2004年09月08日

天上天下 第22話「決意」

 高柳光臣の決意な訳ですね。棗 慎を倒し真夜をその呪縛から開放するという決意。他にも色々思うところはあるのでしょうけど。これこそ主人公らしい姿ですね。

 面白かったですね今回も。
 過去編だけを見たかったけどこの過去があるからこその現代編。でもキャラが明らかに過去編の皆さんの方が立っている、勝っているので。もうすぐ最終回とはいえ、エピローグを現代編の主人公なんかに任せた日には、せっかく美味しい料理を食べたのに余計なツマで後味感最悪… にならないように願っております。

 クズ男くん良い味を出しています。中の人の近藤孝之さんはゴオちんはさっぱりでしたが。シノブ伝のサスケ軍団で競演している小野大輔さんの影響を受けたのか?(個人的に以前から小野さんが得意としている演技系を急速にものにしつつある印象です)
 このヘタレ具合は最高です。良い味出していてぴったりです。今後もテニプリの大石みたいな人の良い役やクズ男みたいなしょぼいので頑張ってください。

※思いっきり間違っていました。クズ男は近藤さんでも近藤 隆さんです。スクラップド・プリンセスでレオくんを好演されていた方です。俺は阿呆です。妹様と天上天下を見返していて間違いに気付きました。近藤隆さんと小野大輔さんはすてプリで確かに共演していて、現在はニニンがシノブ伝でも共演されています。真に申し訳無い間違いをしでかしました。本当にごめんなさい。近藤さんを混同するというあまりにベタな事をしてもネタなどにはならないと言う事を肝に命じつつ、心よりお詫び申し上げます。


 話を戻してまさにウルトラマン光臣! 3分間だけ最強、真の武人になれる光臣って己の死期を察しているだけで悲壮感と共に存在感を増しています。いや本当に良い人だったのね。でも時間が無いからこその現代編か…

 妹偏愛の慎は本当に逝ってしまっているので、困ったものです。完全に真夜に関わるものへの殺人宣言。真夜自身が逃げても殺すそうです。間違っているけど、常人では止める事も出来ない最兇で最強の存在です。悲惨極まりないですね。

 次週の予告を見ると本当に凄惨な事態が待っていそうです。
 う〜ん、微妙な部分は多いものの面白いと感じられるだけでこのところの展開は良いです。
 あ、フーさん。龍眼の力で行動がばれたのかあっさりやられてしまいました。でも今回の演技は嵌ってましたよね!かなり(^^;

天上天下公式  #天上天下_22
posted by みやびあきら at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック