2004年10月10日

「ジパング」のフォロー&個人的希望。

 読一のオタク生活25年+さんのところの「ジパング」記事が非常に私的に共感出来る無いようでしたので、簡単にこの記事で紹介がてらリンクを張って見ます。

 ジパングhttp://navy.ap.teacup.com/applet/yomi1/msgcate14/archive

 特に一般的に難解と思われる軍事用語解説は私も簡単にはわかる物の、アニメファン向けに書いてあるものを読むのと読まないのでは大分違うと。お時間ありましたらどうぞ♪

 ところで、声優の山田美穂さん好きを自認する者としては海上自衛隊を扱い、更に協力を得ているアニメーションならば山田美穂さんをキャスティングしないでどうするよ!!と言いたいです。
 だって女性声優さん数いる中で、実際に横須賀あたりに寄港している各種軍事艦船の見学を何度もしている人なんて居るもんじゃないですよ。
 身近な人がいっぱいそうなので、当たり前なのでしょうけど女性キャラが出るアニメじゃないけど少年役でも良いので是非是非! 詳しい事は書かないけど当然それを希望します。

 トラックバック概要:軍事用語の知識が少しでもあれば自然に何が行われているか理解出来ましょうが。分からないと何が何だか… 敷居が高いのは確かでしょうね。
#ジパング_01b
posted by みやびあきら at 04:46| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 放送終了アニメ感想〜2005春 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 どうも、毎度お世話になってます。
 用語解説の方は、元プロ(海自隊員)の知人から、既に突っ込みが来てたりしますが・・。非常に拙い説明ですが、観る人の助けになれば良いのですがね。

 正直アニメは、凄く「頑張ってるな」という印象。作画も緻密に描いているし、科白からもシナリオさん良く勉強して、リアルさを出そうとしてるなと。さらに、原作コミックスにある「部下に暴力ふるう幹部のシーン」とかも、あっさり切捨てて、確かに現在の自衛隊では考え難いシーンなんですよね。

 第1話から受ける印象として。未だ原作が連載中な事もあり、アニメはアイデアやキャラは原作と共通しながらも、オリジナルな展開も期待できそう。ある意味、そっちの方が原作の枠を超え、良い展開がありそうな気がします。
 最終的には、原作に遠慮せざるを得ないので、独自の終わらせ方は出来ないだろうな?(けっこう中途半端に終わりそうかな?)と不安はあるのですが。それまで戦史とか、兵器とか、旧海軍軍人とか楽しませて貰うつもりです。旧海軍では一番、井上成美提督が好きな読一ですが。

>女性キャラが出るアニメじゃないけど
 自分も原作コミックスは第1巻しか買ってないですが。みらい乗艦の看護士が、たぶん女性幹部だと?見かけ、ほとんど男に見えるんですが。
Posted by 読一 at 2004年10月10日 13:25
あ、そう言えばあれは確かに女性でしたね。
あまりに四角いんで忘れてました(他も四角いよ)潜水艦勤務以外であれば、乗っていてもおかしくないですから。

部下をしばくなんて陸自のレンジャーとかなら分かりますけどね。
現在の連載はどうなってしまっているのか気になりますが。
今はアニメの進捗状況を気にしつつ、本放送を待ちます。
Posted by みやびあきら at 2004年10月10日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ジパング 第1回 半可通な軍事用語解説
Excerpt:  Bパート冒頭。「教練対空戦闘」に出てくる軍事用語は、原作でもほとんどフォローされてませんので、私の解る範囲で解説を。 このシーンは、実際の自衛艦での訓練を取材して書かれていると想像します。マンガの方..
Weblog: 読一のオタク生活25年+
Tracked: 2004-10-10 13:59