2005年09月27日

『創聖のアクエリオン』の最終考察をする前に「不動GEN」の考察?

 ←ゲンだからフドウゲン司令だからな音声記事。

 不動GEN 不動司令 GEN ……

 最後まで謎だらけの人に見えて、色々とヒントもあったし妄想で推測も出来よう。うむ素敵なキャラだった。

>年齢不詳。
 >特殊機関"地球再生機構ディーバ"(DEAVA)、AQ運用部隊の司令官・兼 エレメントスクールの教官。
 >経歴、出身等一切不明、神速の魔術師といわれている。
 >元アクエリオン発掘調査団メンバーであり、行方不明となっていたが、ディーバの司令として赴任。

 となってますが、ソフィアの言葉からすると創聖の書からその名を消された第3のエレメントの可能性が出てきた。
 すると1万と2千年前に「アポロニアス」「セリアン」「GEN」 て感じか?
 実際どのベクターに主に搭乗していたかは別にして、セリアンは置いていかれた、残されたようではあったので。それもおそらくはお腹の中にアポロニアスの子供を宿していた所為もあるのだろうが、最後まで乗って戦っていたのは誰か? もう一人いる可能性もありますが、約12000年間地中のベクターマシンの中で眠っていたとして。約束の 一万二千年後に目覚めたとして如何にも知らぬ振りをして人類に発掘させたのかもしれないですね。

 GENの右目の傷に関してはグレンの例を参考にするのであれば堕天翅の羽をその体に移植して(又はされて)「神速」の力を手に入れた可能性を考えてみました。すると「ヘルメス」でしょうねぇ。裸足へのこだわりからすれば「ヘルメスのサンダル」なんかを履いた人間だったかも。

 裸足と言えばマンガの「はだしのゲン」人は核の力を手に入れて人類どころか地球そのものを壊滅させるだけの力を手に入れてしまったと。しかし原子力発電だけでなく核物質や放射性物質。まぁ使って生きてます、生きていくしかないところもあるし。もし使用を停止したらどうなるのか? 新たなエネルギーその他が開発発見されても核廃棄物とは付き合っていかねばならない云々。ふーむ河森作品だけにそんな因果な部分も何か示唆していたのかも。

 光の三原色のGENとか、まぁ色々ありますが。まだまだ考えてみるとしますか(ちゅうかずっと考えてる最終回を見てからアンクエリオン全体を)

 P.S.「予言者リーナ」の考察の方が難しい。吸血鬼とか吸精鬼とか吸エレメント鬼とか単純な話じゃないと思います(勝手に)最後アポロの後ろに太陽、シルヴィアの後ろに月があった事からも、彼女もまた何か意味が陰陽以外、右手と左手以外の3つ目の何かなんでしょうね。リーナ・ルーンか…… リーナ ルーン 障害 ルーン文字 プリンセス…………
posted by みやびあきら at 21:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2005秋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
しかし、「裸足」のGENとは!ご指摘あるまで思いもつきませんでした。
確かに河森監督ならこれくらいの離れ業、やりかねませんね。
Posted by 流転 at 2005年09月27日 22:34
どうも流転さん、お久しぶりです。
最後も裸足で足跡を残して何かに登って、その頂で空を見上げてたじゃないですか。
裸足のGEN…… はだしのゲン?

まさに荒廃した世界ですが、ここから復興が始まる。
まさに「世界のはじまりの日」ここから始まるってこともあるのでしょうが「日」は「陽」で太陽も意味している!?
深読みすれば人類が地上で太陽を作った核融合とか云々。
まぁそれでもどっこい生きて行くってことなのかなぁ? かも??
Posted by みやびあきら at 2005年09月27日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

創聖のアクエリオン
Excerpt: 最終話 世界のはじまりの日 最後なので、簡単に。 まるでパズルのようなお話でした
Weblog: 好きなものを好きと言える幸福
Tracked: 2005-09-29 14:41