋律を奏でて人とモンスターじゃなく人と人として共振(共生)させる事は可能なんじゃ?

 あ、全く違う楽器同士が一つの音楽を演奏する素晴らしさを表現するのか?
 ピアノが楽器の王さまであるとか、ヴァイオリンは魔王(悪魔)の楽器とか楽器に優劣や順位を付けるのではなく。全ての楽器と演奏者に意味があり対等であり指揮者はそれをコントロールして全ての人に理解出来る旋律を奏でて大団円?
 音楽には国境も無ければ、種族間の違いも超越出来ると!? いやそんなに甘くないぞぉ〜なぞぉ〜

TBSアニメ 忘却の旋律公式ホームページ  #忘却の旋律_22  忘却の旋律過去ログ検索→#忘却の旋律

トラックバック概要:人間として認めているユニコーンシリーズである4号をココが処分しようとする点について妹と論議中でございます。次回までには…
posted by みやびあきら at 05:06| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 >乳牛娘さん達

 忘却の旋律では、「人間+動物」が、何か根本的テーマに結び付いている気がします。
猿人(エンジン=演人=人を演じているものか、とも思いますが)の例もあり。モンスターユニオンのエージェント(人間)と動物型ロボット怪獣とか。動物の着ぐるみの人物とか。ちょっと直に「動物」ではないですが、ヒューマノイド・タイプのアイバーマシンとか。
 今回、その謎に迫るヒントで、人語を解するかどうかの問題が提起されてる様な気がしました。

 牛娘は「遊びのギャグ」だと思ってたのですが、この終盤に2週続けてなので「何か意味あり」と思い始めたしだい。
Posted by 読一 at 2004年09月08日 15:15
おそらくですが、今回の会話からも人の形をしているから“人”なのでは無い。と言う事を強調しているんじゃないかと。

人語を解するだけではなく、自我を持っているか。自分の意思で話しているかが重要だとすれば。
猿人はすでに人ではなく、珠算マシーンの鼠講谷の者どもも全て“人”ではなくなってしまっています。

アルコトナイコトインコがバランスの話をしていましたが、以前に出た旋律劇場にインコが多数いたり客席が猿人だらけだったのも意味があると。
人々が忘れてしまった旋律とは自分自身の言葉。自我を持って行動することもあるかも知れませんね。
Posted by みやびあきら at 2004年09月08日 18:20
>人間として認めているユニコーンシリーズである4号をココが処分しようとする点について

 この点については、小生はちと恐ろしい想像をば。
 相変わらずココに疑惑ありの立場です。今回「踏み切りでの対話シーン」に注目。ココの所に、同行したアイバーマシンは全て居ます。ココは以前、ボッカにモーションをかけてますし、スカイ・ブルーにもちょっかい掛けてます。他のメロスの戦士やアイバーマシンを、自分の勢力に引き込もうとしてるのでは?
 ちなみに4号ですが、現在は「野生」ですが、元の主人は(メロスの戦士だった)ソロではないかと想像中。
 モンスター・キングは現在3世ですが、1世から2世への交代もあったはず。それは平和裏に済んだのか、それとも2世から3世へ同様の「事件」があったか?多分後者でしょうと、さらに想像。3世のソロも、他の戦士に取って代わられる可能性ありですね。
 王朝交代を狙うココ(想像です)としては、手駒は一つでも多く手に入れる、手に入らない者は邪魔になる前に抹殺、ここら辺が動機かと(超)想像中です。
Posted by 読一 at 2004年09月10日 01:48
おお父親?譲りの駆け引き上手なココ像ですね。

うちの兄弟ではやっぱりココは時間軸的に違う世界から来た存在。
場合によっては空間も違うんじゃないか説で盛り上がっております。
圏外圏での戦いを既に経験しているとすれば一体いつ何処で? の疑問が解決されない限り…
そもそも総理が父親として正確な時代は? 本当に娘なの?
ココがメロスの戦士では黒船を超える謎の存在です。
Posted by みやびあきら at 2004年09月11日 18:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック