2004年09月11日

マリア様がみてる〜春〜 第10話「黄薔薇注意報」

 二週続けて個人的にはすっきりしない話が続いていたのですが、今回は面白いとかどうかはともかくスール(姉妹)という関係について考えさせられた回でした。

 剣道部へ入りたいと言い、実際に入部してしまう由乃さん。元々が行動的な人であったのが、病気で出来なかった反動もあるのでしょうか。手術後の‘いけいけどんどん’度もついにここまで来たか! そう見ていて感じました。

 黄薔薇姉妹が他の姉妹とはかなり違う関係であることは、第1期でも描かれましたが。本当は姉と妹が逆だったら? もしさまより由乃さんが一年先輩だったら? 更に同じ学年だったら?
 色々と想像してしまいましたが、やはり彼女達は互いの更に深い所を吐露しあい、落ち着くところへ落ち着いたのかな?

 しかし、思っていた以上にしっかりとした考えを持っていた田沼ちさとさん(あの時にデート権を手に入れる事が出来たのは、彼女自身がしっかり人だったからなのかな)由乃さんよりも少し大人に見えました。

 最後に骨の折れた傘をさして、二人肩を並べて雨の中を行く姿がとても印象に残りました。サブタイは注意報とあっても警戒するのでなく、しんみりと考えさせられた第10話でしたよ、本当に。

マリア様がみてる〜春〜
「マリア様がみてる」  #マリア様がみてる〜春〜_10
posted by みやびあきら at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック