2004年09月15日

陸奥圓明流外伝 修羅の刻 第24話「雪の如く」

 嗚呼キー操作間違えた、消えた… ちょっとタイプミスも多いし疲れを取る為にゆっくりした方が良いよな。
 ちょっと今の状況だと感想が追い付けないと判断。今書きたい第24話の感想を書きます。

 本当に追い詰められた製作状況でこの陸奥出海沖田総士の戦いを描かねばならない。予算も時間も無い中で知恵を出し合い、どう見せきるか!? それを演出や役者の演技で乗り切った回でした。
 アニメやコミックでは実際には凡人には見えない超人の戦いも演出として目に見えるように描く事がしばしばです。例えそれが目にも留まらぬ早業であってもです。それは正しい手法ですし、見えないからって見せないのは手抜きと揶揄されることもあるでしょう。

 ならば今回の話はどうでしょうか?
 確かに作画枚数を減らす為に苦肉の作として見えなかったり、長い長い間であったのかも知れません。ですが、それで終わらせない為にどうすればよいのか? やれることをやってくれたと感じましたよ。

 本当に一度これは見て貰わないと伝えがたいのですが、沖田の必殺の三段突き。それを待ち望む出海、そして陸奥の蹴り。これらの技の凄さもそうですが、漢が人が持つ執念や情念を魅せて貰いました。

 うむ、やはり前々から書いてますがこのスタッフに充分な予算と時間を与える事が出来るのならば。陸奥 雷の物語を素晴らしいものとして生み出してくれそうな気が心の底から致します。

 妹さまとも話したのですが、いわゆるスポンサーを探す、予算を集める段階のプロモを作ったとして。取り合えず毎回話はつまらないのに、見た目が綺麗なのを用意できる所は無駄に予算が集まって、まさに画面が綺麗なだけの糞ツマラナイアニメを作り続けているのに。
 見た目はそれほど美麗でなくとも、良い仕事をして見た人の心に長く残るような作品を作れそうな所には予算が集まらない……

 とにかく兄妹で話し合ったりしたのですが…… 根は深いよな。
 等と言ってても陸奥のDVDを買うのかと問われれば「陸奥雷なら必ず買う」としか言えません。あぁぁ…

TV東京・Anime X-press 陸奥圓明流外伝 修羅の刻  #修羅の刻_24
P.S.千葉さなこ役の平田絵里子さんって、PS2のメタルギアソリッド3 スネークイーターでモーション担当の女優さんもしてるのね。スネークの師匠のザ・ボスだってね。ファミ通見て驚いた。写真とインタビューからは、お声があんなに可愛いとは分らないほどクールなお姿でしたな。
posted by みやびあきら at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック