2004年09月29日

今夜のアニメあれこれ。

 「お伽草子」が終わりましたね。ええ、終わりました。けれど画面には平安編が終わったみたいに出ました。
 知ってましてけど次回から現代編ですか、こんな事なら「東京魔人學園」をアニメ化した方がなんぼか楽しかったでしょうし、魔人の方がちゃんと2クールばっちり楽しめますよ。こっちはもう驚きも何も無いし、魍魎戦記MADARAの転生編か何かが始まるの? としか思えないですよ……(見たいなぁ〜〜、MADARAも)

 ああ、ネタ的にも思いっきり魔人と被るし。魔人の第○話 ○○前編が終わって後編に続く時の興奮と衝撃に比べれば脚本も演出もフェストゥムみたいなものだし(よく分からん例えだ)

 これで、江戸五色不動を周っちゃったりしたら笑っちゃいますよ、俺。
 「目白」「目赤」「目黒」「目青」「目黄」の不動尊が東京を霊的に守護している五行の結界話だったらどうする?
 過去の相克に対して、現代の相生で挑んだら?
 そう言えばアニメでは「天地無用!in LOVE」でも取り上げられてましたね。他にもあるあるです。目黄不動だけ何故か複数あるのですけど、それぞれがちゃんと「木・火・土・金・水」の勾玉のように置き換えられるでしょうから、東京を舞台にすれば取り上げられても何らおかしくはないです。

 さて、今回でネタバレで知ってしまった展開が明らかになったので感想を再開する予定です。本来なら今回の話は物凄く盛り上がる回であったはず。けれども今後の超展開を知らなくともオカシイと感じるところが目立ってしまいどうにもこれが厳しい。
 良かったのは貞光がちゃんと頼光の正体が光と気付いていたところでしょうね、そこはちゃんと褒めさせて頂きます。
 妹さまも見てたんだけど色々突っ込まれて返答に苦しんだ。どうにもつまらない脚本と演出ですが、見ている方も時間の無駄使いとならないようにスタッフには頑なに張らないでいいので、とにかく何とかして下さい御願いします。

 「RAGNAROK THE ANIMATION」 はあんなものでしょう、もう。コメントはありません。

 「Wind」はとにかくゲームが遊びたくなりました。どうしましょうか!? 妹さまに録画した回を全て見せてまこっちゃんみなもちゃんに対する行いを見せた上でゲームを買っても怪しまれない環境作りを始めようと思います。
 アニメの感想は纏めて上げたいと考えていますが、時間的に厳しいかなぁ…

 「MONSTER」は最初は違和感を感じた今日の話も、次第に…
 これは来週が待ち遠しいですねぇ、面白いので妹さまと今回の考察と次回の予想を(この話は読んだ事が無いですね、とびとびでしか読んで無いので原作は)

 P.S.
 兄「何か、無茶苦茶みなもちゃんに問い詰められたいんだけど」妹さま「…馬鹿?」兄「だぁ〜〜、問い詰められてぇ〜〜〜〜!!」
posted by みやびあきら at 05:03| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(2) | 放送終了アニメ感想〜2005春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
予告編見て,ちょっと不安になりました(^^;)…。
まさかただの青春群像劇じゃないよね?…と…。
Posted by taro-r at 2004年09月29日 08:49
>東京を霊的に守護している五行の結界話だったらどうする?
>他にもあるあるです。

 私はこれで「帝都物語」を思い出した。嶋田久作の怪演で有名になった、あれです。
原作が「The薀蓄:荒俣宏」なので、原作にはちゃんと五色不動とか、陰陽五行説が入っていたが、映画化された映像からは説明部分がほぼ抜け落ち、特撮怪奇映画となって「大成功」しました。
 「お伽草子後編」も、加藤保憲並の新キャラ投入とか、やり方によっては?という期待をつないでます。

 なお御存知かと思いますが、WindはPC版(アダルト)ゲームが、この秋中に再販予定になっております。
http://www.minori.ph/
(↑ 注:18禁サイト)

 Windは環境的に観れない、お伽草子は13話を観る以前の状態でコメント、失礼しました。
Posted by 読一 at 2004年09月29日 12:50
>taro-rさん。
不安ですよね、いきなり珍走団が旗おっ立てて「土蜘蛛」ですし。
海賊がサーファーとかだったらどうしよう!? と不安にもなります。

>読一さん。
帝都物語は映画館に足を運びました。原作も簡単に流し読み程度は。
アニメ版も見ましたが、学天即でしたか?ロボットくらいは出るかも?
いや出たら泣きますけどね、悲しみの涙を流しながら。

そう言えば「修羅の刻」で嶋田久作さんが伊東甲子太郎役で出ていたんですけど。
どうせネタアニメならば、久作さんを空手家とかで良いですから出して欲しいですね。
あ、Windの再販は知らなかったです。情報有り難うございました。
Posted by みやびあきら at 2004年09月29日 17:55
 帝都物語、映画館へ行ったのですか。私はレンタル・ビデオでしたので、偉そうな事は云えません。
 荒俣宏氏は、帝都映画化の少し前頃は、薀蓄語りの憧れの対象でしたので、私も信者でありました。
小説版もかつて読んだはずですが、いまや「忘却の小説」。
「アニメ版 帝都物語」の方は、噂に聞いたのみで観ていません。

 嶋田久作氏は、一時フジTVの火曜時代劇に良く出演してたのを観ましたが、その後あまり見かけないな(自分がドラマ等をあまり見ないせいでもあるが)と思ったら、「修羅の刻」に。
 そうですね、「お伽草子」にも是非出ていただきたいですね。出来れば、やはり「怪人」な役で。
Posted by 読一 at 2004年09月29日 22:27
ありゃまたこりゃまた先生のおかげで博物学、博物館学なんて事を知ったようなものですし。
その知識の泉は憧れの泉ですねぇ。

ちなみに空手家と書いたのは夢枕獏先生原作のNHKドラマ「ビジネスマン空手道」に嶋田久作さんが出ていたからだったりします。
取り合えず、舞台が練馬の道場と都内だったのと。
陰陽師といったら空気枕ぶく先生だろうとマニアック過ぎるので記事にしなかった事を勿体無いのでコメントにしてみました。
Posted by みやびあきら at 2004年09月30日 03:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

お伽草子 第13話「光」
Excerpt: なるほど、そうきましたか(笑)。 全く予想できませんでした。まずはじめに、今後この作品をご覧になる機会のある方もいらっしゃるかもしれませんので、お伽草子本編をご覧になった方だけにおわかり頂ける..
Weblog: SIDE 6
Tracked: 2004-10-03 16:30

お伽草子
Excerpt: アニマックスの再放送を観てるので、少し出遅れてます。13話まであと1か月半は先になりそう。早く追い付きたいよー。
Weblog: Cosi Cosi
Tracked: 2004-10-05 16:17