2004年09月14日

マリア様がみてる〜春〜 第11話「レイニーブルー」

 これが話題の「レイニー止め」なる新語を生み出す切っ掛けになった……
 確かにここで止められると、その間どうしたら良いのか大混乱致しますな。期待と不安で次巻の発売を待たねばならないなんて…

 どう見ても祥子さまは説明責任を全く果たしていませんし。いざそれなりに事情を話そうとした?時には既に祐巳ちゃんは一杯一杯で、話が出来る状態ではありません。
 これはどう考えても姉として妹への対応が出来ていない祥子さまに第一の責任があるよなぁ。

 先代のロサ・キネンシス水野蓉子さまが卒業前に悩んでいた心配事はこういった事も含まれていたのでしょう。蓉子さまが何とか祥子さまをここまで導いたとはいえ、それは姉と妹の関係に留まっていますから。祥子が姉として妹を導く事が出来るか不安で仕方がなかった事と察します。現にこのような不器用な対応で事態が最悪の方向へ転がり落ちております。

 ちなみに女の子が雨の中をあのような出で立ち状態で帰宅したら、絶対にあんなんじゃすみません。姉や妹いる俺ならどうにか事情を聞いてでも、例え止められてでも行動を起します。
 話して貰えないかもしれませんが、調べてでも何とかしないと、せねば! とヘタをすればどす暗い感情に身を焦がして修羅の道行きとなる… かも…

 さてこの世界最高の王子様、佐藤 聖様が見事なタイミングで登場です。今なら佐藤さんとお呼びするのがブームなのでしょうかね、引き続き(^^;
 後ろに居られるご学友と共に次回は解決へ向けての道が開けて行くのでしょう。眼鏡っ娘最高です(お前はそれだけか!)

 万が一TV東京で次回の放送が中止になったり時間が変更になるような事態が来たら、それはレイニー止めの呪いであり。日本や世界に考えられない災厄を持って降りかかる事でしょう。
 そんな事は万が一にも無いでしょうけど億が一位は有り得そうで恐いです。福沢祐巳ちゃんの笑顔が無いマリみてというのは辛い物なんですね、本当に。祐巳ちゃんが間違い無く本策の主人公でヒロインだけれども、悲劇のヒロインは似合いません。
 嗚呼、早く笑顔を見せて!

マリア様がみてる〜春〜
「マリア様がみてる」  #マリア様がみてる〜春〜_11
posted by みやびあきら at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック