2007年10月18日

Myself;Yourself 第1話「なつかしい場所」第2話「大切なメロディー」第3話「クッキーと小石」

これは原作ゲームも含めて関連商品が欲しくなるだけの魅力を感じるアニメですね。

気が付けばもう3話まで放送が終わっていますが「Myself;Yourself」楽しく見ています。
話数的にごっちゃになっている部分はあるかと思いますが、まとめて感想を。

幼馴染が集まってのお別れ会。引越しでさよならをしなくちゃいけない子供達のパーティーシーンとしてそれぞれが送るプレゼントなんかはベタですけど、だからこそそれぞれのキャラクター見せつつ、しっとりとしていて。ああこのシーンは後々の事柄への布石としてもあるんだろうなぁ、などなど色々感じつつも素直に別れを惜しむ。

あの年齢の時点でヴァイオリンをあれだけ弾ければ大したものですけど、あの未完成の曲が完成するときこそ、アニメのクライマックスなのかもですね。

これまた電車を追いかけるが如くの幼い若月修輔もツボでございました。

で、こういった短い過去の描写でも私みたいな視聴者は妄想力も含めて彼らの関係、絆みたいな事を受け手なりにイメージを持つ訳なんですが、だからこそベタこそ分かり易い、入り易いってものでした。

OP映像とテーマソングは好印象。
あんな形で6人が本編内で演奏を行うことは先ずない?でしょうけど、真っ直ぐな印象を素直に受け止めることの出来るカットと、間に挿入される重いカット。炎の中に男?が立っているとか、時計の針が進んでいないなどなど決して一筋縄では行かなさそうな登場人物たち。やはりタイトルどおり自分自身、あなた自身、本当の姿を見せる事が出来ればハッピーエンド? あららもう嵌ってませんか俺?

で、主人公が一人でみんなの町に戻ってくる。変わらない町並み、変わっている町並み。5年間で町も変われば人もまた……

神社で子供達が遊んでいるシーンがとてもツボ。何でだかツボった。
自分の思い出と重ね合わせているって事もですけど、今遊んでいる子供達がなんだか良かったんですよね。ほっとした。そこでメインヒロイン!?と実はって事だったんでしょうけど、巫女さん姿と繋がらなかったって事は、別に神社には関係が?でもどうもそうでもない印象も。主人公が鈍すぎただけっぽいのかも? 流石はある意味で定型な事をしてくれる主人公です。

大家さんの家を訪ねるところからは、金田朋子さんのターン!!ターン!ターン!!
以下、先制され続けてしまった、イメージイニシアチブを取り捲りの印象なんですが……
織部麻緒衣(おりべ あおい CV:金田朋子)恐るべし!! なんて所謂属性持ちまくりなのでしょうかと、その魅力、暴走する彼女に惹かれまくりでございました。ちなみに巨乳よりも年上眼鏡っ娘でどじっ娘に惹かれ…… いや、嫌いなところが無かった言うか凄いなぁ麻緒衣ちゃんは。パーフェクトじゃないのに完敗したとしか言えません。

さらに両親の声があなた中原茂さんと伊藤美紀さんってどんな素敵家族さ! お父さんの親馬鹿なところも含めてこの織部さん家は居心地良さ過ぎです。

新学期から始まる物語として、朝から麻緒衣ちゃんがまた一仕事やってくれる訳ですけど、何と言う連続攻撃が続くのかと我が目を疑ったのですよ、もう麻緒衣ちゃんがメインヒロインで良くない? もうスタートダッシュしちゃってるし。でもその辺りは原作となっているゲームで楽しんだほうが良いのでしょうよ。

ちなみに先生キャラ好きとしては藤村柚希(CV:豊口めぐみ)は是非ともエンディングを迎えてみたいのですけれど…… PS2って時点で生徒と先生の明確な恋愛は規制が厳しいはず。なので過剰な期待はしてはいけない、してはいけないよ俺。……まぁ妄想力でカバー、な。

んで若月朱里(CV:田村ゆかり)若月修輔(CV:子安武人)姉弟とも再会。双子キャラですけど、あれですよ、若くてよい人な子安さん演技ですよあなた。これは今後に期待ですよ〜〜

ええとばしますけど、八代菜々香(CV:小清水亜美)にビンタを食らう主人公なんですが、分からなかった日高佐菜(CV:立花慎之介)もかなり悪いんですけど、菜々香があんな風に過去の彼女とは大きく変わってしまったように見えるのはどうしてか? あの時プレゼントしたヘアゴムをお別れ会の時にも使っていましたけど、今回も腕につけていて相当大切にしていたようですし。神社でも物陰から見ていたのはもしかしてとか思っての行動でしょうし。ええいきなりキツイ娘さんを印象付けたのですが、あのヘアゴムだってゴムの部分はきっと何度も代えつつ大切にし続けていたのでしょうし。何かあって……

根は一途な良い娘、ただ不器用で、心に傷を持っている……

麻緒衣ちゃんのターンばかりだったので影が薄いですけど、気になりました、はい。

第2話も実は麻緒衣ちゃんのターンが多かったんですけど、若月姉弟も気を使っておりますよ、ちゃんと居ますよ〜。クラス委員選出のくだりはすっとばしまして、図書館でも麻緒衣ちゃんのターンだったことも一先ず我慢して、星野あさみ(CV:中原麻衣)登場。ええ何だかおじゃま虫キャラっぽいんですが、あってそうですね。

第2話の肝はやはり音楽室でのシーンですね。
ああ俺はこの作品を好きになっているって気が付いたシーンでもあるんですけど、えがった。

あの時プレゼントされた未完成の曲を上手く使っての菜々香の心の扉の鍵を開けて一歩踏み込めたって印象です。まぁ鍵を開けて踏み込んだ方は気が付いていないし、どちらかというと閉ざしていた菜々香が開けたのでもあるんですけど、演出も含めて良かったです。あさみは邪魔してましたけどね(苦笑)

翌朝、前日は挨拶をしても無視していた菜々香がおはようって言うのは長い道のりの一歩としては分かりやすく、菜々香佐菜の物語がメインだって事を印象付けます。佐菜に関してはどうして一人で戻ってきたのかとか、東京での孤独感を強く感じさせるOPや、心配する母親、学校へ行っているのかって聞く…… よし、その辺りは3話へ。

前回の予告も楽しかった、ちゃんと予告通り!?の第3話でございますよ〜

コンパクト割れちゃったイベントでございますが、一応ピアノイベント効果が継続中で事なきを得る?そこから今回は詰め込んでいるので佐菜がどうしようかとかの部分は端折った上で、菜々香目撃イベントへ。まぁあさみがイベント的には空気を読んで、恋愛的には読まずにのシーンをこれまた無駄を省きつつもい視聴者なら状況を飲み込めたろうしでの翌日。

お詫びに新しいコンパクトをプレゼントをするのですが、菜々香の心境、その変化を察するに何だか安心する。ああ俺はちょっとこんな不器用な菜々香が好きになってきてます、はい。

二人の関係をどうにかすべく若月姉弟が策を……
5人の思い出の川へ行くことでの関係のやり直し。新しいスパへで新しい関係をって事でもあったんでしょうけどね。あれっすよ、自室での菜々香が可愛いんですよ。でも周りには見せないから勘違いされてるんでしょうけど、クッキーを焼いて持っていこうなんてあなた可愛いだってば。

しかし今度は佐菜が空気を読めないから星野さんを呼んでしまう。なんか星野あさみから腹黒空気が…… 中原さんのゲームの方のインタビューを読んじゃってるから余計に危険信号です。

参考:『Myself;Yourself』声優ロングインタビュー第11回 星野あさみ役・中原麻衣さん(前編)
関連記事、その他のインタビューへのリンクは上記リンク先の下に纏めてあるので、ある程度のネタバレを恐れぬ方はご一読を。

バスの中でわざわざ佐菜からお礼に貰った同じコンパクトを使う時点。そもそも同じものを欲しいとさり気なくアピールしている時点で危険危険。菜々香へ恨みでもありますかね、この娘は。

朱里があちゃーとばかりにやっちゃった感を感じている中で前の席に座っている男二人が馬鹿話で盛り上がって、男ってお馬鹿。そんな演出も含めても少ない情報でも的確に伝えてくるのはこの作品の上手い部分だと感じましたよ。

これでまた菜々香が一歩引いてしまうところが堪りません、焦らされてます、もう見ているほうもジリジリです。

QZo(黒田やすひろ)監督とシリーズ構成・脚本の雑破業さんのコンビが上手く機能している所為か、この後もサービスシーンも入れながら的確に情報を提示して、それがヒントであったり伏線だったりと見ていて飽きません。ところで雑破業さんってもしかして全話脚本を書かれるんですかね?

もとい。
そうか麻緒衣ちゃんはアニメではヒロインではなくてマスコットガールなのか!! なコミカルパンチラサービス(爆)凄いぜもう一部の人たちを虜にしていることは間違い無さそうです。

いやそこも良いのですけど、プレゼントのルアーを持ってきたりとか、かたっぽだけの手袋、ケーキ、そこからちゃんとあの曲に関してのラインもきっちり繋げていく脚本と演出に感心する訳ですよ。

で、火起こしの思いでも後でね。

ああクッキーイベントを潰すあさみに驚愕す!!
フラグクラッシャーと化しているぞ星野あさみ。しかも美味そうにきれいに焼いてるじゃないですかタルト。ぐはぁ、菜々香がまた下がったしまった〜〜〜〜

うーむ今回は本当に充実したイベントが続くのですが、ちゃんとスパを上空から見せたときにバスが動いていて6人が遠景ですけど降りてるし、当たり前なんですけどそんなことすらしてない作品もあるから好印象ですよ。

水着のお披露目に関してもお約束を外さない。ああDVD買っちゃうぞ、買ってしまいそうな気持ちになってきた。ええ馬鹿ですから。

ここで腕時計の謎がその前にあった血の付いた包丁への過剰な反応と化学反応を起こす訳ですけど……

えっと軽〜く誤魔化してましたけど、リストカット?自殺未遂ですか!?

ミスリードなのかやはりそうなのかはさておき、日高佐菜が一人で帰ってきた件と関係はあるんでしょうね。

楽しいけど重い。硬軟あって魅力的ですよ「Myself;Yourself」

帰り道、前を歩く後ろを歩く佐菜麻緒衣。後ろを歩く菜々香
一歩も二歩も、また下がっていく菜々香を見ると寂しさを感じるのですが……

ここで本作品中最も分かっている、お約束だろうとなんだろうと外さない織部麻緒衣様によるルート復活、フラグを生み出す母性ちゅうか女神様トーク炸裂。あの火を起こすお話の続きがクッキーイベントに繋がっているとは上手いなぁ。

あそこでクッキーを持ってきてたと何とか切り出せた菜々香にほっとしつつ、更にお茶に誘う麻緒衣ちゃんに感謝!

本当に美味しかったのは麻緒衣ちゃんの食べっぷりで明らかでしたけど、そこから今度は佐菜から菜々香へのプレゼント。ええぞぉこの流れ。ここで麻緒衣ちゃんが私もとか言うけど、これにより一つしかない事がさらに強調され、これだけは間違いなく絆を深めることへのしっかりとした布石として素晴らしく生きてきてます。

あの数々のフラグ潰しもここで得ることのカタルシスへの道筋であったことが分かって俺安心、もう帰宅後に一人で嬉しそうに石を愛でている菜々香に胸キュンですよ。

道が消えかけても復活させる麻緒衣ちゃんの能力に感謝感激しつつ、主人公とメインヒロインの物語への期待も更に膨らむ素晴らしい第3話でございました!!
Myself ; Yourself Vol.1Myself ; Yourself Vol.1
Qzo


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Myself;Yourself(初回限定版:「プレミアムサウンドトラックCD」&「成瀬ちさと画絵本」同梱)Myself;Yourself(初回限定版:「プレミアムサウンドトラックCD」&「成瀬ちさと画絵本」同梱)

by G-Tools
Myself;Yourself(通常版)
B000UYSFHG
Myself;Yourself|マイセルフ;ユアセルフ(アニメ公式)
■Myself;Yourself■(ゲーム公式)#マイセルフユアセルフ_01 #マイセルフユアセルフ_02 #マイセルフユアセルフ_03
posted by みやびあきら at 12:30 | TrackBack(1) | アニメ・ゲーム・コミック感想&NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:Myself Yourself/第3話 「クッキーと小石」
Excerpt: 品質評価 22 / 萌え評価 50 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 61 / お色気評価 74 / 総合評価 40<br>レビュー数 131 件 <br> <br> ぎくしゃくしている佐菜と菜々香の..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-10-23 19:19