2004年09月24日

DearS 第11話「経験……してみる?」

 本編を見る直前に妹さまと過去の話を何話か見返す。理由は最近TVアニメ「テニスの王子様」の作画低調なことを妹さまが嘆いていたからである。「何を言うかよ、DearSを見なさい今期一番大変なことになってるアニメだぞ」と。

 あの回も、アノ回も。そう例の登校時の悪夢も見せてしまった。
 妹さま曰く「…これって萌えアニメだよね……」 あ、オウサー! その通りですよ。

 その後でそのまま11話を一緒に見る。これも実は相当低調なのだが、何だかこれでも良く見えてしまう。
 妹さまも「これって(作画が)良いよね!?」と麻痺なされる。
 私も妹さまがしきりに気にした回は見ましたが、こっちに比べれば何の事はないのだよ。
 あれから妹さまがテニプリの作画が酷いとかは口に出さなくなった。
 不満はあるが、あまりなDearSの惨状を目の当たりにしてしまえば……

 だけれどもそれでどうするよ、メディアワークス! お話の方も野仲宏史を掘り下げて… 中の人が諏訪部順一さんなんだよね。こういう役上手いよね。跡部景吾氷帝テニス部部長が大人気だけれども、男性視聴者にどう届いたのでしょうか?

 伏線の回収がされ始めているのは伝わってきます。でも、どう残り1話で武哉レンの関係にそれなりの答えを出すのでしょうか?
 (ミゥは可哀想な役回りだよな…)

 次回が最終回ですが、やはりザキさまに期待するしかございません。え?中の人が平田広明さんだから期待するのって??
 いえ、それもあるようなないような。ここまで見続けた自分に底力をスタッフにの方々には見せて貰いたいという心積もりです。
 

DearS WEB  #DearS_11
posted by みやびあきら at 18:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送終了アニメ感想〜2004秋頃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック